apt-X LL 対応で低遅延&コスパ最強!ELECOM Bluetoothワイヤレスイヤホン LBT-RH1000 レビュー


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


Elecom Bluetoothワイヤレスイヤホン LBT-RH1000
ゲームや動画視聴におすすめの低遅延 apt-X LLコーデック対応の Elecom Bluetoothワイヤレスイヤホン LBT-RH1000XRD を買いました。噂どおり遅延がなくゲームが快適です。

いっぽうでこれが普通の環境だよなーと思いつつ、他のワイヤレスイヤホンと比較してみると、音ズレの違いが歴然。ゲームや動画の音ズレに悩んでいる人は必聴です。

本記事の執筆は、スマホ歴11年目のカグア!(@kagua_biz)によるものです。なお、情報は2020年2月7日時点でのものです。ご注意ください。

LBT-RH1000XRDとは

低遅延コーデック apt-X LL(アプトエックス・ローレイテンシー)に対応したBluetoothワイヤレスイヤホンです。
apt-X LL 対応で低遅延&コスパ最強!ELECOM Bluetoothワイヤレスイヤホン LBT-RH1000XRD レビュー

約4000円で購入でき、国内メーカー製でコスパのよいワイヤレスイヤホンです。

エレコム Bluetooth ブルートゥース イヤホン ワイヤレス 10.0mmドライバー [BASSブースト機能、シェアリング機能、自撮り機能、多彩な機能をワイヤレスで楽しめる] マイク付き Musicians Reference RH1000シリーズ レッド LBT-RH1000XRD

エレコム Bluetooth ブルートゥース イヤホン ワイヤレス 10.0mmドライバー [BASSブースト機能、シェアリング機能、自撮り機能、多彩な機能をワイヤレスで楽しめる] マイク付き Musicians Reference RH1000シリーズ レッド LBT-RH1000XRD
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

  • カラーはブラック、ホワイト、ミックス、レッド
  • atpX LL対応で国内メーカーで最安コスパ重視イヤホン
  • それでも音質は10mmドライバーのくっきりサウンド
  • aptX、aptX LL、AACにも対応
  • 価格は税別約4千円

ELECOM LBT-RH1000XRD レビュー

パッケージや同梱品

パッケージはこちら。まあ数千円のイヤホンにありがちな透明パッケージ。高級感はありませんが、いいんですそれで。
apt-X LL 対応で低遅延&コスパ最強!ELECOM Bluetoothワイヤレスイヤホン LBT-RH1000 レビュー

表にはapt-X しか書かれていませんでしたが、パッケージの裏にはちゃんと apt-X LL対応と書かれています。
apt-X LL 対応で低遅延&コスパ最強!ELECOM Bluetoothワイヤレスイヤホン LBT-RH1000 レビュー

もちろん、国内メーカー製ですのでちゃんと技適もとおってます。すばらしい。
apt-X LL 対応で低遅延&コスパ最強!ELECOM Bluetoothワイヤレスイヤホン LBT-RH1000 レビュー

パッケージには本体、取説、USB充電ケーブル(Micro-USB)、3サイズのイヤーチップが同梱されています。
apt-X LL 対応で低遅延&コスパ最強!ELECOM Bluetoothワイヤレスイヤホン LBT-RH1000 レビュー

装着や手に持った感じ

LBT-RH1000を装着した感じです。14gの軽さと小ささはこんな感じ。まったく目立ちませんね。大きく歩いてみても、グラグラはしません。
apt-X LL 対応で低遅延&コスパ最強!ELECOM Bluetoothワイヤレスイヤホン LBT-RH1000 レビュー

手に持った感じはこんな感じ。軽さ14gはだてじゃないです。ほんと軽い。小さいのでささっとカバンのなかにしまえます。
apt-X LL 対応で低遅延&コスパ最強!ELECOM Bluetoothワイヤレスイヤホン LBT-RH1000 レビュー

バッテリーとおぼしきボックスが操作部分と左右対称な場所についているため、バランスがよいです。
ELECOM Bluetoothワイヤレスイヤホン LBT-RH1000 レビュー

イヤホン部分と操作部分

おっと・・・ぶれてしまいましたが、イヤホンは10mドライバーという大きさながら、とてもコンパクト。この小さな孔の奥に1cmほどのスピーカーがあるとはとても思えないほどの上手いパッケージ。
apt-X LL 対応で低遅延&コスパ最強!ELECOM Bluetoothワイヤレスイヤホン LBT-RH1000 レビュー

メインの音孔とほかに、2箇所に穴が空いています。音ヌケがよくなるのか、よくわかりませんが、防水にしなかった理由はこのあたりにありそうですね。
apt-X LL 対応で低遅延&コスパ最強!ELECOM Bluetoothワイヤレスイヤホン LBT-RH1000 レビュー

操作部分はこんな感じ。再生パネルとLED、充電のためのMicro-USBがあります。キャップがあるので安心です。
apt-X LL 対応で低遅延&コスパ最強!ELECOM Bluetoothワイヤレスイヤホン LBT-RH1000 レビュー

電源オンや、Bluetooth接続、接続状態などを示すLED。apt-X で接続されているかどうかもわかります。
apt-X LL 対応で低遅延&コスパ最強!ELECOM Bluetoothワイヤレスイヤホン LBT-RH1000 レビュー

気になる点

以下の点で気になる方は、apt-X LL対応の上位機種や他メーカーのワイヤレスイヤホンがおすすめです。ただ、わたしはこれで十分かなと思っています。

  • 高級感はあまりない、ケーブルのよれなども残りがち(値段相応なので問題なし)
  • 音質はこの価格帯としてはそつないレベル(むしろ意外とよい、低音が欲しい人は低音ブーストを使うとよい)
  • AC充電アダプタが付属しない(USB電源アダプタを用意すればよい)

また、apt-X LL全般に言えるのですが、バッテリーの持ち満充電で約3~4時間といったところ。まあ、通常のAACコーデックのワイヤレスイヤホンよりは、持続時間は短めです。そこは、遅延レスとひきかえなので、仕方ないでしょう。

あと、バッテリー交換はできませんが、それはAppleのAirPodsでも同様です(アップルはアップルケアがありますが)。ただ、そう考えますと、少しでも安いほうが良いと考えます。

ただなにより本機は、日本製でマニュアルも日本語で電話サポートもあり、安心できるのが一番ですね。
apt-X LL 対応で低遅延&コスパ最強!ELECOM Bluetoothワイヤレスイヤホン LBT-RH1000 レビュー

それでは、音ズレの遅延の検証をしていきましょう。

ゲームで遅延をチェック

音ズレ確認の環境

音ズレを確認するために以下の環境を準備しました。遅延をなくすためには、発信元もapt-X LLに対応している必要があるためです。残念ながら現状では、apt-X LLに対応した、スマホやゲーム機はありませんので、USBのapt-X LL対応サウンドデバイスを使いました。
遅延チェックの環境 apt-X LL

比較用にAACコーデックのみのワイヤレスイヤホンを準備しました。また、スマホのBluetoothはオフにし、USBからのBluetoothに限定させました。

なお、わたしはリズムゲームが得意なわけではありません。そのあたりは差し引いてお読み下さい。

デレステで遅延チェック

iPadでデレステをダウンロードして、ELECOM Bluetoothワイヤレスイヤホン LBT-RH1000で遅延チェックしてみました。パッドを叩く音と映像とイヤホンからの音が、ちゃんと合っています。※ハイレベルなステージは未プレイです。
wireless-earphone-ipad

いっぽう、AACコーデックのみのワイヤレスイヤホンでは、ダダダッとタップすると、ダダ・・ダッと詰まった感じで遅れることがありました。遅延怖い。

YouTubeで遅延チェック

ドラム映画の「セッション」のドラムシーンを見てみました。ELECOM Bluetoothワイヤレスイヤホン LBT-RH1000ですと、音ズレを感じることはなく有線イヤホンで聴いているかのようでした。
wireless-earphone-iphone

AACコーデックのみのワイヤレスイヤホンでは、若干ずれるかなという感じでした。ただ、言われないとわからない、というほどではなく、見ながらも何か違和感は感じるという感じ。音と動きが早いものでなければ、問題ないのかもしれません。

フォートナイトと任天堂スイッチで遅延チェック

フォートナイトでバトロワをプレイしてみました。銃撃とジャンプの音を確認しましたが、まったく問題なくプレイできました。これが当たり前なのですけども、ワイヤレスという快適さに嬉しくなります。
遅延チェックの環境 apt-X LL フォートナイト

そして、AACコーデックのみのワイヤレスイヤホンでは完全に遅延しています。素人の私でもわかりました。

apt-X LLコーデックの凄さを、どの検証も体感することができました。ゲーミングワイヤレスイヤホンを買うなら、もうapt-X LLしかないと思いました。

apt-X LLトランスミッター

本レビューで使いましたapt-X LL対応のBluetooth送信機(トランスミッター)は、あまりの人気のため現在品薄です。Amazonでは高額転売されています(しかも中古)ので、買わないことをおすすめします。

2020年2月中旬に、ラディウスという有名メーカーから同等品が発売されますので、こちらを買われることをおすすめします。USB TYPE-Cか、通常のUSBと、2タイプ発売されますので、好みの方を買われると良いと思います。

ゲーミングワイヤレスイヤホン
楽天で詳しく見る

>>Bluetoothオーディオトランスミッター USB Type-C ドングル | radius|ラディウス株式会社 オーディオ・デジタル音響機器・Lightning製品メーカーradius|ラディウス株式会社 オーディオ・デジタル音響機器・Lightning製品メーカー
サイトで詳しく見る

いずれにせよ、ELECOM Bluetoothワイヤレスイヤホン LBT-RH1000とapt-X LL トランスミッターの組み合わせは、ワイヤレスゲーミング環境としては、最適だと思いました。

サンワダイレクト Bluetooth トランスミッター aptx-LL 高音質 低遅延 テレビ向け USB常時給電 3.5mm接続 400-BTAD005 | サンワダイレクト | オーディオトランスミッタ

サンワダイレクト Bluetooth トランスミッター aptx-LL 高音質 低遅延 テレビ向け USB常時給電 3.5mm接続 400-BTAD005
Amazonで詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

ちなみに、既存のテレビに給電可能なUSB端子があれば、こうしたトランスミッターで手軽にapt-X LL送信できます。

関連情報リンク

apt-X LL対応ヘッドホンやイヤホンもほんと増えてきましたね。嬉しい。

>>apt X LL+AAC対応でさらに魅力的に。ゼンハイザーのノイキャンワイヤレスヘッドホンが物欲モンスター | ギズモード・ジャパン
サイトで詳しく見る

>>Amazonで50%OFF以上のタイムセール
セール特設ページを見る

>>楽天トラベル国内ツアーのバーゲン情報はこちら
楽天で詳しく見る

まとめ

  • apt-X LL対応で、遅延のないワイヤレス環境は最高
  • ゲームや動画視聴も問題なし
  • チープな外観にたがわず、音質はそこそこ良い

音質が意外にもよかったのが、うれしい誤算でした。とにかく、apt-X LLの音ズレのなさを体験してしまうと、ワイヤレスゲーミングイヤホンの環境からは、もう離れられないなと思いました。

そしてなんと、SONYからapt-X LL対応のシーリングライトスピーカーもあるのですね。。。すげえ。

>>Amazon.co.jp: 【Amazon.co.jp 限定】SONY AptX LL対応Bluetoothスピーカー搭載・無線LAN MFL-1000A【Alexa/Googleホーム対応マルチファンクションLEDライト】
サイトで詳しく見る

apt-X LLおすすめです。

・・・と、こんな感じの父親目線で、SNS、ドライブ、ゲーム、生活防衛ネタが多めでブログ記事を2009年から書いています。よろしければLINE@をフォローしていただけると更新情報を受け取れますのでおすすめです。記事を気に入ったというかたはぜひ。

LINE@で無料の更新情報を受け取る

「遅延なし」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
ブロガー兼ユーチューバー兼Googleマップトラベラー。個人事業主でネット業界のお仕事24年目です。50代で2児の父。「マツコの知らない世界」「王様のブランチ」などGoogleマップ案内人としてテレビ出演多数。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

PAGE TOP ↑