Twitterアナリティクスの使い方と集客アップへの活用

公開日: : アクセスアップ


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


Twitterアナリティクスを使ったアクセスアップテクニック

Twitterアナリティクス、便利ですよね。

Twitterアナリティクスの使い方

かつてTwitterアナリティクスはそれなりに設定をした人でないと、見られませんでした。しかし、先日開放されとくに設定なしで見られるようになりました。以下のxxxの部分に、自分のTwitterアカウント名をいれれば、ツイッターアナリティクスが見られます。

https://analytics.twitter.com/user/xxx/tweets

使い方としてはとても簡単。こちらにアクセスしますと、以下のことがわかります。

ツイート傾向:グラフは投稿のインプレッション(表示数)です。フォロワー全員に見られるわけではないようです。画面右ではエンゲージメント(クリック率やお気に入り率などの交流度)がグラフ化されます。
Twitterアナリティクスの使い方1

フォロワー:フォロワー数の推移がわかります。また、自分のフォロワー属性がわかり、以下では男性が9割以上であることがわかります。
Twitterアナリティクスの使い方2

アナリティクスでの男女の見極めは、「フォローしているもの」「ツイートの内容」「アカウント名やプロフィール」などから推定

>>うわっ、私のフォロワーの男性率、高すぎ? 「Twitterアナリティクス」はフォロワーの性別をどう判別している? – ITmedia ニュース

Twitterカード:ホームページを持っている人であれば、Twitterカードを呼ばれるコードを埋め込み、それをツイートしたときの反応がビジュアル化されます。私のツイートは過去28日間で拡散効果は114倍、そしてURLは2.48%クリックされたみたいですね。
Twitterアナリティクスの使い方3

Twitterカードの設置方法はこちら。

>>Twitterカード | Twitter Developers

Twitterアナリティクスを使った集客方法とは

ソーシャルが増えている

検索流入が落ちた日も、ソーシャルが下支えするほどに増えました。アクセスアップした結論としましては、Twitterアナリティクスで、過去の人気投稿をふたたび投稿する、というテクニックです。

さて、ただ残念ながら、Twitterアナリティクスのレポート画面上では、ソート(多い順などの並べ替え)ができません。そこで、エクスポート(出力)機能を使います。

1.「データをエクスポート」をクリック。

2.テキストエディタなどでシフトJISの文字コードで別名保存。
Twitterアナリティクスを使った集客テクニック3

3.EXCELで開き、クリックされた順に並べ替えします。
Twitterアナリティクスを使った集客テクニック

4.たくさんクリックされた投稿がわかります。そのうち自サイトへのリンクを含むものを調べ・・・、
Twitterアナリティクスを使った集客テクニック2

それを参考に人気記事をツイートしてました。嫌味になってしまうかなぁとも思いつつ・・・、すると、この反響!「いいね!」もFacebookのエッジランクには、好影響するはず。ありがたいものです。
ツイッターアナリティクス

この記事は公開当初も反響が良かったのですが、今回もとても反応が良いですね。前述のように人気ツイートも、みんながみんな目にしているわけではない、ということが察せられます。

試されたことがない方は、Twitterアナリティクスをホームページの集客に活用してみては、いかがでしょうか。

「28日後にまた見てみよう。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
40代で2児の父。ブロガー兼ユーチューバー。ネット業界24年目。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑