*

【Googleアナリティクス】Twitterで紹介する人気の過去記事を簡単に見つける方法


LINE facebook twitter g+
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

Googleアナリティクスの変化量


「変化量」メニューを使うと、過去の人気記事がわかります。


最近、Twitterで「過去記事」を投稿されてるのって、よく見かけますよね。ブログってどうしても流れてしまうので、「再放送」的なそういう一言って助かりますよね。


一方、せっかくツイートするなら、より注目されて有益なものを、と考えた時に、Googleアナリティクスの「変化量」を使うのがオススメです。


Googleアナリティクスの変化量とは

Googleアナリティクスの変化量


[コンテンツ]→[サイトコンテンツ]→[全てのページ]などとした時に、表上に上図のようなメニューがありますよね、これが「変化量」。普段はグレイアウトされていて選べません。


では、どういうときに選べるかといいますと、変化を見たい時です。まんまやーん!って言わないで下さいw。


具体的には、期間比較をします。このように、選べるようになります。時系列で「変化」を調べられるようになって初めて、選べるようになるんですね。
Googleアナリティクスの変化量


ソーシャルで紹介したい過去記事を見つける


前述のように比較したい期間を指定します。例えば、昨日と、去年の8月最終週の月曜にしてみます。季節性や曜日の違いが関係することもあるので、昨年まで遡って同等の日にちにすると良いでしょう。


そして、Googleアナリティクスで、[コンテンツ]→[サイトコンテンツ]→[すべてのページ]を選びます。
Googleアナリティクスの変化量


そして、変化量を選び、ページビューで並べ替えをします。すると、ある程度ページビュー数があり、変化量の多い順に並べ変わるのです。
Googleアナリティクスの変化量


実際のページを確認する小さなアイコンをクリックすると、内容がわかります。例えば、上図でいうと2番めの記事は、実はプレスリリース出来るサイトの一覧です。


まとめとして、とても有用な記事ですが、何らかの理由でアクセスを下げています。こういったアーカイブともなりえるような記事は、内容を確認し再構成すれば、きっとまた喜ばれると思います。


Googleアナリティクスの「変化量」は、変化が大きく、絶対数も大きいものでソートしてくれる、というのがポイントです。
 

「わかり辛くてもURLで調べるのがオススメ。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
フリーのマーケター。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。アクセス解析を中心としたコンサルティングや設定、メディア運営に従事。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人として出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑