*

有名ブログに学ぶアクセスアップ方法

公開日: : 最終更新日:2016/07/28 アクセスアップ


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る


 前述の記事からの、続きです。


 Yahoo!ログールのPVランキングを調べると、そのPVを稼ぐ方法には、
 いくつかのパターンがあるようです。


必勝パターン1:RSS購読数を増やす


 ブログアクセスアップの王道かもしれません。購読者数は見込み客数とも言えますので、
 検索順位に左右されない強さがあります。


 代表的なブログは、言わずと知れた有名ブログ、404 Blog Not Foundさんです。


 前述の記事で紹介したサイトサマリーの「ここから来ました」を見ますと、​r​e​a​d​e​r​.​l​i​v​e​d​o​o​r​.​c​o​m​/​r​e​a​d​e​r​/​w​w​w​.​g​o​o​g​l​e​.​c​o​.​j​p​/​r​e​a​d​e​r​/​v​i​e​w​/​といったRSSリーダー経由が多い。2009年5月24日掲載されていたRSSリーダーと思われる3つを合計しただけでも、2062!!


 実際にはスタンドアローンのRSSリーダーや、ロングテールや大量のリンクなどもあるかと思いますので、1面にすぎないと思いますが、


 有名ブログに学ぶ集客方法 その1 >>>RSS購読を促進せよ!


 考えられる具体的施策例
 ・サイドバーに目立つようRSS購読ボタンを設置
 ・記事の最後にRSSボタンを掲載
 ・RSS購読のメリットを紹介する記事を投稿
 ・更にGoogle Analytics用に、onclickなど計測用のタグを入れ、コンバージョンを取ると尚良い など。


必勝パターン2:1000記事以上のロングテールを目指せ!


 正攻法と言えば正攻法ですが、Yahoo!ログールランキングで見つけたサイトは、数が違います。
 具体的には目安は1000エントリー以上かもしれません。


 代表的なブログは、ほっと屋さんです。


 「ここから来ました」を見ますと、上位5つ全て、そのブログのドメインです。
 どのくらいのページ数がクロールされているのか、site:hotya.netと検索してみます。
 すると、15,800 ページ!!


 あと他に、ランキング上位で、かつ、「ここから来ました」が全て自分のドメイン、というビジネスブログさんを調べてみますと、
 ナインダーツ.jpさん>>1280ページ
 パーティードレスマニアさん>>89,300 ページ!!


 よく、ロングテールとは言われますが、目安としては1000ページ、
 もしくは平日においては1万ページが、安定集客には目安なのかもしれません。


 有名ブログに学ぶ集客方法 その2 >>>まずは1000エントリーを目指そう


 考えられる具体的施策例
 ・とにかくたくさんエントリー
  <<これをいかに効率良く行うか、というビジネスモデルを考えることも同義
 ・CMSやシステムを活用する
 ・以下の記事を参考にどんどんエントリーしよう
 確実なアクセスアップにロングテールの再考|検索エンジン Watch
  「SEO」ガイド: 良質なロングテール・キーワードを探す方法 パート 1 at ブログヘラルド
 スモールキーワード(ロングテール)を馬鹿にしちゃだめ! | SEOもっと!
 スモールキーワードを意識した文章はこう書く – SEO対策の薬箱


必勝パターン3:専門家として、サイト以外でも良い記事を書こう


 これは誤解を恐れず書くならば、ブログ以外でも投稿、活動、支援をしよう、ということです。
 宣伝ではなく本当に良いアドバイスを書く、という視点。良い活動が評価され、リンクを多数獲得するというパターン。


 代表的な有名ブログは、[法律相談] 法、納得!どっとこむさんだと思います。


 「ここから来ました」を見ますと、​d​a​i​l​y​n​e​w​s​.​y​a​h​o​o​.​c​o​.​j​p​といった、著名ニュースサイトがあります。
 そして、そのニュースページを見ますと、Wikiのようなうんちくが​書かれており、そのトピックスで関連情報として記事が紹介されていたり(すごいです)、そのトピックス編集者に上記ブログの管理人さんが活動されておられたり、多くのトラフィックを獲得されています。
 法律にまつわるニュースについて、無くてはならない存在になっているから、と言えるかも。


 トピックスご利用ガイド – エディターになるには


 他には、Wikipediaで紹介されるくらい、もしくはQ&Aサイトで引用されるほどの記事を書くなど。
 勿論、使命感や社会貢献の志が無ければ、そこまでは出来ません。見破られ炎上してしまうことでしょう。
 ただ、善意であったとしても、売名行為ととられないよう、冷静かつ慎重で客観的な言動が大切かと思います。


 有名ブログに学ぶ集客方法 その3 >>>社会貢献せよ、でも冷静・客観は忘れずに


 考えられる具体的施策例<<施策というのも変ですが
 ・宣伝ではなく心からアドバイスする社会貢献活動をする
 ・ニュースサイトでの解説、Q&Aサイトでの回答やアドバイス、その他コミュニティで支援活動をする
 ・ニュースサイトやメディアに取り上げられるくらいの良質な記事を書く
 ・売名行為と捕られないよう、冷静で客観的な発言を心がけましょう。


話題の記事を高品質に早く書く※但しYahoo!に即クロールされるBlogに限る

最後に、特別なケースや特定条件下でのみ有効な場合などを。

こちらの代表的なサイトはSEOコンサルタントとして著名な、松尾茂起さんです。


 SEO関連で既に良質な記事を書かれていて、それらがヒットしているということは言うまでもありませんが、
 2009年5月24日のYahoo!ログールで見てみますと、「検索キーワードランキング」では、「マ​ス​ク​ ​在​庫​あ​り​」「」というキーワードが並んでいます。


 5月21日を見ますと、ユニークユーザー数で6101をたたき出しており、氏のブログがロボットにすぐにクロールされ上位表示されうる良質なサイトだからこそ出来るテクニックと言えます。より多くの人が渇望しそうな情報を、誰よりも早くエントリーしクロールを待つ。「ここから来ました」でも、Yahoo!検索が多数を占めています。

過去にも氏は、「映画 ドラゴンボール」のレビューを書いてサイトの売り上げ3倍という記事で、その即時的かつ良質な記事がアクセスアップにつながることを書いています。それは投稿者も訪問者もお互いWINWINで、良い記事だからこそ来てくれる、そこは絶対に外してはいけないと思います。


 したがって、誰にでも真似できるテクニックではありませんが、
 ・クロール頻度が早くなるサイトを目指す
 ・最新の情報、もしくはそれにまつわる最新の記事を、高精度かつ高速に投稿する
 ・どういう情報が渇望され、かつ(競合出現数予測も含め)上位に来やすいか目利きできるよう感性を磨く
 という本質は参考にしたいものです。


多くの有名ブログから学ばせていただきました


 Yahoo!ログールのランキングでは、2ちゃんねる系やエンタメ系がほとんどだったり、
 トラフィックエクスチェンジによる高PV数を獲得しているサイトがあったり、と
 ビジネスにおいては、参考にしづらい手法もありますが、
 紹介させていただきました事例は、もちろん前述以外のご努力があり、紹介した点はそのごく一部だと
 なのですが、Yahoo!ログールを使ってわかるという切り口で取り上げさせていただき、そして、私個人としては、とても参考になりました。


 話題のGoogle Ad Planner などでも、何かヒントがあるかもしれません。
 そして、それら施策を打った後は、Google Analytics でしっかりと検証を。


 今回の記事を書くにあたり、参考にさせていただきましたブログ、管理人様方、本当に勉強になりました。心よりお礼申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。


◆正確な滞在時間を計るため、
宜しければこちらをクリックして下さい。→→→読んだよ!


 【サイト内関連記事】
 GAだけではわからないアクセスアップ方法を簡単に探す方法
 Google Analytics は4つのチームで共有しよう
 グーグルアナリティクス セミナー報告 池袋
 サイトでは週末に何をするべきか

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑