*

WPユーザーなら知っておきたいGoogle Analytics Tips

公開日: : 最終更新日:2012/02/27 トラッキング


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天



アマゾン春のタイムセール祭り 4/23 23:59まで
セールを詳しく見る

家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る


 Google Analytics 関連プラグインや、PHPを使ったテクニックなど、Wordpressを使っている方なら
 オススメしたいテクニックがたくさんあります。

 

最強!Ultimate Google Analytics プラグイン


 WordPressのプラグインに入れておけば、アカウント情報を設定しておけば自動でコード挿入
 また、自アクセスを排除する為に、ログイン時トラッキングコードは書き出さない設定も。
 そして、外部リンクやダウンロードも計測可能という最強っぷり。アルティメットは伊達じゃありません。


 紹介記事
 WordPress の Ultimate Google Analytics プラグイン 《 futuremix


 ダウンロードサイト
 OraTransplant ≫ Ultimate Google Analytics plugin for WordPress


 しかし、公式サイトによりますと、onclick()の前にトラッキングコードを入れないといけない
 ようなのですが、このプラグインは、フッター部分に挿入されるのですが大丈夫でしょうか。


 ・・・と、調べていたら、大丈夫な報告もありました。ほっ。
  (トラッキングコードの読込が早く終われば大丈夫なよう)


 トラッキングコードをページ上部に設定するべきですか? それとも下の方がよいのでしょうか? ≪ アクセス解析Q&Aフォーラム

 

Google Analytics データを、ブログ、管理画面に表示したい!


 紹介記事:
 WP GoogleAnalytics Reports でWordPressダッシュボードにアナリティクスを – かちびと.net
 WordPress ? WordPress Plugins
 (他のアクセス解析関連プラグインを紹介)
 アイビースター | [WP プラグイン] G Analyticsを1.2.0にバージョンアップ
 (日本のベンダーからもリリース)


 ダウンロード:
 WordPress Google Analytics Dashboard Reports Plugin | Imthiaz Blog


 プラグインフォルダにアップロードして、アカウント情報を設定すれば、
 すぐに、ダッシュボードにAnalytics Reportsメニューが登場する簡単仕様。
 わざわざGoogle Analytics 画面にログインしなくとも見られますので、便利です。
 

 また、こちらはGoogle Analytics のAPIを使い、ブログにデータを表示できるプラグイン。


 Spiral Web Consulting Plugins – Google Analyticator


 こちらのプラグインは、簡単に訪問者数をブログに表示
 見た目もカスタマイズ可能だったり、アカウント情報がWordPressのDB保存だったりと便利そうです。

 

PHPで環境変数を取得!ユーザー定義で詳細分析を


 グーグルアナリティクスでは、ユーザー定義という便利な項目があり、
 これは利用者が自由に使っていい変数のようなものです。


 そこで、PHPを使って環境変数を格納し、解析に役立てるというテクニックです。
 例えば、環境変数でホスト名やIPアドレスがわかれば、「このキーワードで来た企業は××だな!」
 などと分析が可能です。


 例えば、当ブログでは、sidebar.phpに以下のように記述しています。

<script language=”javascript”>pageTracker._setVar(‘<?php echo gethostbyaddr($_SERVER["REMOTE_ADDR"]); ?>’);</script>
 ※<>は全角で表記してます。
 ※トラッキングコードがサイドバーよりも先に読み込まれるよう配置


 PHPで扱える環境変数でしたら記録が可能ですから、運営状況に合わせて要検討。
 取得後は、グーグルアナリティクスで、ユーザー>ユーザー定義でどうぞ。


 Perl・PHP・JavaでHTTP環境変数を取得する方法

 

Yahoo!対策なら、URIはデフォルトが最強か?!


 「WordPress導入後すぐにやること」系のエントリーですと、必ず書かれるURI論。
 しかし、有名ブログでも、WordPressを使用しGoogle Analytics を公開しているところを
 を見ても、軒並みYahoo!は苦戦しています。(Google:Yahoo!で10:1のところも)
 (過去エントリー:検索トラフィックにyahooが少なかったら


 更に、Yahoo!ブログ検索になりますと、かなりの確率でWordPressはヒットしていません。
 いろいろなブログで回避方法もエントリーされていますが、決定打が無い模様。


 それでここ1ヶ月、Yahoo!ブログ検索でヒットするWordPressの特徴をウォッチしてみました。
 すると、大体ヒットしているのは、次の通り。


 ・標準のURI表記
 (SEO的にどうかという指摘もありますが、実は一番最強かもしれません。一番見ます)
 例:http://www.kagua.jp/wordpress/?p=1110


 ・数字で終わるURI
 (単語などを含みにくい連番のURIにはなりますが)
 例:http://www.kagua.biz/archives/1234


 ・iBlogというテンプレート
 (このテーマはヒットしてます。あるブログではhtmlで終わるURIでもHIT。ただ詳細は不明。)
 例:http://www.kagua.biz/archives/123.html
 

 WordPress ? iBlog ≪ Free WordPress Themes


 WordpressでGoogle Analytics を実装し、Yahoo!トラフィック重視の運営をするならば、
 アクセス解析を活用し、試行錯誤が必要になりそうです。


 他にもありましたら、どうぞご指摘よろしくお願いします。
 

WordPress レッスンブック 3.x対応
エビスコム
ソシム
売り上げランキング: 1064
おすすめ度の平均: 5.0

5 WP解体新書。
5 HTMLとCSSの基本知識は必要、でもわかりやすい。


 

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑