*

Singer Song Writer Lite 6.0 の使い方

公開日: : 最終更新日:2015/03/03 ツール


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

シンガーソングライターライト6

アレンジが簡単にできる作曲支援ソフトSinger Song Write Lite 6.0 。そもそも、どう使っていいのかわからない、という方の為に流れをまとめました。

解説、行きまーーす。

1.メロディを作る

1.起動して、ファイル>>新規作成ウィザード
2.とりあえず、曲名や作曲者名、トラック名などわかるところを入れて、とにかく「次へ
3.「EZ入力モード」をクリックし、五線に音符を置いていく。
Singer Song Write Lite 6.0 使い方

2.コードを付ける

コードとはメロディーに合った和音のことです。演奏を組み立てる元になります。

1.「アレンジモード」ボタンをクリック。
Singer Song Write Lite 6.0 使い方

2.「判定」をクリックし、「実行」をクリック。推奨される和音の候補が表示。
Singer Song Write Lite 6.0 使い方

3.表示されたコード名をクリックしコード進行の組み合わせを変え、「視聴」ボタンをクリックすると、実際のコード進行を聴くことが出来ます。
Singer Song Write Lite 6.0 使い方

4.視聴後、問題なければ「入力」ボタンをクリック。コード進行が設定されます。
※譜面上のコード名をクリックし、直接コード名を入れることも出来ます。

3.アレンジを加える

1.同画面で、アレンジをメニューから選び、「視聴」「入力」と選ぶ。
Singer Song Write Lite 6.0 使い方

2.アレンジ展開が入力されます。
さらに、画面左上の「ソング」をクリックし、画面を切り替えますと、入力されたアレンジのトラックが確認できます。
Singer Song Write Lite 6.0 使い方

4.素材を追加し厚みを増す

1.ソング画面中央下に、アレンジ用素材を検索できるエリアがあります。そこで、曲調や楽器、キーワードなどでアレンジ素材を探します。
Singer Song Write Lite 6.0 使い方

2.見つけたアレンジ素材は、WAVEファイルもあれば、MIDIの場合もあります。トラックにドロップする際、それらが使用できるトラックにしかドロップ出来ませんので安心。
※勿論これも画面右に小さく見える「視聴」ボタンで確認できます。

3.WAVEファイルのときは、テンポが同等のものをドロップするようにします。(WAVEファイルは波形ファイルなので、合ってないとテンポがずれることも)
※合っていなければ、五線のほうのテンポを変更することも可能です。
Singer Song Write Lite 6.0 使い方

4.もちろん貼り付けたアレンジをコピー&貼り付けで「繰り返し」にすることも可能。ドラッグで増やすことも出来ます
Singer Song Write Lite 6.0 使い方

5.五線をクリックして、歌詞を書き込むことも可能です。

6.完成したら保存をし、更にファイル>>ミックスダウン、で音声ファイルにして書き出す事も可能。あとは動画に挿入するなど素材としても活用できます。

5.BGM作成モード

BGM作成機能は、パターンやサイズを指定するだけで、BGMが完成するという機能。著作権フリーで使えるそうなので、便利。

1.起動後、新規作成。

2.五線譜モードで、画面中央「BGM作成」をクリック。
Singer Song Write Lite 6.0 使い方

3.ジャンルやコード進行、パターンを選びます。「間奏」などクリックしますと、オンオフを切り替えられます。※この画面ではその実際の音楽は確認できません。あくまでイメージ確認。
Singer Song Write Lite 6.0 使い方

4.「実行」をクリックして完成。あとはミックスダウンなどします。

6.リアルタイム録音の方法

リアルタイム入力をしたり、作ったアレンジに自分の演奏を追加したり、などが可能です。

1.MIDIキーボードの場合は、設定>>MIDIポートの設定、で事前に機器の接続確認をしておきます。

2.録音するときは、ソングモード録音したいトラックの録音ボタン、をオンにし、画面左下の録音ボタンで始めます。
Singer Song Write Lite 6.0 使い方

その際、画面下のミキサー部分でイコライザーを見て、入力出来ているかを確認すると良いでしょう。

メトロノームや音声入力インジケーターなど、画面左下のミキサー部分
いろいろとクリックしてみて下さい。

Singer Song Write Lite 6.0 使い方

たったこれだけで、作曲家気分が味わえるSinger Song Write Lite 6.0。皆さんも、作曲の楽しさを味わってみてはいかがでしょうか。

追記:ネタ元はこちらです。とてもわかりやすかったです。

>>YouTube – Singer Song Writer Lite 6.0 [Vol.1-1]<DTMマガジン>

Singer Song Writer Lite 6.0 for Windows
インターネット (2008-11-05)
売り上げランキング: 1813
おすすめ度の平均: 3.5

4 大変身
4 遊びながら学習
4 鼻歌入力使う場合は注意
2 かんたん作曲に特化した MADE IN JAPAN

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑