*

2015年、今後きそうなモーション検知デバイスまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 テクノロジー


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


だいぶ増えてきたのでまとめました。

2016年くらいに、モーション検知のiMacが出てもおかしくないかも、とか思ったりもするのですが、日本人としては、先にソニーあたりにモーション検知AndroidTVとかを出してほしいなあと思う今日この頃。さて、それらモーション検知系インプットデバイスがだいぶ増えてきたようなので、まとめてみました。ただすでにアップルは特許を取得していますので、他の企業に残された時間はあまりないかもしれません。

>>iPhoneも操作できるアイトラッキング特許、アップルが取得 : ギズモード・ジャパン

量産でどれくらいまでコストを下げられるか、という局面かなあと見ています。

ご参考になれば幸いです。

LEAP MOTION ¥9,072

こちらは、安価にモーション検知できるデバイスとして人気。Windows、Macともに開発環境があり、多くの記事が見つかります。

>>leap
【正規代理店品】 Leap Motion 小型モーションコントローラー 3Dモーション キャプチャー システム: パソコン・周辺機器

米国ですとLEAP MOTION 付きキーボードも売ってます。欲しい。

Myo Arm Band $199

こちらから購入が可能です。
>>Myo – Gesture control armband by Thalmic Labs

腕につけて、筋肉などの動きも検知して、多彩なモーション入力を可能にするデバイス。アームバンドなのに、こまかな指の動きまで検知しているところが驚愕。

入手した人の記事が参考になります。
>>筋電によるジェスチャコントロールが可能なアームバンド Myo が届いたので遊んでみた – 凹みTips

The Eye Tribe Tracker $99

99ドルで視線追尾ができます。USB接続で電源不要。あと何と、視線でのモーション入力もできるっぽい。以下の動画では、視線でゲーム操作してます。すげー。

>>Order The Eye Tribe Tracker SDKThe Eye Tribe

実践記。赤外線Webカメラをつかった実践も参考になります。
>>The Eye Tribe Trackerを使った視線の記録 – ならば

アイトラッキングはB2Bでは好まれますよねえ。どんなシステムを使ってるかは未知ですが、大日本印刷で300万円から、だそう。
>>DNPがアイトラッキング技術とID-POSデータを活用したマーケティングサービスを開始 | Web担当者Forum

Kinect ¥14,980

すでに多くの開発実績のあるマイクロソフトのキネクト。モーションキャプチャなどでも使われるなど、身近になってきてますね。

>>Xbox One Kinect センサー

Ring $269.99

すでに売り切れていて2015年2月16日現在は入手不可能。指のうごきにさまざまなアクションを設定できます。

>>Ring – Shortcut Everything

その他

Motixは$120。
>>指がマウスになる「Motix」使ったら、マウスが恋しくなった… : ギズモード・ジャパン

Tobiiは業務用とで価格は問い合わせ、です。
>>アイトラッキングシステム | トビー・テクノロジー

モーション検知まとめ

個人的には、IntelあたりがLeapMotionを買収して、内蔵を進めてくれないかなあと。ニンテンドーが買ってくれてもいいんですけどね。意表ついてPanasonicとかが買って、テレビとかに内蔵しちゃったら、それはそれで面白い。

ちなみに、私がモーション検知に注目しているのは、それ自体を重視しているというよりは、インプットデバイスの1つとしてです。

情報処理技術は究極的には、インプット・処理・アウトプットの3つで構成されます。それらすべてがイノベーティブなものですと、iPhoneのような世界的なヒットになるわけです。手のひらに、タッチセンサーやGPS、カメラ、といった入力機器を持ち、圧倒的に小型化された処理能力を持ち、高精細なアウトプット画面を持ち、と。

ですから、それらのシードとなるようなテックは、意識的にキャッチアップするようにしています。そういうイノベーティブな風向きの変化はゲーム・チェンジが起きやすいものですし。

というわけで、紹介しましたモーション検知デバイスは、すでにどれも200ドル程度で買える値段です(Ringは$269.99ですが)。

技術としては実用レベルと言えますので、あとはプロダクトとして上記のような製品として組み込まれ、マスを狙えるような商品に昇華されていくのかどうか、という局面だと思います。


LeapMotionプログラミングガイド (I・O BOOKS): 中村 薫: 本

LEAP MOTION はすでに内蔵PCがヒューレッドパッカードから出ています。欲しい。
HP
中古 ノートパソコンHP ENVY17-j100/CT LeapMotion SE GT750M (204709);【Windows8.1 搭載】【Core i7搭載】【メモリー8GB搭載】【HDD1TB搭載】【W-LAN搭載】【中野店発】: パソコン・周辺機器

「ニンテンドー3DSに搭載してほしい。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑