*

【番組作り】UST放送のウラ側

公開日: : 最終更新日:2013/05/19 ソーシャルメディア , ,


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天



30分放送でユニーク視聴者数42。


昨日UST放送をご視聴頂いた皆様、ありがとうございました。月曜日に発表して水曜に放送、という短い告知期間にも関わらず、多くの方にご視聴頂きました。


今回はその番組の裏側をご紹介します。


UST放送の準備物


上記画像にあるように、以下の準備をしました。放送は一人です。


・ノートPC(デュアルセレロン1.6Ghz)
・USBマイク
・モニタ用スマートフォン
・モニタ用イヤホン
・原稿
・水
デスクトップ表示ソフト:ManyCam(フリーソフト)


原稿を書くときのコツ


今回はPowerPointをそのまま原稿にする、高橋メソッドを用いました。原稿を作りつつスライドも作れるので、効率的です。


だいたい、1分1枚です。グラフなど複雑な図版ですと、場合によっては3分くらい。製作時間30分くらい。だいたいプレゼンと同じ時間の作成時間をいつも見込んでいます。時間をかければ作りこみもも出来るのでしょうけど、それ以上にリハーサルを入念にするため、まずは最低限の作りを。


さすがに、放送用の完全原稿までは作りませんでした。


USTの視聴者統計


30分番組になってしまったので、棒グラフは細かくは出ませんでした。

ユニーク視聴者数 42


放送中に画面上に出る数字では、だいたい20ちょっとの視聴者数で安定していました。トータルではこれくらいだったんですね。


UST放送を行うコツ


・場所 一人で放送しない


スタッフはいるにこしたことはないでしょうけども、私の言っているのはそういうことではありません。


今回は、原宿にありますジェイティップスさんのオフィスの一角をお借りして、放送させて頂きました。誰かに見られている、という気持ちがあるだけで、早口になりそうになるところを、抑制できましたし、テンションも上がりました。実は以前、ネット回線付きのカラオケスタジオから配信したことがありました。音響や集中なども考慮して、だったのですが、どうも私には逆効果だったみたいですね。


・開始時間 18時くらいからがいいかもしれない


前述のそのUSTは、時間も遅かったです。そして、視聴者数はこれほどにはなりませんでした。時間帯は遅いほうがゆっくり見られるだろう、と当時は思ったのですが、ビジネス放送であれば、仕事は一段落したがまだ社内にいる、という時間帯がいいのかと思いました。


会場を貸して下さったジェイティップスさん、視聴して下さった皆さん、ありがとうございました!
 

「とくにオリジナルのサービスや商品をお持ちの方は定期的なUST番組は、ホントいいと思います。録画しておけばアーカイブ的にもなりますし。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑