*

売れるLINEスタンプの作り方、SimilarWeb PROを使った5ステップ

公開日: : 最終更新日:2015/07/09 コンテンツ制作


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


LINEスタンプ

こんにちは。イラストを描くのが趣味のカグア!です。

LINEスタンプづくりが話題になりはじめて、もうだいぶたちますよね。新作LINEスタンプの多くは、丸くて白いキャラクターばっかり!・・・どうも競争激化に感じられ不安になっている人も多いのではないでしょうか。

人気スタンプを作るには、もうブランド力や知名度がないとダメなのでしょうか。

待ってください!まだ狙い目はあります!SimilarWeb PROを使いますと、別のアプローチからデザインを考えられ、人気スタンプのランクインを今からでも目指せます。

デザインや商品開発にも役立つSimilarWeb PROのテクニックをご紹介します。SimilarWeb PROは有料ですが、ビジネスとしてLINEスタンプを広めていこうという方々には、役立つ知見がきっと得られるはずです。

ご参考になれば幸いです。

関連記事
>>1万4千個のスタンプを見てまとめた、簡単!LINEスタンプの作り方とリンク54本
>>キャリア17年の私が薦めるビジネスマン向けLINEスタンプまとめ7選
>>競合をSimilarWebやはてブ等7サイトで一括分析するChrome拡張つくった

LINEスタンプの宣伝方法、最後の希望は検索

lineスタンプ
>>LINE – クリエイターズスタンプ

LINEスタンプをつくり、クリエイターズマーケットに登録し、審査が通過しますと買えるようになります。その後、おもには以下のような宣伝や認知活動を地道にして、告知します。2015年7月8日現在、そういった活動なし売れるスタンプづくりというのは難しいという声が散見されます。

>>既に遅い?売れない!LINEクリエイターズスタンプは儲からない?! – NAVER まとめ

・自分で使う
・友達にプレゼントして使ってもらう
・SNSやブログなどで告知する
・著名人に使ってもらう
・TVや新聞などメディアで紹介される
・宣伝する
・検索で見つけてもらう
・スタンプサイトで見つけてもらう

こうなりますと、もうほとんど食品や家電など、一般的な製品と同じかんじですよね。とにかく宣伝しないと売れないというか、告知にコストや手間がかかるというか。また、SNSやブログなどで宣伝はしても、そもそもそれらの告知力やフォロワー数が必要です。しかし、本当に売れないのでしょうか。

そこで低コストの告知といえば、やはり期待は検索で見つけてもらうことかと。

ただ検索も、LINEアプリのクリエイターズマーケットでは、画面をスワイプしないと検索窓が出てきません。しかし、ここにかけるしかないでしょう。最近はタレントさんなど知名度の高い人がどんどん参入し、さらにハードルが上がってきている様相です。

検索で見つけられやすいLINEスタンプが作れれば、スタンプサイトでもアピールがしやすいと考えられます。本記事ではこの検索にヒットさせるLINEスタンプづくりを考えてみます。

SimilarWeb PRO って何?

シミラーウェブプロ

SimilarWeb PROとは、国内ではギャプライズという企業が販売代理をしています、ホームページやアプリなどの調査ツールです。開発はイスラエルの企業が行っていて世界中に利用者がいます。

>><公式>SimilarWebPRO(シミラーウェブ)日本語サイト|競合サイトWebサイト解析ツール

世界中のブラウザやスマホなどに、計測のためのプログラムが普及しています。そこからのデータを集計し、さまざまなサイトのアクセス数や人気ページなどを知ることができます。使い方は簡単で、調べたいホームページのURLを入力すれば多くのアクセスデータを把握できる、というものです。

大手企業やネットショップが競合サイトの調査につかったり、コンサルティング会社や広告代理店が戦略立案などに使ったりしているようです。

なぜ人気LINEスタンプが作れるの?

人気のラインスタンプを作るには

SimilarWeb PROでは、ホームページの人気ページがわかります。トップページ以外にどんなページが人気があるのかわかるのです。

LINEのクリエイターズスタンプのホームページには、ユーザーが欲しいスタンプを検索する欄があります。そして、検索結果のURLには上図のように、そのキーワードが表出する仕組みになっています。

つまり、検索結果ページで人気のページを調べれば、どんなキーワードで検索されているのかがわかります。つまり、どんなスタンプが求められているのかがわかるわけです。

みんなが欲しいと思って検索しているスタンプを作れば、人気が出るのは当たり前、というわけです。

LINEスタンプの登録サイト一覧

スタンパーズ

また、上記の公式クリエイターズスタンプ検索以外でも、スタンプ検索結果URLに、検索キーワードが表出する登録宣伝サイトはこれだけあります。それらの人気キーワードからもある程度ニーズを追うことができるでしょう。

>>Stampers(スタンパーズ)
>>スタリコ
>>STAMPOO
>>StampMarket
>>無料スタンプ情報
>>LINEスタンプまとめ
>>LINEスタンプバンク
>>スタンプ探偵はん子ちゃん
>>PetanCo.
>>lineスタンプ検索.com

もちろん、そもそもこれらの宣伝サイトにつくったLINEスタンプを登録し、告知するというのは言うまでもありません。

現在のクリエイターズスタンプでは、タレントさんや芸能人がスタンプをつくり、登録スタンプも数十万点を越えています。SimilarWeb PROを使わないにせよ、作ったLINEスタンプを広めていくためには、地道な宣伝・営業活動が必要になっているのです。

人気キーワードを調べると何故、売れるスタンプになるの?

cat-648638_1280

ユーザーが調べている検索キーワードを知る、ということが、なぜ売れるスタンプになるのか、を考えてみましょう。

前述のように、スタンプを作ったあとは宣伝をしなくては、なかなか売れるスタンプにはなりません。それには多くの手間と労力がかかります。

しかし、クリエイターズスタンプや多くの人気サイトで、スタンプを探している人の目に付けば、すくない労力で露出の機会が増える、ということです。

そもそも、検索している=探している、という時点で「スタンプが欲しい!」と思っている確率は高いはずです。

友達に使ってもらう、という宣伝方法も、その友達に興味をもってもらわなくてはなりません。探す=欲しい、とは限りませんが、検索で見つけてももらえれば、自作スタンプに触れる動機としてはそれを超えていると言えるでしょう。

つまり、売れるスタンプになる可能性は高いと考えられます。

「わたしは可愛いと思うスタンプはこれよ!」と「XXというスタンプがニーズがあるのか!よしこれだ!」とでは、どちらが売れるのか、と考えれば後者のほうが有利なはずです。

LINEストアの人気検索キーワードを調べる

それでは、さっそくSimilarWeb PROを使って、LINE公式クリエイターズスタンプの人気検索キーワードを調べてみましょう。

1.SimilarWeb PROにアクセスしURLを入力

シミラー

人気ページを調べるには、SimilarWeb PROに利用申し込みをしなくてはなりません。そのうえで、ログインします。LINE公式スタンプのURLを入力します。

2.検索結果ページを調べる

人気ページ

Website Analysis>Website Content>Popular Pages を選びます。そして、検索結果ページに共通して表出するつづり「?q=」で絞り込みます。

すると、LINEスタンプを探そうとしている、検索結果ページがわかります。

3.EXCELでキーワードを抽出する

エクセル

人気検索結果ページがわかりましたら、SimilarWeb PROの画面右にある「ダウンロード」をクリックします。このリストをEXCEL形式のファイルでダウンロードできます。

エクセルで開き、検索キーワードだけを抽出します。URLの列を選択し、データ>区切り文字「=」とすれば、B列に分離されたキーワードが入ります。

4.キーワードをデコードする

デコード

このままでは、URL用に変換された暗号のようなつづりのままです。これをデコードといって、わたしたちがわかる文字コードに戻す必要があります。

>>Web便利ツール/URLエンコード・デコードフォーム – TAG index Webサイト

デコードはこちらのサイトで簡単にできます。デコードしたい文字列を貼り付けて「デコード」ボタンをクリックします。

5.期間やサイトを変えて更に調査する

なかには文字化けして、まったく判読できないものもありますが、ほとんどはこのほうほうで、検索キーワードが知ることができます。

期間を変えてキーワードを探るなど、トレンドを追うのも面白いと思います。LINEクリエイターズスタンプが開始したのは、2014年5月ですので、その当時といまとでは、検索キーワードもかなりかわるはずです。

同様にして、上記の登録・宣伝サイトでも、URLに検索キーワードが表出しますので、それらから人気キーワードを調べ、LINEスタンプづくりのアイデアにすると良いと思います。

どうしても、有名人やデザイナーやキャラクターの名前など、真似できないキーワードやブランドが多いかもしれませんが、ある程度調べていくうちに、人気はあってもあまり充実していないジャンルが見つかるはずです。

まずはそういった、数は少なくともニーズが確実にあって競合が少ないジャンルのスタンプをつくりましょう。売れるスタンプのコツがわかれば、あとは徐々に数を増やしていくことで、合計の売上も増えていくでしょう。

まとめ~サイト内検索データの活用

さまざまなホームページで、サイト内検索の機能は提供されています。その人気の検索結果ページから、どんなキーワードが検索されたかを、SimilarWeb PROというサービスを使いますと、簡単にわかります。

LINEスタンプづくり以外でも、売れてる洋服やお取り寄せ、人気のタレントや声優など、検索キーワードには多くのヒントがあります。

もちろん、それらがわかったといってもデザインが、利用者にひびかなければ本末転倒です。売れるLINEスタンプをつくるとき、デザインプラスアルファで、考えたいときに、SimilarWeb PROを使ってみてはいかがでしょうか。


LINEスタンプ つくり方&売り方手帖 ~LINEクリエイターズマーケットの登録から販売&PRまで (玄光社MOOK): あわゆき, 森嶋良子: 本

「数を打つことも必要。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑