*

Googleアナリティクス活用:SEOで収益を増やすインパクト係数

公開日: : 最終更新日:2016/06/17 データ ,


LINE facebook twitter g+
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

セッションx収益

SEOやリスティングのインハウス実践者の方、Googleアナリティクスを使って取得したデータ取得後は、独自に参考になる指標や切り口を見つけますと、打ち手の幅が広がりますよね。

こんにちは、カグア!です。キーワードはSEO対策のためにつねにチェックしていますが、不定期にこういうった深掘りも行います。

インパクト係数という名称があるわけではありませんが、ふだん私が算出して参考にしている係数がありますのでご紹介します。リソースの配分を考えるときの目安になれば幸いです。

関連記事
>>データ分析の入門書にオススメな本11冊
>>Googleアナリティクス基礎:キーワードを調べる分析方法

インパクト係数とは

たんじゅんに、セッション数と収益を割り算した数値です。ようは訪問数が多く、かつ売上に貢献しているのはどんなものかな、と調べるときによく使います。結果的に、売上に対するインパクトがわかるので便利なんですよね。

それでは以下に、いくつか事例をご紹介します。表の縦軸にはキーワードが並んでいます。

事例1:貢献度の高いキーワード

収益を上げるインパクト係数

ようは訪問数が多く収益が大きいキーワードがエースなわけです。

いっぽうで、セッション数でソートしますと、集客がそこそこあるのに収益を上げられていないキーワードが見つかります。これは着地ページが悪かったり、商品詳細ページの作りこみが足りなかったり、検索キーワードと違和感がある、内容があっていない、などの原因が考えられます。それらを仮設をたてウィークポイントを潰していきます。

いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り: 宗像 淳, 亀山 將: 本

いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り: 宗像 淳, 亀山 將: 本
Amazonで詳しく見る

>>最新の「SEO – コンピュータ・IT: 本」一覧はこちら。
<Amazon>

調べ物ワードでも収益は上がる

これはわたしはいくつか実践してある程度の施策が有効なことを確認しています。

たしかに、一般的には調べものでの訪問は、答えがわかれば離脱する直帰率の高いセッションになりがちです。

しかし、そこでユーザーの本意や心のスキマを想像して、商品をレコメンドしますと少なからず収益は上がります。経験としては、セールやお得など汎用的なウリや、その問題を解決したい人が常に問題意識をもっていそうなテーマに関連する商品が刺さりやすいです。

事例2:訪問が少ない収益の高いキーワード

インパクト係数

これは、収益性は高いのに集客で損をしているキーワードです。SEOやリスティングなどでテコ入れをすれば、より高い収益が見込めるキーワードといえます。

競合が強かったり、単価の高い商品だったり、要因分析は慎重に行います。そもそもパイが小さいですとか、競合も見たけれど検索下位のページも見に来てくれる人だからそもそも購買意欲が高いとか。

ただ、それもユーザー行動を普段から見ていますと、どういう背景なのかはおぼろげながら見えてきます。普段から目的もなくGoogleアナリティクスを、ぼんやりながめることも重要なんですよね。

Googleアナリティクスでの操作

集客

メニューから、集客>キャンペーン>オーガニック検索トラフィック を選びます。

1回で最大5000件までダウンロードが可能ですので、ある程度のキーワード数が確保できる期間設定にし、流入キーワードをEXCEL形式でダウンロードします。

セッション数と収益(eコマースでない場合は目標値や目標完了数)だけ残しあとの指標は不要なので、削除してしまってもOKです。これを後述の方法で加工します。

EXCELビジネス統計分析 [ビジテク] 第2版 2013/2010/2007/2003対応 電子書籍: 末吉正成, 末吉美喜: 本

EXCELビジネス統計分析 [ビジテク] 第2版 2013/2010/2007/2003対応 電子書籍: 末吉正成, 末吉美喜: 本
Amazonで詳しく見る

>>人気の「データ分析 – コンピュータ・IT: 本」一覧はこちら。
<Amazon>

重要度順にキーワード施策を考えられる

このように、インパクト係数は手軽にキーワード分析ができます。

算出時につかう、セッション数や収益など、基礎データをソートすることで、キーワードの重要度順に施策の目星が立てられるのです。

あなたのサイトにも、膨大なキーワード資産が眠っているはず。

インパクト係数の計算方法

それでは早速、インパクト係数の算出方法をエクセルを使ってご紹介します。関数を使って簡単に計算できます。

1.ブランドワードを除外する

ブランドワードの除外

まずは、ブランドワードを除外します。わたしの場合ですと「kagua」「かぐあ」「カグア」あたりをfind()関数を使い、エラー値(見つからない)かどうかでフラグを立てます。

iserror3

ブランドワード判別をしましたら、フィルタを使ってブランドワード以外にチェックをします。これでブランドワード以外だけになり、自然検索としての有望株が絞りこまれます。

2.ニアビッグワードを探す

「価格」「通販」「比較」などビッグワードは総じて文字数が少ないですよね。そこで、文字数をLEN()関数を使って調べます。ビッグかどうかの目安にします(さすがに私はビッグは取れないのでニアビッグと呼んでいます)。

文字数を調べる

そして、空白を含まない単独のキーワードのみにします。前述のfind()関数で、空白が見つからないものだけにします。これで単独のキーワードのみが抽出できます。

「おすすめランキング」などフレーズなのに空白が無いため1ワードと認識される場合も、文字数を調べていますので、まあそこそこ精度は担保されます。

3.インパクト係数を入力する

単純に、=セッション/収益 です。本当にこれだけです。セッションが少なくて収益が大きければ、よりゼロに近くなります。セッションが多いのに収益が少なければ大きくなります。たったこれだけですが目安になるからデータ分析(というのもおこがましいですがw)は楽しいです。

でも、EXCELもビッグデータもここまで身近になったのですから、カジュアルにデータと戯れてもいいと思うんですよね。かなりファジーですが、わたしは結構重視しています。

4.いろいろとソートする

あとは、文字、インパクト係数、セッション数、収益、キーワードなどいろいろなデータで並べ替えをしましょう。

収益性などかなり変わる

たとえば、同じキーワードを含む異なるフレーズでも、これだけ差があります。テールを狙ったほうが確度が高いなど一概に言えないことがわかります。サイトやキーワード、集客状況によって本当に変わるんですよね。丁寧なマーケティングをしたいですよね。

5.シンデレラワードとは

このようにして、いろいろな角度からキーワードを眺めます。

・セッション数もそこそこで収益性も高い。
・実際検索してみると競合も少ない。
・Googleトレンドでもまだまだ上昇しそう。

などといったいわゆるお宝キーワード(いわゆるシンデレラワードですね)が見つかります。

ただこういうことって、ほんと時間的余裕がないとできないので、じつはその確保が一番大事だったりします。みなさんのサイトにもきっとあるはずです。この連休に思い切りダイブしてみてはいかがでしょうか。

Googleアナリティクスにも独自計算指標が追加

まだベータ版ですが、すでにヘルプが公開されていて、一部のアカウントではメニューだけは登場しているようです。

>>About calculated metrics [beta] – アナリティクス ヘルプ
独自指標

整数、通貨、時間、フロート、割合などの数値を扱え、四則演算と()が使えるそうです。

公式ヘルプでは、{{収入}} / {{ユーザー}} や、通過計算で、{{収入}} * 1.27 といった事例が紹介されています。既存の指標を、Googleタグマネージャのように、{{}}で囲って使う感じですかね。

また楽しみが増えそうです。

まとめ

Googleアナリティクスからキーワードをダウンロードし、独自に指標を計算しソートなどしますと、ときとしてユニークなアプローチが見つかることがあります。

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応: 木田 和廣, できるシリーズ編集部
Amazonで詳しく見る

BookLive!で詳しく見る

実践 Google タグマネージャ入門 増補版: アユダンテ株式会社

実践 Google タグマネージャ入門 増補版: 畑岡 大作(アユダンテ株式会社): 本
Amazonで詳しく見る

BookLive!で詳しく見る

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2攻略テキスト: 中島 俊治: 本

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2攻略テキスト: 中島 俊治: 本
Amazonで詳しく見る

今回のインパクト係数はあくまで私の例です。Googleアナリティクスのページの価値なども、コンバージョン値から導き出される独自の指標です。

難しく考えることはなくて、EXCELを使ってデータとどんどん遊んじゃおう、という気持ちで接していますと、いつか神様が降りてくるといった感じです。楽しんでいるところに寄せられるのだと思います。

ご参考になれば幸いです。

「エクセル楽しいよね。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
フリーのマーケター。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。アクセス解析を中心としたコンサルティングや設定、メディア運営に従事。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人として出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑