*

ピクシブのAI自動着色が凄い!5つの作例で使い方と用途がわかった

公開日: : 素材 , , , ,


LINE facebook twitter g+
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

ピクシブのAI
ピクシブのドローツールにAIが搭載!自動的に着色をしてくれる機能をさっそく試してみました。

こんにちは、イラスト大好きカグア!です。

単なる自動着色じゃんと思っていたら、いやいやいや、とんでもない。用途を絞れば結構ツカエルのではないかと思いました。レビューします。

>>人気の「ピクシブ: 本」最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

関連記事
>>無料の画像処理ソフトで映画パンフみたいな合成をするおすすめの方法
>>1万4千個のスタンプを見てまとめた、簡単!LINEスタンプの作り方とリンク54本
>>簡単イラスト上達法〜ZoomItを使った描き方講座
>>4コマ漫画「Webアナリストすみれ」 | カグア!

ピクシブのAIお絵かきとは

ピクシブ

2017年5月24日に、ピクシブが発表した、AIで自動的に着色できる、というもの。
>>お絵描きコミュニケーションアプリ「pixiv Sketch」と線画自動着色サービス「PaintsChainer」が連携。AI技術によるイラストの自動着色機能を提供開始。 | ピクシブ株式会社

Webアプリになっていて、線画のイラストをアップすると、自動で着色してくれます。最後の仕上げは、人間が行うとあり、補助的なツールとして公開されました。

pixivが運営するマストドンのPawooでも、#自動着色 ハッシュタグが盛り上がっています。
>>#自動着色 – Pawoo

こちらのURLからAIによる自動着色を試せます。
>>https://sketch.pixiv.net/draw

それでは、実際のWebアプリを見ていくことにしましょう。

AIで自動着色をする方法

ピクシブのAI自動着色の使い方

使い方は簡単です。上記URLにアクセスし、ファイルをアップロードします。
自動色塗り

アップした画像が表示されましたら、AIによる自動着色のタッチ(塗る雰囲気)を選ぶだけです。たったこれだけ!
パターンを選ぶだけ

閉じてない線も塗ってくれる

ペイントソフトなどで塗りをしようとしたら、線が閉じてなくて、全画面がばばばーっと1色に塗られてしまった経験はありませんか?

AIはそのあたりが凄いです。自動的にたぶんここまでが頭だよな、と過去のデータから何となく理解して、それらしい色にも塗ってくれるのです。
AIの真骨頂

ここまで開きっぱなしの線画で、一瞬でここまで塗ってくれるのは驚きです。タッチも2パターンを試せますので、良い方を選び仕上げの補助的着色レイヤーにできます。

では、塗り方の2パターンを実際に見てみましょう。

線画をアップロードして試した

結構、よい感じに塗ってくれます。こうした優しいタッチと、絵画風のはっきりした色合いで塗ってくれる2パターンあります。
パターン2

この線画については、前者のほうが良い感じに塗ってくれますね。
パターン1

さて、じつはこの自動着色、もう少しカスタマイズできますので、早速描きこんでみましょう。

色の補完で精度が上がった!

ペンツールで、塗ってほしい色を上書きします。するとそれを学習して、補完した着色をしてくれます。
色を補完すると精度アップ

ここまで精度上がりました。ただし元画像は、線画なら線画の方が良いようで、以下はあまりうまく行きませんでした。意外と難しい。
やっぱり難しい

おそらく学習パターンに無いものだと、AIのほうも困っちゃうのですかね。

こちらの投稿でも詳しく境界着色の基礎が解説されています。
>>[自動着色お試しまとめ]PaintsChainerでヒント色を置 – anmorenight – Pawoo

さて、それでは線画以外だとどうなるのか。試してみました。画像をお借りしちゃいましたが、まずければご指摘ください。

それではどうぞ。

これがAI自動着色の実力だ!

これら補正したもの含めてすべて

1分もかからず塗った

ものばかりです。いやはやほんと驚くほかありません。

トランプ大統領をAIで自動着色

超いい人っぽくなったw。
トランプさん

黒板アートをAIで自動着色

これ、なんと一発です!!!黒板アートとAI、相性良いです。すげええええ。
黒板アート

昔の写真をAIで自動着色

普通に塗ったらほんと普通になっちゃったので、変化球で攻めてみました。これはこれでありかも。
夏目漱石

回想シーンに使えそう!AI自動着色

こちらも一発AI自動着色です。回想シーンとかに普通に使えそうですよね。
サトシとピカチュウをAIで

癖はありましたが、用途によっては、かなり使えるのではと思う精度でした。

ブログの挿絵やアプリで遊ぶ

あたりの使い道にはすごくいいんじゃないでしょうかね。アプリ出さないですかね。

いやはや、凄いです。

みなさんもぜひ。
>>https://sketch.pixiv.net/draw

pixivイラストレーター年鑑 2017 | UGC企画課

pixivイラストレーター年鑑 2017 | UGC企画課 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで詳しく見る

関連情報リンク

絵師さんにはまったく叶いませんが、用途を絞ると明らかに効率化。
>>【pixiv】イラストの塗り方が上手くなりたい!!メイキングをみて学ぼう!! – NAVER まとめ

時代の流れ。
>>pixivが10段階の作品評価機能を廃止 シンプルな「いいね!」に変更 – KAI-YOU.net

ギーク集団。
>>ピクシブ最大級のチームビルディング|重松裕三が語るディレクションのコツ | CAREER HACK

まとめ

AI を耳にする機会が増えましたが、実際に使うことではじめて付き合い方が見えてきますね。

>>人気の「wacom」最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

今回のピクシブAIでは、用途さえ絞れば結構使えるのではないかなと思いました。またいろいろと試そうと思える精度でした。

しかし、AIの著作権とかほんと気になりますね。今後もキャッチアップしてきますね。

「エーアイ。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
フリーのマーケター。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。アクセス解析を中心としたコンサルティングや設定、メディア運営に従事。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑