YouTuberマーケ情報源29サイトは後発参入者や企業の動画担当者に便利

公開日: : 最終更新日:2019/07/19 動画 , , ,


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


YouTube関連情報源まとめ
これからYouTubeに参入しようとしている人、企業の動画担当者のかたなどへ、知っておくと便利というサイトをまとめました。動画の作り方というよりはマーケティング視点より、です。

こんにちは、ユーチューバーのカグア!(@kagua_biz)です。

私が個人的に集めていたサイトを自分用に整理する意味も含め共有します。他にもありましたらぜひお教え下さい。なお情報は2019年5月28日時点でのものです。

>>人気の「YouTube」最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

関連記事
>>【保存版】YouTubeライブ配信におすすめ機材11選とアプリまとめ
>>コメント416件に対応したYouTubeの炎上対策と鎮火までの9日間
>>ユーチューバーになるには本おすすめ3冊を親目線で比較レビュー

動画投稿者がチェックしたい情報源

ユーチューバーが注目されている昨今、後発ユーチューバーは露出においてどんどん不利になっています。ただ、動画投稿しても再生されない(泣)!となげくばかりでは前へ進めません。
ユーチューバー

一方でそれは、YouTubeの戦略やビジネス環境を理解できていない「だけ」のことです。以下のような情報をキャッチアップして、徐々にじっくりと戦略を練り込んで、定期投稿を粛々としていけば良いと思います。

  • YouTube関連Twitterアカウントのフォロー
  • ストリーマーや実況者など気になるキーワードでGoogleアラート登録
  • ベンチマークするYouTubeチャンネルの動画投稿状況
  • 随時「著作権侵害の申し立て」などKW検索

アルゴリズム変更で、これまでと同じような手法で投稿された動画は、露出が減りました。再生されない動画はほんと再生されないです。
>>YouTubeの動画は長時間になり、こうして「テレビ番組化」が加速する|WIRED.jp

常に行われるYouTube側の規約変更。それに対応できるようなテーマ選びや運営が、より重要になっています。
>>YouTubeで稼ぐには「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」「チャンネル登録者数が1000人以上」を満たす必要あり、とパートナープログラム変更 – GIGAZINE

著作権違反の動画の再生数に嫉妬することもありかもしれませんが、決してダークサイドに落ちてはいけません。同士を見つけお互い切磋琢磨いくほかないとは思います。

それでは、私が提起している動画マーケティングサイトなど情報源をご紹介します。他にもありましたら、ぜひSNSなどでお教えくださると嬉しいです。

おすすめYouTube情報源

YouTube関連メディア

運営はブレイカー株式会社。解析ツールTubularを使い集計。NHKなどメディア提供実績あり。
>>週刊動画RANKING!
ユーチューバー情報源

動画制作のcrevoが運営する動画制作や動画マーケティングに関するノウハウや活用事例メディア。
>>VIDEO SQUARE

YouTuber(ユーチューバー)ニュースメディア。運営は株式会社TUUUBE。
>>LogTube

マーケティング情報も含むYouTube総合情報メディア。運営は分析ツール提供の株式会社エビリー。
>>かむなび

後述のユーチュラのメディアページ。毎日更新。
>>YouTubeニュース | ユーチュラ

ビッグローブ運営のSNSバズメディア。動画カテゴリーもある。
>>動画ランキング|ついっぷるトレンド

最近では多くのメディアがユーチューバー関連ニュースを扱っています。
>>モデルプレス「YouTuber」の検索結果

新R25では、チャンネル運営者向けのインタビューや取材も多くおすすめ。
>>「YouTuber」検索|新R25

VTuber関連であればこちらのメディアも。
>>VTuber | MoguLive

YouTube関連記事。権利関係はしっかり抑えておきましょう。
>>YouTubeのニュース|弁護士ドットコムニュース

運営元不明。推定収益やランキング。
>>チューバータウン

運営元不明のまとめサイト。炎上系なども充実。
>>YoutuberCH

YouTubeではありませんが、ニコニコはランキングがあります。
>>総合動画ランキング カテゴリ別 24時間 – ニコニコ動画

YouTubeだけではありませんが、マーケよりで役立ちます。
>>IPR REPORT | インフルエンサーマーケティングの情報メディア

無料ツール

全体のランキングや自分のフォロワー数など。株式会社オモシロが運営。
>>ユーチュラ | YouTubeランキング
ユーチュラ

YouTubeでの検索サジェストを調べてくれます。
>>YouTubeサジェスト キーワード一括DLツール

Google製YouTube検索キーワードツール。ただ残念ながら、出てこないキーワードもあります。
>>フォートナイト – 調べる – Google トレンド

YouTubeのBGMなどでよく使われている楽曲配布サイト。
>>全曲無料・フリー音楽素材/魔王魂

チャンネルIDがわかると登録者数の推移などがわかる。
>>YouTube Subscriber Counter

公式の音源素材。
>>オーディオ ライブラリ – YouTube

有料ツール

有料。SNSアカウントの解析ですが、YouTubeにも対応。
>>ソーシャルメディア解析ツールのソーシャルインサイト(Social Insight)
ソーシャルインサイト

YouTubeにも対応した分析ツール。無料プラン有り。運営はインフルエンサーマーケティングのBitStar。
>>IPR | インフルエンサーパワーランキング

著作権フリーの音源もたくさんあります。
>>Audiostock

インフルエンサーマーケティング

ユーチューバー事務所最大手のリリースはある意味メディア的。
>>ニュースリリース | UUUM株式会社
UUUM

インフルエンサーマーケティング
>>SPIRIT | LIDDELL │ OFFICIAL WEB

その他

Google検索ですが、無料のキーワード提案ツール。
>>無料キーワード提案ツール UbersuggestでSEO対策

Google広告のYouTube広告のツール。※要:Google広告アカウント
>>リーチプランナー

公式の学習ツール。
>>YouTubeアカデミー

まとめ

これらは本当に最低限だと思います。YouTubeはAPIを公開していますので、もっとツールはありそうな気はしますが、とりあえずまとめました。

もちろん、ツールに頼るのではなくあくまでツールはツール。面白くて役立つコンテンツを作るほうがはるかに有益ですので、これからもがんばる所存です。

YouTube側の規約変更なども注意しないといけないため、情報のキャッチアップはほんと欠かせませんよね。

「YouTube」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
40代で2児の父。ブロガー兼ユーチューバー。ネット業界24年目。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑