*

スマホマーケ事例、ジョージアのキャンペーンサイトは押しつけ感ゼロの丁寧な作り(画像有)

公開日: : 最終更新日:2013/05/19 サイト制作


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天



飲んでその場で応募がカンタン!


缶コーヒーのジョージアが毎日3000名に当たるというキャンペーンを行っています。早速、スマホサイトにアクセスしてみました。以下は全てPCでも閲覧可能です。※先に進むにはブラウザのUSERAGENTをスマホに変えておきます。PCですとSafariブラウザ>開発>ユーザーエージェントなど。


ジョージア(PC版)
ジョージア(スマートフォン版)
ジョージア ブランドサイト(携帯サイト)


ジョージアを買ってキャンペーンNOをゲット


缶コーヒーのジョージアを買ってきますと、付いてくるラベルを剥がしますと、応募ナンバーがゲットできます。


早速、キャンペーンサイトにアクセス。付けたままスマートフォンを操作でき、そして人気ブランドのオリジナル、という応募意欲をそそられる手袋です。選べるというも嬉しい演出です。



新規登録も簡単、まずはメールアドレスだけでOK


すでにコカコーラサイトに登録している人はログイン出来ます。また新規登録でも、まずはメールアドレスだけを登録し、URLクリックで進めるという簡単設計です。


至ところにステップ画像があります。こういう安心感の演出に一役買っています。とりあえず登録だけならメールアドレスだけというのも応募のハードルを低くしています。住所など個人情報は当選してからでイイですよね。


キャンペーン番号で登録でポイントが貯まる仕組み


ジョージアに貼ってあったシールに記載の番号を入力します。実はここでは、まだ応募ではなくポイントが貯まる、という仕組みです。


そしてそのポイントを使って「挑戦をする」とクリックします。


ポイントを使って応募するミソ。もっとポイントを貯めて、PSPVITAが当たる上位(?)のプレゼントに応募することも可能です。マルチストーリーが押しつけ感を感じさせません。


さて、挑戦しますと、欲しい手袋を選べます。サイズも選べます。



そして応募!果たして当選結果は・・・


そして、いよいよ応募です。欲しい手袋を確認(ここでもキャンセルボタンが押しやすい、ポイント消費注意書きも親切ですね)しましたら「応募する」をタップします。すると・・・、


どうかな・・・、


うーん、残念!!!ハズレです。この「TRY AGAIN」という下りに、私などは担当者の苦労を妄想しちゃいます。


「ハズレ!」とすればちょっとネガティブですし、「また挑戦してね!」だと再購入を促してるようで厚かましいようにも・・・。この「TRY AGAIN」がわかりやすいかというと、私は最初「?」だったのですが、まあ難しいところですよね。



Twitterフォロワー獲得も一工夫されてます


企業キャンペーンで定番となったTwitterフォロワー獲得ですが、ジョージアのサイトはこちらも参考になります。


何と「謎のプレゼント」です。謎ですよ!ミステリー!


ただ、サンプルもありますので安心。情報開示は基本ですね。



サイトは最新のHTML5で制作、アクセス解析はWebdrends


ページ下部にいわゆるプロフィール設定など機能に関するボタンが集約されています。


ここで初めて住所など個人情報を入力する仕様になってます。当たらなかった人は、個人情報を預けなくてもOK。


キャンペーントップからは動画を見ることも出来ます。「一覧」をクリックしますと、PCサイトに誘導。ある意味この割り切りは気持ちイイですね。


ページソースもHTML5で作られていますので、デザイナーさんにも参考になるかと思います。articleなどHTML5のタグが入っています。なお、アクセス解析はGoogleアナリティクスではなくWebtrends。サムライズさんのアクセス解析ツール。


Webtrends公式サイト|世界のマーケターが支持するプロフェッショナル向けWebアクセス解析ツール|サムライズ


雑感〜丁寧なキャンペーン誘導と今後


全体的にとても丁寧に作られているという印象です。つまづくところも無く、押しつけ感もありません。広くリーチするためのキャンペーンサイトとしてはお手本のような作り。まさに「神は細部に宿る」と感じました。


さて、今後としては、サイトコンテンツとして動画をどう扱うかが気になるところです。


パケ・ホーダイ フラット : ご注意事項 | 料金・割引 | NTTドコモ


国内でもパケット制限の動きがじわりと広がり初めています。ドコモのパケホーダイフラットでも「当日を含む直近3日間のパケット通信量が300万パケット以上」で制限がかかると明記されています。他社も同様で、300万パケットというのが1つの基準になりつつあります。


KDDI、通信速度制御をスマートフォンでも実施 3日間で300万パケット以上利用のユーザー対象 – ITmedia ニュース


この300万パケットというのはおよそ384MB。普通にサイト閲覧やTwitterをする分には問題ない容量ですが、動画などですとすぐに上限が来そうな微妙なラインです、1日あたりにしますと約120MB。アプリでも、20MB、30MBの大きいものがありますし・・・。


ちなみに、パケット量を調べるアプリはこちらをどうぞ。WIFI、3G分けて測ってくれます。


3G Watchdog – Android マーケットのアプリ


問題が広がり始めてから検討するのが、現時点では現実的かと思われます。もしそうだとすれば、このジョージアのキャンペーンサイトもそういう点で、専用動画ページを作って無かったのかもしれませんが、どうなのでしょうか。


ジョージア(PC版)
ジョージア(スマートフォン版)
ジョージア ブランドサイト(携帯サイト)


追記 毎日抽選というのは最初驚いたのですが、時期的に考えると早めに発送しないとですよね。
 

Webキャンペーンのしかけ方。 広告のプロたちがつくる“つぎのネット広告”
渡辺 英輝 阿部 晶人 螺澤 裕次郎 伊藤 直樹
インプレスジャパン
売り上げランキング: 247821

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑