*

ユーチューバーの安い録音セットならUR12とMPM-1000が高音質

公開日: : 最終更新日:2019/08/07 家電・ホーム・デジカメ , , ,


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


Steinberg スタインバーグ USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR12
動画制作用のマイクを新調したく、オーディオインターフェースUR12とコンデンサーマイクMPM-1000を購入しました。アマゾンで約1.8万円。

こんにちは、ユーチューバーのカグア!(@kagua_biz)です。

本記事ではオーディオインターフェースUR12とコンデンサーマイクMPM-1000の使用感をレポートします。かなり私的な使い方なのであまり参考にならないかもしれませんが、どうぞです。なお情報は2019年5月14日時点でのものです。

>>人気の「コンデンサーマイク」最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

関連記事
>>サウンドカードおすすめ10機種2018 FPSゲーミングUSB他
>>高級ゲーミングヘッドセットおすすめ人気17選 FPS PS4 PCゲーム
>>【保存版】YouTubeライブ配信におすすめ機材11選とアプリまとめ

UR12とMPM-1000の同梱物など

UR12の同梱物は、本体、取説、ドライバCD、USBケーブル。
UR12

前面にマイクやギターなどをつなげます。GAINなどの調節つまみもあります。
UR12

小さいながらアルミ製のボディがかっこいい。
UR12

MPM-1000の同梱物は、マイク本体とクッション付きのマイクホルダー、XLRケーブル、簡易三脚、ポップガード。
MPM-1000

うん。やっぱりテンション上がりますね。
MPM-1000

ちなみに、音声は、マランツのゴロを見て直立させた角度がベスト。なので三脚を使うと、XLRケーブルがテーブルに干渉します。まあそこはご愛嬌。
MPM-1000

録音セットのセッティングの流れ

概要としては、主に以下のような感じ。ドライバ入れて、UR12つないで、CUBASEをダウンロードしてインストールすればOK、みたいな。

  1. PCにドライバCDからドライバをインストール
  2. UR12を接続し、再生と録音をUR12にする
  3. CUBASE をダウンロードし、インストール(シリアルは取説と本体裏面)
  4. マイクはUR12背面の48Vをオンにするとファンタム電源供給
  5. PEAKを見ながらGAINを調整
  6. CUBASEで楽曲作成、完成したら書き出し

UR12は、じつはYAMAHA製なので、ドライバCDからのインストールもスムーズ。このあたりの安心感はユーチューバー録音初心者には嬉しい。まずつまづくところは無いかと思います。
ドライバCD

UR12にマイクを接続し、PCにUR12をつないだらすぐに認識してくれます。Windowsのサウンド設定でも自動的に、UR12が選ばれていました。
コンフィグ

CUBASEはさすがにDAWというソフト自体が初めての人は、ハードル高いかもしれませんが、ダウンロードやインストール自体は一般的な流れです。
CUBASE初期画面

  1. CUBASEのサイトにユーザー登録
  2. ログインし、ダウンロードページヘ
  3. 取説にあるシリアルを入力
  4. さらにUR12底面にあるシリアルを入力
  5. ダウンロード&インストール

最初にダウンローダーをダウンロードし、そのアプリからCUBASEをダウンロードしてくる、というところがちょっとわかりにくいかもしれません。最近のアプリはゲームも含めて、こうしたアクティベーション必須の仕組みが多いですね。ここはちょっと面倒ですが、仕方ありません。※CUBASEの上位版ですとドングルという専用ハードウェアも必要なくらいなので、まだ簡単なほうではあります。

マイク録音時のコツと注意点

PEAKはたまにかすかに点灯するくらいのGAIN量を調整しましょう。真っ赤になったままですと、音割れしてます。
UR12 オーディオインターフェース

コンデンサーマイクを使うときは、UR12背面の48Vのファンタム電源をオンにしておきましょう。そうしませんと、声を拾ってくれません。
UR12 オーディオインターフェース

Yamaha Steinberg USB Driverの出し方

Windows10では、設定を開いてもYamaha Steinberg USB Driverは見つかりません。以下のように、旧Windowsの画面でコンパネを切り替えますと見つかります。

PCを開き、ファイルのアドレス欄の不等号っぽいマークをクリックします。すると、以前のコントロールパネルが選べます。
Windows コンパネ

そこで、「大きいアイコン」としますと、Yamaha Steinberg USB Driver が選べるようになります。
Yamaha Steinberg USB Driver

あまり使う機会はないかもしれませんが、私はちょっと探すのに苦労したので、いちおう備忘録です。

UR12とMPM-1000を使った感想

コンデンサーマイクはやっぱり高音質

これまでのプラグインパワーのコンデンサーマイクよりは、やはりきれいに声が録音できてますね。いちおう素人でもわかることはわかりました。まあ好みはあるかもしれませんが。

ダイナミックマイクよりも、レンジが広く繊細な音を拾えるコンデンサーマイク。かつては高価な印象がありましたが、ネット動画などの普及でここまで普及価格帯になって嬉しいですね。

いっぽうで、では合計で約2万円かけてまで必要かというと、このあたりは悩みどころかもしれません。後述しますが、私が普段使っていますフリーソフトでは、残念ながら思った性能を引き出せませんでした。また、音質も雲泥の差があるかというと、さすがに圧倒的で激烈な差というわけでもありません。ソニーのECM-PC60とオーディオテクニカのAT-MA2は合計で約8000~9000円程度なので、音楽中心でなければ、悩みどころだとは思います。

なお、コンデンサーマイクは電源を必要としますが、オーディオインターフェースに搭載していますファンタム電源という仕組みで、供給されますので問題ありません。

DAWソフトのCUBASEが無料でついてくる

ただ、ここがやっぱり一番大きいかもしれません。前述のソニーのマイクセット8000円と、CUBASE ELEMENTS と合計で約2万円ですから。

ですが、DTMや歌ってみたなどの音楽ユーチューバーであれば、UR12とMPM-1000とCUBASEの組み合わせが良い、となるかと思います。

CUBASE ELEMENTS 10 が、たとえばアマゾンですと約1.2万円で販売されています。UR12を買えば、CUBASE AI が無料でついてきますので、とてもお得です。

AIは、CUBASE ELEMENTS 10 と比較しますと若干機能は劣りますが、初心者であれば気にならない程度かと思います。

録音機材を揃えるとテンションがあがる

意外にここは大きいかもしれません。マイクといっても収録のために用意するコンデンサーマイクとオーディオインターフェースは、何か特別な存在に感じます。

設置するだけで、プロ気分を味わえ動画でのトークにも熱が入るというものです。こうした温度感ってリスナーさんに伝わるのですよね。

UR12はCUBASEに最適化されたリミッター

さて今回、唯一疑問に感じたのが、UR12におそらくかかっているリミッターです。CUBASEにMPM-1000から声を録音するときは、以下のようにレンジをちゃんと上下に使い切って、録音してくれます。
キューベイス

しかし、Windowsの録音フリーソフトであるAudacityでは、なぜか、5dbと-5dbのところで完全にリミットがかけられている印象です。
アウダシティ

これまで使っていた、ソニーのコンデンサーマイクECM-PC60 とオーディオテクニカのマイクアンプAT-MA2 では、しっかりレンジを使いきってくれます。前述のようにリミッターがかかることはありません。
AT-MA2 とECM-PC60

動画編集ソフトのPowerDirector17のアフレコ機能で声を録音しても、やはり上下にリミットがかかります。不思議です・・・。
PowerDirector

なにか特別な設定があるのかとも思い、いろいろと探してみましたが、UR12が制限をかけているとしか思えません。また電力不足かも?と思い、UR12の電源を外部USBからとりましたが、それでもダメでした。

ただ、これは付属のCUBASEに最適化されたスペックと捉えることはできますので、まああくまで私個人の問題かとは思います。

ちょっと残念ではありましたが、こうすると良い、という方法があればどなたか、ぜひご存知の方はお教え頂けると嬉しいです。

というわけで、音楽中心のユーチューバーには、安い値段で録音ができる UR12とMPM-1000でした。おすすめです。

Steinberg スタインバーグ USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR12 | オーディオインターフェイス | 楽器

Steinberg スタインバーグ USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR12
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

マランツプロ コンデンサーマイクロホン ウィンドスクリーン・スタンド・XLRケーブル付属 MPM-1000 | コンデンサ | 楽器

マランツプロ コンデンサーマイクロホン ウィンドスクリーン・スタンド・XLRケーブル付属 MPM-1000
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン PC60 ECM-PC60

マイクsony
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

audio-technica マイクロフォンアンプ AT-MA2

audio-technica マイクロフォンアンプ AT-MA2
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

関連情報リンク

YAMAHAのチュートリアルが充実しています。
>>同梱物確認と USB ドライバーのインストール (UR12) – YouTube

わかりやすい解説。
>>【今さら聞けない用語シリーズ】3分でわかる!コンデンサーマイクとダイナミックマイクの違い おすすめマイク – Digiland (デジランド) 島村楽器のデジタルガジェット情報発信サイト

一人カラオケで収録するという手も。この記事ではオーディオテクニカのコンデンサーマイクですね。こちらも人気です。
>>【体験レポ】初のひとりカラオケ専門店は僕の中のアーティスト魂に火をつけた

ポッドキャストでも音質にこだわるとマイク回りにこだわりたくなりますよね。
>>Podcasting Guide 2017 – Tatsuhiko Miyagawa’s Blog

オーディオインターフェースにもいろいろ。
>>DTM初心者のためのオーディオインターフェイス選び 2019 | | 藤本健の “DTMステーション”

宅録にものすごく詳しいサイト。読んでて楽しい。
>>Free Audio Editor WAVE EDITOR CONVERTOR オーディオディター ウェーブエディター、コンバーター

業界のお話。
>>音楽業界それなりに長いけど質問ある? – ゴールデンタイムズ

上位機種のUR22mkIIでも音量が小さい、ということはこちらでも指摘されていました。なんなのでしょうね・・・。
>>【激安高音質】AG03にも負けてない!べリンガーのUM2が安いのに高音質すぎる件 – YouTube

まとめ

2万円しないでコンデンサーマイクとオーディオインターフェースと、DAWのCubase AI 10 が手に入るという超コスパ録音システムでした。

  • この値段で、このノイズの無さはコスパ最強
  • USB給電でファンタム電源も搭載し初心者にもやさしい
  • Cubase用のチューニングには最適化されている

Cubase AI をしっかりマスターし、DAWとしてつかいこなそうという初心者の人は、買ってストレス無くつかえるセットだと思います。

「UR12とMPM-1000」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑