*

4Kで60FPS GTX1080Tiグラボ搭載のゲーミングPC おすすめ8機種

公開日: : 最終更新日:2017/07/03 ゲーミングデバイス , , ,


LINE facebook twitter g+
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

4k60fpsゲーミングPC
ゲームを4Kを60FPSで楽しみたい!そんな夢のようなグラフィックスを実現するBTOパソコンを調べました。

こんにちは、ゲーム大好きカグア!です。

GTX1080Tiであれば、ゲームや設定次第で4K60FPSができるそうなのですが、電源など注意点もありますので、購入前にいろいろと調べたことを共有しますね。おすすめのゲーミングPCをまとめます。
※なお、AmazonでGTX1080Ti搭載と書かれていても13万円台などと、ありえない安さのPCにはご注意ください。原価的にまず有りえません。

>>商品一覧をすぐに見たいという方はこちら。
おすすめ一覧をすぐ見る

>>人気の「gtx1080ti – デスクトップ: パソコン」最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

>>人気の「gtx1080ti – グラボ」最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

関連記事
>>4Kディスプレイおすすめ9機種 価格 PS4 ゲーム PC
>>曲面ディスプレイおすすめ13機種 湾曲 ゲーム メリット
>>ゲーム用ディスプレイでおすすめ5機種は速い応答速度で安い

4K60FPSゲーミングPCとは

4Kで60FPSはぬるぬるの超現実

夢のゲーム環境4K60FPS!

4K60FPS! 4Kの圧倒的美麗なグラフィックスで、今まで見えなかった遠くの敵も見える!そして、60FPSでぬるぬるの操作性がエイム精度を上げる!という期待に胸を踊らせてしまいますよね。

しかーし!4K60FPSをゲームで実現するには、じつはそれなりにハードルが高く以下が必要です。

  • GTX1080Ti以上で駆動できる電源やPC
  • 対応ゲームやグラフィックス設定
  • 実感できるディスプレイとケーブル
  • メモリもできれば16GB

4K60FPSというのは、フルHDで言いますと240FPSのデータ転送量ですので、相当の処理能力が求められるわけです。ゲームのグラフィックス性能を落とすという選択肢もありますが、やはり可能な限り高画質でプレイしたいですよね。

dospara
オーバーウォッチで低画質ですと、ぎりぎりGTX1070でも4K60FPSがいけるというレポートもありますが、それでも安心は最低でもGTX1080かと思います(低画質プレイですと画質が下がるだけでなく消えるオブジェクトもあるほどです)。ですのでやっぱり今なら10万円をきったGTX1080Tiがやっぱりおすすめです。
>>【PC版】オーバーウォッチの推奨スペック

ですので現状は、TDP 250W というモンスター級の給電を必要とするGTX1080Ti (8ピン+6ピン の電源)が、妥当な選択肢。そしてケーブルやディスプレイを対応のものに変えます。これで夢の4K60FPSのゲーミングワールドへ突入です。

GTX1080Ti搭載BTOパソコンの価格の相場

調べましたところ相場は税抜き価格で、20~23万円が中心価格対です。後述のSLI構成などですと単純にGTX1080Tiの値段がもう1枚つく感じです。

GTX1080Ti自体、ほぼ10万円といった値段ですので、10万円台前半などの激安ゲーミングPCは間違いなく粗悪品かスペック詐称ですので絶対に買わないようにして下さい。ほんと悪質業者ダメ、絶対。

4K144Hzディスプレイは2017年秋

さて、4K60FPSを実感したいとは思いますが、残念ながらディスプレイが2017年5月26日時点では、リフレッシュレート144Hz対応のものがまだ登場していません。

残念ながらこういう事件もありましたよね。発表当時はそりゃ知ってる人は「マジかよ!」と飛びつきますよね。
>>120Hz倍速は間違え!UPQとDMMが4K 65/50型モニター仕様を誤ったワケ。対応に差、背景に景表法の新ルール【詳報】(更新) – Engadget 日本版

ですので現状では、4K60p対応のディスプレイを選ぶことになりますね。もしくは、フルHDで240Hz対応のものか、ですかね。ただレビューにありますように144Hzを越えますともはや人間では識別できないほどだそうなので、やっぱり4K60Hzがおすすめです。
>>4Kディスプレイを導入しよう (1) 「4K解像度は2種類」「30pと60pって?」 | マイナビニュース

LG モニター ディスプレイ 24UD58-B 23.8インチ/4K(3840×2160)/IPS 非光沢/HDMI×2、DisplayPort/ブルーライト低減機能: パソコン・周辺機器

LG モニター ディスプレイ 24UD58-B 23.8インチ/4K(3840×2160)/IPS 非光沢/HDMI×2、DisplayPort/ブルーライト低減機能
Amazonで詳しく見る

2017年5月26日時点で、4Kディスプレイも60Hz対応で3万円台ですから、セカンドディスプレイとして購入するのもありだと思います。ほんと手頃になってきましたよね。

>>人気の「4K – ディスプレイ」最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

なお、ケーブルやHDMIセレクターなども、ハイスピード対応したものを使いましょう。おすすめはDisplayPort1.2以降です。これであれば、4K60Hzも対応します。なお、2017年秋以降発売予定の4K144Hzまで対応を考えるならば、DisplayPort1.4以上をおすすめします。

そしてこのあたりが面倒臭い!というかたはこのあとのゲーミングPCをまるっと、ディスプレイ含めて購入するのがおすすめです。以下のPCショップのスタッフさんはどこもほんと詳しい人ばかりで頼りになります。

それではどうぞ。

おすすめ4K60FPSゲーミングPC

ドスパラ ガレリアXZ SZ

GALLERIA XZ(ガレリア XZ)デスクトップゲームパソコン|ドスパラ通販【公式】

GALLERIA XZ ガレリア XZ
ドスパラで詳しく見る

安心のゲーミングブランドであるドスパラのガレリアシリーズ最高峰のXZ。最高のCPUやグラボをささえる700W電源が標準で装備しています。

また、購入時についたドスパラポイントは、STEAMポイントの購入に使えちゃいます。XZですと約2000円ものゲームが買えることになり、これは嬉しいですね。
>>Steamでドスパラポイントが使えるようになります!※2017年6月30日まで

GALLERIA SZ(ガレリア SZ)デスクトップゲームパソコン|ドスパラ通販【公式】

ドスパラ GALLERIA SZ ガレリア SZ
ドスパラで詳しく見る

ガレリアSZは、なんとGTX1080Ti搭載でスリムPCですよ。メモリも16GB搭載してますので安心。

熱暴走が心配な人もご安心ください。側面に4つのダクトと背面にしっかりファンを搭載したエアフローができています。GPUを横にして理想的な吸気を実現しています。これなら4Kディスプレイの裏にじゅうぶん置けるサイズです。

TSUKUMO GX7J-Y91/ZT

G-GEAR neo GX7J-Y91/ZT
TSUKUMOで詳しく見る

ツクモのフラッグシップゲーミングPCです。外装など武骨なまでにシンプルなつくり。それでもメモリ16GBや、天板にすべり止めがあってゲーミングヘッドセットを置けるなど、ツクモらしいゲーマー垂涎の心配りが受けてます。※ディスプレイは付属しません。

そして、TSUKUMOのフラッブシップゲーミングPCであるGX7J-Y91/ZTは、なんといっても標準でEVER COOL製 ヒートパイプ式CPUクーラーがついてくる点です。これで排気がまっすぐ後ろを向きますので、GTX1080Tiの熱対策にもなります。しかもケースはCOOLERMASTER製でじつはかなりコスパ良いです。
EVERCOOL BUFFALO HPFI57-10025EP/2

ARK CY-IKL4Z27A-NR18T Rev.2

ARK BTO (アーク・ビーティーオー) CROYDON Razerコラボケース採用 CY-IKL4Z27A-NR18T Rev.2
ARK公式で詳しく見る

絶大なファンをもつPCショップARKでおすすめのGEFORCE GTX 1080 Ti 搭載BTOパソコンは、CY-IKL4Z27A-NR18T Rev.2。なんとRAZERケースとのコラボモデル。マニア垂ぜんのゲーミングパソコンです。もちろんメモリも16GB。

パソコン工房 LEVEL-M022-i7-XNR

LEVEL-M022-i7-XNR [Windows 10 Home] | パソコン工房【公式通販】
パソコン工房で詳しく見る

パソコン工房iiyamaブランドのGTX1080Ti搭載ゲーミングPCであるLEVEL-M022-i7-XNR。なんと税別で20万円を切る安い値段です。もちろん、Core i7-7700、メモリ8GB、240GB SSD とスペックに妥協はありません。おそるべしです。

なお、パソコン工房では、XNR以外にもコンパクト型やフルタワーなど合わせて3ラインナップで、GTX1080Ti搭載BTOパソコンがあります。好みのスペックに合わせて選ぶと良いでしょう。

>>GeForce GTX 1080 Ti 搭載ゲームパソコン | パソコン工房 最新はこちら。
パソコン工房ストアを見る

ASUS ROG GX800VH

ASUS ROG GX800VH Liquid-Cooled Gaming Laptop 18.4”, 4K, G SYNC, Core i7-7820HK, Dual GTX 1080 SLI, 1.5 TB SSD, 64GB, RGB KB [並行輸入品]
ASUSストアで詳しく見る

ASUS 日本、ROGブランドのノートパソコンGX800VHは、SLI対応 GTX1080×2基搭載したフラッグシップゲーミングパソコンです。

GTX1080Tiではなく、GTX1080なのですが、それでも、モンスター級のゲーミングノートとして、熱対策専用の外部機器付きという仕様にひかれて購入するユーザーも少なくないとか。多くのe-Sports大会に参加しているゲーマーにはたしかに激速ノートが必要です。

公式ショップでは、ゲーミングタワーなど他にも魅力的なゲーミングPCがたくさんあります。
ASUS ROG ゲーミングPC

DELL ALIENWARE Area-51

Dell ゲーミングデスクトップパソコン ALIENWARE Area-51 18Q22/i7-6950X/64GB/512GB SSD+4TB HDD/GTX1080Ti x2/Windows10

Dell ゲーミングデスクトップパソコン ALIENWARE Area-51 18Q22/i7-6950X/64GB/512GB SSD+4TB HDD/GTX1080Ti x2/Windows10
Amazonで詳しく見る

DELL公式で詳しく見る

なんと、こちらはGTX1080Ti SLI構成、2枚刺し!です。とにかく最高スペックを追求したい!という人に2017年5月26日時点で、間違いなくおすすめの「最強ゲーミングPC」です。総重量28kgの現時点での最強ゲーミングPCです。あとは、4K144Hzディスプレイが登場するのを待つばかり、というパーフェクトゲーミングPCです。

DELL公式ストアですと、より細かくBTOができます。
>>Alienware ゲーム用デスクトップ | Dell 日本

MOUSE NEXTGEAR i660PA1-SP3

NEXTGEAR i660 シリーズ(Z270) デスクトップゲーミングPCの通販|G-Tune
マウス公式で詳しく見る

マウスコンピューターのゲーミングPCにも、プラチナクラスにGTX1080Ti搭載機があります。しっかりメモリ16GBという安心の構成です。

以上、4K60FPSを目指すGTX1080Tiを搭載したおすすめのゲーミングPCでした。4K144Hzディスプレの登場が待ち遠しいですね!

いや、今でもフルHDで200FPS超えのぬるぬる体験をしよう!

現時点でのベストディスプレイ

4K144Hzのディスプレイは今秋に発売予定とのことですが、現時点はこちらの曲面ディスプレイがベストチョイスです。

BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ ZOWIE XR3501 35インチ/21:9/2560×1080‎/144Hz/湾曲パネル

BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ ZOWIE XR3501 35インチ/21:9/2560x1080‎/144Hz/湾曲パネル
Amazonで詳しく見る

35インチ、曲面ディスプレイ、144Hz、解像度2560 x 1080、GTG 4msの応答速度、AMVA+パネル採用、Black eQualizer機能、フリッカーフリー、PIP(ピクチャーインピクチャー)搭載など、現時点では間違いなく、別次元のゲーム体験ができるディスプレイです。

BenQの曲面ディスプレイはLGなど、他メーカーのものよりもカーブが角度があるので、ほんと見やすいんですよね。安定のBenQクォリティです。曲面&144Hzで、ぬるぬるゲーミングを体験すると、ほんともう他には戻れなくなりますよ!

同シリーズのXL2540は、24インチながら240FPSという現時点で最高のリフレッシュレートを誇るモンスターディスプレイです。Amazonレビュー投稿数も80件を超える人気のディスレプレイ。迷っちゃいますね。
>>BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ ZOWIE XL2540 24.5インチ/フルHD/240Hz/1ms はこちら。
Amazonで詳しく見る

おすすめです。

関連情報リンク

GTX1080 Ti の2枚刺しが究極。欲しい・・・。

フルHD解像度でもGeForce GTX 1080が60fpsを割り込んでいるのだが、GeForce GTX 1080 Tiは、同じ条件で75fpsを記録している。

>>【レビュー】ゲーマーにとって“現実的な”ハイエンドGPU「GeForce GTX 1080 Ti」をテスト – PC Watch

ドスパラ、ほんとコスパ良いですね。
>>圧倒的性能 GTX1080を2枚搭載したPCがドスパラで販売開始に | Social VR Info – VR総合情報サイト

750Tiを2枚刺しという強者も。
>>CUDAでのGeforce GTX 750 tiの二枚刺しについて | Weblog Tech Nagoya

コスパはほんと良いのですよねえ。
>>【朗報】PS4Pro(4万円)の性能が凄い BF1を4k60fpsで遊べる超高性能 : BF1速報

Display接続必須。
>>GTX970で4k60fps表示は可能でしょうか?因みに4k60fps表示と言っ… – Yahoo!知恵袋

グラセフで4K60FPSは、ハイエンドグラボのSLIという2枚刺しを推奨。
>>【公式】PC版『GTA5』4K画質60fps動作の必要スペック(画像あり) : グランド・セフト・オート5写真大好きブログ!GTA5攻略情報ほか

PCベヨネッタ姉さんは4K60FPS対応。

SLIも消費電力などを考えると良し悪し。
>>GTX1080買うよりGTX1070 SLIにした方がいいと思いませんか? – ・SLIに対応して… – Yahoo!知恵袋

ニーアオートマタをGTX1080Tiで動かしたレビュー記事。HD画質なら60FPSは余裕だが、4Kとなると厳しそう。
>>ストレージにこだわってゲーミングPCを組んでみた、SSDはロード時間以外にも効果あり? – AKIBA PC Hotline!

「フルHD環境で240fpsが出せれば、4K環境では60fpsが出せる」とのこと。DisplayPort 1.2以上のケーブルがおすすめ。
>>4KモニターでPCゲーム、その前に注意しておきたいこと Text by 石田賀津男|ものテクアーカイブス|パソコン(PC)通販のドスパラ【公式】

「ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti AMP Extremeは・・・フルHDでは240fpsを上回って」すばらしい!
>>GPUクロックは2GHz超え、PCゲーム向け最高性能を狙うZOTACのGeForce GTX 1080 Ti AMP Extremeをテスト – AKIBA PC Hotline!

2017年5月25日時点では、4K144Hz対応のディスプレイが登場するのを、心待ちにしましょう。発売予定は2017年秋頃とか。
>>ASUS、27インチの4K・IPSモニタ「SWIFT PG27UQ」を発表。144Hz、HDR10、G-SYNC HDRに対応した最強モニタ : 理想ちゃんねる
>>[CES 2017]ASUSのゲーマー向けPC 2017年モデルは,垂直120Hz+G-SYNC対応ノートPCに注目。4K+HDR+144Hz+G-SYNCの「全部入り」液晶も期待だ – 4Gamer.net

ベンチマーク記事。
>>GeForce GTX 1080 Tiを試す – 「GTX 1080比で35%高速」のパフォーマンスを検証する (1) ついに「GeForce」でも登場したGP102 | マイナビニュース

オーバーウォッチ、フルHDなら、GTX1080Ti で 300FPSも問題なし。
>>オーバーウォッチ PC スペック 300 fps出るおすすめグラフィック設定とPCスペックとは

4Kでなくとも、フルHDで240Hzというディスプレイもあり。HDMI 2.0 ケーブルが必須なのは注意。
>>ネイティブ240Hz対応のBenQ ZOWIE製ゲーマー向け液晶ディスプレイ「XL2540」,国内発売決定 – 4Gamer.net

まとめ

2枚指しとまでいかなくとも、GTX1080Tiで画質を落とせば、ゲームによっては、4K60FPSを出せることがわかりました。

現状では、GTX1080Tiを搭載しつつ、144Hzの4Kディスプレイを心待ちにするというのがベターです。

沼にはまるぞー。

「4K60FPS」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
フリーのマーケター。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。アクセス解析を中心としたコンサルティングや設定、メディア運営に従事。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑