*

YouTube Live をAVerMedia AVT-C875で配信する方法と注意点

公開日: : 最終更新日:2019/07/16 ゲーミングデバイス , ,


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


ゲーム実況
実況やライブ配信やウェビナーをYouTube Liveでしよう。

こんにちは、ゲーム実況大好きカグア!です。

ちまたでは神キャプチャーデバイスと呼ばれていますAVerMedia AVT-C875 を購入しましたので、レポートします。YouTube Liveで配信できない、といったトラブルも解決しましたので、合わせて注意点もどうぞ。

>>人気の「avermedia」最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

>>人気の「実況 マイク」最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

追記:2016年12月24日 新機種についての情報を追加しました。

関連記事
>>【保存版】YouTubeライブ配信におすすめ機材11選とアプリまとめ
>>eスポーツ完全まとめ378選ゲームやプロゲーマー、Twitter他
>>NVIDIA Ultimate Festa 2016 でプロゲーマーを見てきた
>>グラボを取り付け!MHF等の温度を測定、古い自作PCで確認

AVerMedia AVT-C875とは

ゲームキャプチャーデバイスとは

AVerMedia(アバーメディア)は、キャプチャーデバイスを販売する世界的に有名なメーカーです。

なかでも、AVT-C875 は、簡単操作で高性能な配信を実現するキャプチャーデバイスとして人気です。一部では「神」キャプチャー、とも呼ばれているようですが、たしかにその簡単さには驚きました。

標準で、Twitch、YouTube Live、USTREAMなど、多くのライブ配信サイトに対応しています。

AVerMedia Live Gamer Portable AVT-C875 ポータブル・ビデオキャプチャーデバイス 日本正規代理店品 DV358 AVT-C875 | AVERMEDIA | 外付TVチューナー

AVerMedia Live Gamer Portable AVT-C875 ポータブル・ビデオキャプチャーデバイス 日本正規代理店品 DV358 AVT-C87
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

ライブ配信対応サイト

配信先

標準のキャプチャソフトであるRECENTRALを公式サイトからダウンロードし、インストールします。
>>ダウンロード|AVerMediaアバーメディア

  • Twitch
  • niconico
  • YouTube Live
  • USTREAM
  • HITBOX
  • カスタム

YouTube Liveで配信する方法

AVT-C875 キャプチャーデバイス専用ソフト「RECentral」をダウンロードしインストールしますと、上記の配信サイトに配信できます。配信先を選んだ後、OAUTH認証をしますと配信先サイトにログインでき、準備完了です。

実は、基本はこれだけでまったくOKです。ほんと簡単です。
>>ゲーム動画をPC経由でもPCなしでもキャプチャできてライブ配信までこなす「AVT-C875」を使ってみました – GIGAZINE

ゲーム機やPCとの接続方法

ゲーム実況するときに、マイクとともにBGMなどをミックスしたいときは、PC配信モードで行うと簡単です。ノートパソコンのようにそもそもディスプレイを持つ端末の画面を配信したいときは、AVT-C875にHDMI接続するだけです(下図)。
CIMG7029

ゲーム機の場合は、遅延があるため、AVT-C875に接続後、AVT-C875からのHDMIアウトからモニタ画面に画面出力をしますと、パススルー機能といって遅延なくプレイができます。
CIMG7022

前述のように、RECENTRALを起動し、キャプチャデバイスが認識されて、かつ配信サイトにログインできていれば、RECボタンを押すだけで配信が始まります。配信中はボタン周りのLEDがゆら~りと点滅しますので、認識可能です。
CIMG7032

ただ、ネット上にある情報と、現在の状況とまた異なっているため、混乱しているのが現状かと思います。結論から言いますと2016年7月11日時点では、YouTube Live を、AVT-C875で配信するには、Streaming Engineをインストールして、OBSをインストールして、OBSからYouTube Liveに配信、というのが最適解なのかな、と思っています。

YouTube Liveで配信できないとき

通常であればRECENTRALの標準機能で、配信できるはずなのですが、わたしは初回以降、どうもうまくオンラインになりませんでした。

そこで、OBSとStream Engineを使いましたら、YouTube Liveでうまく配信できましたので、紹介します。なんか、AVerMediaの公式サイトでは、Stream Engineがバージョンが古くて、いかにも最新のRECENTRALを使うのかな的なページの作りなので、ハマる人も多いんじゃないかと思うんですけど、どうなんですかね。

Stream Engine をダウンロードする

AVerMediaから、Stream Engine をダウンロードしインストールします。設定も標準的な状態でとくに、変える必要はありません。
>>AVT-C875|ゲームキャプチャー|AVerMediaアバーメディア

Stream Engine でAVT-C875を認識し、OBSでStream Engineからの映像を、実況サイトに配信する、という流れです。

OBS をダウンロードする

OBSとは、Open Broadcaster Software という無料のストリーミング配信アプリです。多くの配信サイトのストリームURLに対応しています。
>>Open Broadcaster Software – Index

Windowsであれば32bit版を使わないといけないのですが、2016年7月現在は、「Get OBS Classic 0.657」をダウンロードし、インストールしますと、自動的に 64bit版、32bit版の両方がインストールされます。スタートメニューから、起動時に32bit版を選ぶと良いです。
obs

YouTube Live のストリームキーを調べる

YouTube Live からストリーム名 / キーを調べます。クリエイターツールから、ライブストリームダッシュボードから調べます。
ライブ配信

このストリームキーを、OBSの配信設定で設定すれば、実はOKです。これだけです。

OBSの設定

デバイスの追加

OBSですが、ストリーミングソフトなので、どんな映像を配信するか、という配信元を追加しなくてはなりません。画面上で右クリックして「追加」を選びます。
OBS設定

ここではゲームデバイスではなく、ビデオデバイスを選びます。そうしますと、Webカメラなのか、AVerMediaなのかを選べます。上にある順に重ねあわせになります。

放送設定

ここで、先ほどのYouTube Liveのストリームキーを設定します。
OBSシーン設定

デバイス選択

LGP Stream Engineが選べるようになるはずです。解像度も標準のものを選べばOKです。
OBS設定ビデオ

Stream Engine側は変更不要

Stream Engine側の設定はとくに変える必要はありません。ネットの環境にもよるかもしれませんが、帯域などとくに気にする必要はありません。AVerMediaがエンコードして送信してくれますので、負担は限りなく少ないからです。

YouTube Live配信してみた

というわけで、とりあえず超テストなんですけど、画面の中に、Webカメラを入れて配信できているはずです(PinP、ピクチャーインピクチャー)。AVerMediaを使いますと、ほんと簡単にストリーム配信ができますので、出費は必要経費だと思いますよー。

限定公開など詳細設定をするには

イベントとして、日時設定してから配信しますと、非公開や限定公開が可能になります。そのとき、ストリームキーやストリームURLが都度都度変わりますので、設定はこちらをご覧ください。とても詳しく書いてあります。ありがとうございます!
>>YouTubeLiveが使えるようになったのでOBSでこっそり試してみた | まぽろぐ

関連情報リンク

とりあえず神解説。
>>VIPで初心者がゲーム実況するには@ Wiki – トップページ

接続などの公式Q&A。
>>AVT-C875|ゲームキャプチャー|AVerMediaアバーメディア

4gamerのレビュー。とにかく便利ですよ。
>>ゲーマー向けのビデオキャプチャデバイス「AVT-C875」レビュー(前編)。HDMIにも対応したPCレス録画ツールの実力を検証する – 4Gamer.net

ドスパラ、やりますねー。
>>ASCII.jp:購入してすぐゲーム実況配信! AVT-C875動確済みノートPC

HDMI出力があれば大丈夫なので、ノーパソの実況はほんと便利ですよね。
>>VITA TVは持っていないのですが パソコンでゲームの撮影するときに 画像の「AVT-C875」 – 携帯・スマホゲーム [締切済 - 2016/06/20] | 教えて!goo

キャプチャーが撮れる、という点ではライターにも超便利。
>>【ミニレビュー】ライター業が捗るお手頃HDMIキャプチャ「AVT-C875」 – AV Watch Watch

まとめ

AVT-C875 を買って、今までの苦労は何だったのだろうーというくらい簡単なのに、ほんと驚きました。

AVerMedia Live Gamer Portable AVT-C875 ポータブル・ビデオキャプチャーデバイス 日本正規代理店品 DV358 AVT-C875 | AVERMEDIA | 外付TVチューナー

AVerMedia Live Gamer Portable AVT-C875 ポータブル・ビデオキャプチャーデバイス 日本正規代理店品 DV358 AVT-C87
Amazonで詳しく見る

AVerMedia Live Gamer Portable 2 AVT-C878 ゲームの録画・ライブ配信用キャプチャーデバイス DV422 | AVERMEDIA | TVチューナー・キャプチャーボード

AVerMedia Live Gamer Portable 2 AVT-C878 ゲームの録画・ライブ配信用キャプチャーデバイス DV422 | AVERMEDIA | TVチューナー・キャプチャーボード
Amazonで詳しく見る

2016年12月24日現在では、新機種も登場しています。若干機能は異なるようなので、価格と相談して買いましょう。

ここまで簡単ですと、どうやって実況しようか、というコンテンツや企画の方に専念できてる自分がいました。ほんと、AVerMediaさんには感謝です。

中継や実況はリアルタイムな共有やライブ感が味わえて、配信者も参加者も発見があり、ほんとおすすめです。ぜひ、みなさんも試されることをおすすめします。

そんなとき、AVT-C875は超お役立ちすると思いますよ!

「ヒーウィーゴー。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑