*

Amazonショッピングアプリの便利な使い方と完全版について

公開日: : 最終更新日:2017/04/27 ゲーム・アプリ , , , ,


LINE facebook twitter g+
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

Amazonショッピングアプリ
Amazonショッピングアプリは、タイムセールの通知を出せたり、音声検索ができたりと便利なアプリです。

こんにちは、Amazon大好きカグア!です。

本記事ではAmazonショッピングアプリの使い方を解説致します。あと、完全版と呼ばれるアプリもありますので、そちらも紹介します。

関連記事
>>ゲームパッドをマウスの代わりにコントローラーとして設定した
>>ディズニーシー混雑時13アトラクションの楽しみ方と神アプリ
>>新しくなったGoogleマップアプリの使い方2017
>>マリオラン早速プレイしたらゴール手前でww動画と画像13枚

Amazonアプリとは

ショッピングを便利に

Screenshot_20170310-125122

Amazon ショッピングアプリは、こちらからダウンロードしてインストールできます。
>>iOS版(iPhoneなど) App Store
>>apk版 Amazon アプリ完全版
>>Android版 Google Play

Amazonでのショッピングを効率化してくれたり、便利な機能があったりとダウンロードしておくと便利です。

Amazonアプリの使い勝手

Amazonショッピングアプリでは、ブラウザベースのAmazonと同様に、便利にお買い物ができます。

機種変更

再びサインインし直せば、ユーザー情報や履歴を引き継ぎます。

ログアウト

三本線メニュー>設定>xxxさんではありませんか?からサインアウト(ログアウト)できます。

カスタマー

三本線メニュー>カスタマーサービス から、希望の問い合わせ内容を進んでいきますと、じつはAmazonからすぐに電話を折り返してくれる画面が出てきます。
Amazonアプリ

PCやブラウザでも対応はしていますが何気に便利です。

おすすめ便利な使い方

基本的な使い方

一般的なショッピングアプリのように、検索や購入、履歴の保存などができます。
Amazonショッピングアプリ

今回は便利な機能として、三本線メニューと、マイク、カメラについてご紹介します。

音声認識をさせて検索できる

Amazonは音声でも商品検索ができます。ささやく程度の声でもはっきりしていれば十分認識します。
Amazonアプリ

音声が認識できなかったときは、再度入力を要求されます。また、認識した単語で複数候補があるときは、サジェストのように候補を表示してくれます。そこで望む検索フレーズをタップすれば、検索画面に進みます。

今後は、音声のみで同時にカテゴリー絞込みができるようになるといいですね。「アマゾン 本カテゴリーで絞込」みたいな。

気になった商品が保存できる

商品の検索結果で、気になった商品があれば、長押しをして画面下にドロップすると保存できます。
Amazonアプリ

具体的には画面下にメッセージが表示されますので、それにしたがってドロップすればOKです。リストとして見たいときは、保存エリア右のメニューから表示できます。
Amazonショッピングアプリ

これじつは「保存と比較」という欲しいものリストを自動的につくってくれる機能なのですね。考えましたねー、なるほど。

カメラからバーコード認識できる

検索窓のカメラボタンをタップ。商品についているバーコードを認識して検索してくれます。
Amazonアプリ

人の顔でもバーコードを必死に探そうとして健気です。別のカメラアプリみたい。
Amazonアプリ

ちなみに、Googleの画像検索でバーコードっぽい似たような線だらけの画像をスキャンしてみましたが、さすがにダメでした。優秀。

タイムセールの通知も設定できる

三本線メニューからタイムセールを選べます。通知を設定しておけば、タイムセール開始を逃しません。
Amazonショッピングアプリ

また、カスタマーサービスからは、商品の返品やAmazonプライムの管理などをできます。電話によるカスタマーサービスの対応は24時間です。凄いですね。

ショッピングをもっと便利にしたいで、試されていない方はぜひ、インストールしてみてはいかがでしょうか。

おすすめですよ。

Amazonアプリ完全版とは

さて、Google検索で「Amazonアプリ」と検索しますと、何気にAmazonのサイトが上位表示されます。じつはこちら、ショッピングだけでなく様々なAmazonのサービスも利用できるまさに「完全」なAmazonアプリです。

Amazonアプリ完全版と書かれたアプリが、Amazon独自ページで紹介されています。
Amazonアプリ完全版
>>「Amazon アプリ完全版」はこちら。
Amazonで詳しく見る

これは、Amazonストア内アプリやプライムビデオなど、ショッピングにとどまらない完全な機能を提供するアプリです。

ただ、なぜGooglePLAYで配信していないのかとサポートに聞いてみたところ、こちらがその完全版らしいです。
>>Amazon タブレットアプリ – Google Play の Android アプリ

ただインストールしようとしますと「お使いの端末ではご利用できません」となりますので、上記のサイトからapkファイルをダウンロードしてインストールしてくださいね、ということらしい。なるほどです。同時にAmazonアプリストアアプリのショートカットもホームにインストールされます。

実際インストールしてみましたが、メニュー等は増えてたしかに完全の名にふさわしい画面になっています。ただ、ショッピングアプリよりは容量は大きいとのこと。どちらか気に入ったほうを使えば良いそうです。

気になった方はインストールされてみてはいかがでしょうか。

お疲れ様でした。

関連情報リンク

Kindle Reading Book - Credit to https://homethods.com/
Photo:license by 146625745@N08

Amazonアプリストアはレビューが読みやすいですよね。
>>Amazonアプリストアで買えるおすすめ有料アプリ16選 | おっさんの放課後

Amazonアプリストアでモンストもダウンロードできます。
アプリストアで見る

ログアウトはサインアウトをすればOK。
>>amazonのサインイン画面、サインアウトは?スマホのログアウト方法 | 通販 おしえて.com

AmazonもAIをキャッチアップしていきます。
>>Amazon、Google、IBM、Microsoftが公開する、AIを使うための「API」「ライブラリ」「実行環境」一覧 – ITmedia NEWS

エンジニア向け。
>>Amazon Aurora 事例祭り(20170307)に行ってきたメモ · Hori Blog

すべては予想外。
>>Amazon S3ダウンの原因、コマンドの入力ミスで多数のサーバを削除。サブシステム再起動に時間がかかり障害が長引く。AWSの報告を読み解く - Publickey

物流の課題は多い。
>>Amazon愛用者は「クロネコメンバーズ」に登録してクロネコヤマトさんのお手伝いをしよう! – あれこれやそれこれ

より安全に。
>>Amazonが2段階認証に対応、住所・電話番号・クレジットカード情報を強固に守るべく試してみました – GIGAZINE

圧倒的な商品点数の先に。
>>楽天市場で買ったのにAmazonから商品が届く、「アマゾン転売」を楽天が禁止へ!言わばAmazonを使ったドロップシッピングです。 – クレジットカードの読みもの

日本でもダッシュボタンの次にHOMEも来るのでしょうかね。
>>週末スペシャル – これはすごい!分解とパケット解析で分かったAmazon Dash Buttonの「本気度」:ITpro

まとめ

Amazonのこれからも本当に楽しみですね。物流界隈ではさまざまな課題もありそうですが、単純にテクノロジー企業としても興味深いですよね。

アマゾンと物流大戦争 (NHK出版新書) | 角井 亮一

アマゾンと物流大戦争 (NHK出版新書) | 角井 亮一 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで詳しく見る

GooglePlay でもAmazonのベータ版のアプリがあって、気になっています。いったいどんなアプリになるのですかね。

便利にショッピングしたい人、おすすめですよ。

「アマゾンー。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
フリーのマーケター。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。アクセス解析を中心としたコンサルティングや設定、メディア運営に従事。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑