*

おすすめ短焦点プロジェクターEB-535Wレビュー画像33枚他11機種

公開日: : 最終更新日:2017/12/31 端末・PC関連 , , ,


LINE facebook twitter g+
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

短焦点プロジェクターEB-535W
ゲームを思い出写真を大画面で見てみたい!そう思いたって短焦点プロジェクタを自腹レンタルしてきました。エプソンの短焦点プロジェクタEB-535Wです。

こんにちは、ゲーム大好きカグア!です。大画面でのゲームや映像はド迫力で、大型テレビとも違いました。

本記事では、おすすめ短焦点プロジェクタとして、エプソンの短焦点プロジェクタEB-535Wを紹介し、その他用途別に比較し他のおすすめ機種もピックアップしてみました。

>>人気の「短焦点 – プロジェクター」最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

関連記事
>>4Kディスプレイおすすめ9機種 価格 PS4 ゲーム PC
>>曲面ディスプレイおすすめ14機種 湾曲 ゲーム メリット
>>SONY XB10 レビュー モバイルBluetoothスピーカーの完成形は防水&NFC

短焦点プロジェクタEB-535Wレビュー

EB-535Wの外観と大きさ

短焦点プロジェクタは、100インチサイズを映すのに3m必要だったところを、1mなど短い距離で映せるプロジェクタです。例えば今回紹介しますエプソンのEB-535Wでは公称83cmの距離で80インチサイズを投影でき、オフィスや学校で人気です。
>>ビジネスプロジェクター EB-535W|製品情報|エプソン

EPSON 短焦点プロジェクター EB-535W 3, 400lm WXGA 3.7kg デスクトップ型超短焦点 | エプソン | データプロジェクター 通販

EPSON プロジェクター EB-535W 3,400lm WXGA 3.7kg デスクトップ型超短焦点
Amazonで詳しく見る

大きさは、344×315×94mm と比較的大きい、どっしりとした存在感です。実際の同梱品は、 ACケーブル、ミニD-Sub 15pinRGBケーブル、リモコン/リモコン電池、レンズカバー、取扱説明書、CD-ROMです。
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

存在感としてはこんな感じ。モバイルはさすがに難しいですね。後ろの点々の丸はスピーカーです。HDMI接続ですとここから音声が聴こえます。
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

リモコンは比較的大きめで、ボタン類がたくさんあります。天井吊るしも想定して使い勝手優先なデザインです。
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

本体ボタン類はシンプルな構成。
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

入力は豊富です。ミニD-Sub15pin、RCA、S端子、HDMI、音声入出力、マイク、RS-232C端子(プロジェクター制御用)、USB端子タイプB(USBディスプレイ用、プロジェクター制御用)、RJ45端子(ネットワーク用)、USBストレージ用など。
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

高さ調節は手前がひっかけるタイプ、後ろ足が回して調整するタイプです。
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

排気は本体右にあります。比較的大きなファンですが、アイドリング時などは気になりませんが、起動時などは比較的音がします。
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

こちらがワイド短焦点レンズ。迫力ありますね。傷つけないようにしましょう。
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

だいたいのサイズ感はこんな感じです。比較的どどーん、と存在感のある大きさですので、普段から卓上に置いておくというよりは、都度出してくるか、天井吊り下げが多くなるかと思います。
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

短焦点プロジェクタの映像の大きさや画質

では早速、投影してみましょう。6畳の部屋で約1.6mあけて、白い壁に投影してみます。
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

どーん!
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

見て下さい!この大画面。65インチテレビの横サイズが1.5mくらいですから、その大きさがわかるかと思います。言葉も出ない圧倒的映像が押し寄せてきます。
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

液晶4Kテレビが5万円台の時代において、プロジェクタの存在意義はここだ!と言わんばかりの圧倒的大画面!(なんか映してる画像が微妙なのはおいといて下さい)
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

プロジェクタの存在意義って、あとベゼルがないことですよね。短焦点プロジェクターなら2台で投影して、さらに迫力ビジョンもできるというメリットもあります。液晶ディスプレイですと、どうしても3画面にして真正面にはベゼルが無いようにしないと、没入感が下がっちゃうんですよね。

EB-535WはフルHDではありませんが、ここまで大画面になりますと、細かなことは気にならなくなります。近くで撮ってみましたが、このくらい滑らかですよ。
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

ゲームなど圧倒的大画面を堪能した

もはやここまで巨大な映像ですと、どんなものを映し出してもその迫力がすべてに勝ります。
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

とりあえずマイクラやってみました。もうVR空間に入ってる感じです。
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

レーシングゲームも臨場感たっぷりです。
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

Googleマップの3Dモードで俯瞰ビューでぐりんぐりんしてます。雲爺になった気分です。子供もはしゃいでいました。
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

※「雲爺」とは空からの地上を眺める空中散歩バラエティの登場キャラの一人。
>>空から日本を見てみよう | テレビ東京
雲爺

しばらく時を忘れます。Googleストリートビューで妄想旅行もし放題です。
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

外部スピーカーで臨場感を高める

エプソン短焦点プロジェクタEB-535Wには音声出力もありますので、やはり音声は別途スピーカーを用意して、クリアな音質で楽しみたいものです。
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

私は、以前もレビューしましたソニーのXB10を繋いでみました。もう全然違いますね。Amazonプライムビデオを見ても、没入感が違います。おすすめ。

40インチテレビがこれくらいですから、もう全くの別世界ですね。
エプソン短焦点プロジェクタEB-535W

EB-535Wの価格と口コミ

エプソンEP-535Wの価格は、2017年11月時点でおおむね税込み13万円弱といったところです。短焦点プロジェクタで3000ルーメンクラスですと、相場の価格帯と言えます。こちらの一覧でも10万円前後の価格が中心となっています。
>>価格.com – 短焦点のプロジェクタ 人気売れ筋ランキング

やはり短焦点という投影距離の短さに満足する口コミや評価が多いです。
>>価格.com – EPSON EB-535W レビュー評価・評判

短焦点プロジェクタを買うメリット

おわかりいただけたとおり、10万円超えの短焦点プロジェクタは、その圧倒的存在感が最大の魅力です。そして、さらに大事な点は、使わないときはしまえる、ということです。

例えば、6万円の65インチ4Kテレビを2台買ったとしましょう。たしかにサイズだけ見れば同等の迫力は得られるかもしれません。しかし、使わないときはそこにドーンと鎮座しているのです。日本の住宅事情からしますと、これはまず難しいですよね。

値段こそ4Kテレビを上回りますが、短焦点プロジェクタはその輝きを今後も失わないと思いました。みなさんも、機会があればぜひ検討してみて下さい。おすすめです。

EPSON プロジェクター EB-535W 3, 400lm WXGA 3.7kg デスクトップ型超短焦点 | エプソン | データプロジェクター 通販

EPSON プロジェクター EB-535W 3,400lm WXGA 3.7kg デスクトップ型超短焦点
Amazonで詳しく見る

その他おすすめ短焦点プロジェクタ

短焦点プロジェクタの選び方や価格

画質・投影方式・解像度など選び方のポイント

短焦点プロジェクタは、その特徴から選び方にもポイントがあります。大きさはどれも比較的大きいため、形以外の、以下のような点がポイントになるかと。
短焦点プロジェクタEB-535W

  • 明るさ(ルーメン)
  • 反射型か広角レンズ型か
  • 投影方式(3LCD、DLP)
  • 解像度(フルHDかそうでないか)

明るさはルーメン、投影方式にも特徴がある

ルーメンは明るさの単位です。大きければ大きいほど明るい部屋でも見られます。一般的なビジネスプロジェクタで、部屋を暗くせず明るい状態で見るときには、投影距離にもよりますがビジネス文書の投影であれば3000ルーメンくらいで十分に見られます(動画などの暗い場面など濃淡を必要とする映像はやはり暗いほうが良いですが)。
投影距離と明るさ

投影方式では、DLP方式のほうが安価に製造できるメリットがありますが、3LCD方式のほうが細かな色再現力では勝るなど、それぞれ特徴があります。

安いだけで選ばない、短焦点プロジェクタは投影距離もチェック

短焦点プロジェクタはより近くで投影するために映像を広げます。前述のように距離が遠くなればなるほど光は減衰します。そもそも光を広げて近い距離で投影ている短焦点プロジェクタは、そもそも光のビームを遠くに飛ばす設計になっていません。
>>投写距離比較一覧|ビジネスプロジェクター|製品情報|エプソン
推奨距離

短焦点プロジェクタは遠くに設置して映すことを推奨していないモデルもあります。用途とスペックを必ず確認して購入しましょう。

ちなみに、1000ルーメン程度の明るさであれば10万円を切るプロジェクタもありますが、3000ルーメン、もしくはフルHD対応解像度対応となりますと、10~20万円というのが相場という感じです。値段は解像度と明るさにほぼ連動していると言って良いでしょう。

短焦点プロジェクターの比較

短焦点プロジェクタは、必要とされる技術が高いため、価格と性能はほぼ比例しています。比較表にしてみますと、反射型にするか広角レンズ型にするかがポイントの1つであることがわかります。
短焦点プロジェクタの比較

価格については、中央に位置します広角レンズグループでも、じつは3LCD方式なのかDLP方式なのかで変わってきます。ビジネスよりのコントラストがよりはっきりと出るDLP型のほうが比較的安価ではありますが、3LCD方式のほうが微妙な色再現に優れていて、好みや用途にあうほうを選びましょう。

今回おすすめとさせて頂いたエプソンEB-535Wは3LCD方式で、映画鑑賞やホームシアターなど、映像表現を楽しみたいかたにおすすめの短焦点プロジェクタです。いっぽう価格重視というかたには、Acer H6517ST がおすすめで、EB-535Wよりは少し安い価格帯でフルHD対応です。DLP方式であることや音声出力がないという点を考慮しても、あまりある魅力と言えます。

また、短焦点プロジェクタはその映像の広がりから、3LCDでもDLPでもルーメン(明るさ)が理論値の3分の2程度になることに注意しましょう。とくに反射型で比較した場合、その元々の明るさの差異もあり、用途によって最適なものがどれなのかじっくり考えることが重要です。なにげに解像度も違いがありますよね。
反射型

短焦点プロジェクタを比較するとき、明るさや投影距離だけでなく、どういう用途で利用したいのかという視点でレビューを読み込むことがおすすめです。

安い!更に超短焦点!他おすすめ10機種

プロジェクタはルーメンの計測方法などが、一部の機種では明らかに違う数値で書かれている出品もあるため、有名ブランドのメーカー品を買うのがおすすめです。レビューをよく読んで検討してください。例えば「フルHD対応」はフルHDを出力できるわけではないなど注意が必要です。

そこで、前述のEPSON以外のおすすめ短焦点プロジェクタをピックアップしてみました。それぞれ特徴があって用途に合わせて選べることがわかるかと思います。

>>人気の「短焦点 – プロジェクター」最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

LG PF1000UG LED 超短焦点 プロジェクター(寿命約30, 000時間/フルHD/1000lm/1.9kg) | ホームプロジェクター 通販

LG PF1000UG LED 超短焦点 プロジェクター(寿命約30,000時間/フルHD/1000lm/1.9kg)
Amazonで詳しく見る

反射型の超短焦点プロジェクタ。ルーメンこそ低いもののフルHD対応。とにかく超短焦点がおすすめポイント。

BenQ プロジェクター MW632ST 短焦点モデル (DLP/WXGA/3200lm/2.6kg) | ベンキュージャパン | データプロジェクター 通販

BenQ プロジェクター MW632ST 短焦点モデル (DLP/WXGA/3200lm/2.6kg)
Amazonで詳しく見る

ディスプレイでも定評のあるBenQの短焦点プロジェクタ。広角タイプのWXGA 1280 x 800 ながら安い値段が魅力。

SONY VPL-SW235 短焦点液晶ワイドデータプロジェクター WXGA 3000lm

SONY VPL-SW235 短焦点液晶ワイドデータプロジェクター WXGA 3000lm
Amazonで詳しく見る

WXGA出力のソニーブランドの短焦点プロジェクタ。おしゃれなデザインが素敵。

Acer プロジェクター H6517ST 短焦点フルHD/DLP方式/3000lm/2.5kg | 日本エイサー | データプロジェクター 通販

Acer プロジェクター H6517ST 短焦点フルHD/DLP方式/3000lm/2.5kg
Amazonで詳しく見る

フルHD対応の短焦点で7万円台という価格が魅力(2017年11月時点)のエイサーのDLPプロジェクタ。エイサーはゲーミングディスプレイなどでも定評のあるメーカーです。

BenQ プロジェクター MH856UST 超短焦点モデル (DLP/WUXGA/3500lm/5.0kg/電子黒板キット対応) | ベンキュージャパン

BenQ プロジェクター MH856UST 超短焦点モデル (DLP/WUXGA/3500lm/5.0kg/電子黒板キット対応)
Amazonで詳しく見る

BenQの反射型でコスパの良い短焦点プロジェクター。解像度1920×1200でフルHDにも対応し、3500ルーメンで明るい。

LG PH450UG 超短焦点 バッテリー内蔵 LEDプロジェクター(寿命約30, 000時間/HD/450lm/1.1kg) | 安い | ホームプロジェクター 通販

LG PH450UG 超短焦点 バッテリー内蔵 LEDプロジェクター(寿命約30,000時間/HD/450lm/1.1kg)
Amazonで詳しく見る

ルーメン数は450mlと少ないですが、何と言ってもモバイルバッテリー内蔵で動作し、超短焦点というのもおすすめです(ルーメンが低いためあまり離すと光が薄くなるというのもありますがこの小ささは神ですね)。

ソニー SONY プロジェクター ポータブル/超短焦点/バッテリー・スピーカー内蔵 LSPX-P1

ソニー SONY プロジェクター ポータブル/超短焦点/バッテリー・スピーカー内蔵 LSPX-P1
Amazonで詳しく見る

ソニーのモバイル短焦点プロジェクター。バッテリー内蔵でスピーカーもソニー品質の、リビングに馴染むデザインで人気です。1366 x 768 画素、100 lm、3LCD方式。ちょっと暗いところに注意。

ソニー 4K対応 超短焦点プロジェクターSONY VPL-VZ1000 | ソニー(SONY) | ホームプロジェクター 通販

ソニー 4K対応 超短焦点プロジェクターSONY VPL-VZ1000
Amazonで詳しく見る

こちらもソニー。短焦点プロジェクタの最高峰、お値段約200万円。大画面で4K解像度はまさにプロ向け。一度見たら吸い込まれること間違い無し。断然画質重視のかたに、おすすめの一品。

リコー RICOH PJ WX4241N | リコー | データプロジェクター 通販

リコー RICOH PJ WX4241N
Amazonで詳しく見る

全面にポート類があり、学校など利用シーンによっては有益な短焦点プロジェクタ。

学校での利用シーン。教卓に置いて黒板に投影して80インチのサイズ。投影距離1cmあたりで1インチというのが、広角レンズタイプの短焦点プロジェクタの目安と言えそうです。

リコー RICOH PJ WX4152NI | リコー | デスクトップ 通販

リコー RICOH PJ WX4152NI
Amazonで詳しく見る

リコーの反射型・超短焦点プロジェクター。3台天井から吊るしてウルトラワイドな演出などにも便利です。

オプトマ フルハイビジョン3D対応 超短焦点 DLPプロジェクター EH320UST | ホームプロジェクター 通販

オプトマ フルハイビジョン3D対応 超短焦点 DLPプロジェクター EH320UST
Amazonで詳しく見る

フルHD対応で反射型で4000ルーメンという最大級の明るさです。31cmの投写距離で100インチという投影距離の短かさは反射型の最大の魅力ですね。ご紹介した機種のなかで最も高額ですが値段だけのことはあります。

短焦点プロジェクタはかつてはとても高額だったものですが、手に届く価格帯に来ました。また用途に応じてバリエーションも増え、選びがいのある市場に成熟してきました。

ホームシアターや投影距離の短く場所をとらない大画面が気になっているかたは検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめです。

>>人気の「短焦点 – プロジェクター」最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

関連情報リンク

単焦点はいろいろなところで活用できます。高いだけありますよね。
>>ASCII.jp:エプソン、電子黒板機能付き短焦点プロジェクターなど3製品

短焦点プロジェクタの最高峰、ソニー4Kプロジェクタ。さすがにこれは凄いです。
>>200万のソニー4K超短焦点プロジェクター「VPL-VZ1000」体験しました。 – YouTube

各メーカーで機種と距離と投影サイズの表がありますので購入前には必ずチェック。
>>投写距離シミュレーター|ビジネスプロジェクター|製品情報|エプソン

スマホのバッテリーをこれで供給しつつ、プロジェクション!
>>サンコー、4,000mAhのモバイルバッテリとしても使える充電式プロジェクタ | マイナビニュース

これは欲しい。
>>寝室を最高のエンタメ空間にする、プロジェクター内蔵シーリングライト「popIn Aladdin」 | ギズモード・ジャパン

ソニーの小型短焦点プロジェクタ。
>>ソニーの“ひと味違う”ポータブル超短焦点プロジェクター、「LSPX-P1」と「Xperia Touch」をガチ比較! (1/3) – ITmedia LifeStyle

業務用だとこのスペック。76cmで150インチ!
>>ニュース – シャープ、レーザー光源を採用した法人向け超短焦点プロジェクター:ITpro

さらに2018年、いよいよ 8K HDR が登場。業務用とはいえこれは胸熱ですね。
>>世界初、レーザー光源8K DLPプロジェクタをアストロデザインらが開発。HDR/HLG対応 – AV Watch

これは欲しい。
>>Sponsored by popIn : プロジェクター付きシーリングライト「popIn Aladdin」。子供の知育だけじゃない大人も楽しめる魔法のランプだった

まとめ

広角レンズ型の短焦点プロジェクタを試しましたが、想像以上に大画面に出来てひさしぶりにテンションが上りました。

EPSON EB-535W はフルHDでないながらも、3LCDの発色の良さで写真の自然なグラデーションも見ごたえがあり、コスパは高いと思いました。

日本の住宅事情では短焦点はニーズがあると思いますので、これからも魅力的な機種が出そうですね。要注目。

「短焦点プロジェクタ。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
フリーのマーケター。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。アクセス解析を中心としたコンサルティングや設定、メディア運営に従事。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人として出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑