*

タフなエリートの秘密とは『「レジリエンス」の鍛え方』感想レビュー

公開日: : 最終更新日:2015/12/24 書籍(電子書籍)


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天



増税前の大放出!9/23 23:59まで
セールを詳しく見る

tiger-585856

人材工場P&Gの凄さ。

レジリエンスとは

レジリエンスとは、精神的なタフネスのことです。

もはや単なるエリートでは、変化の早い競争環境では勝ち続けられないことを、誰しも実感しているはずです。

どんなことがあっても、へこたれない心と、仮に折れてしまってもすぐに立ち直れる復元力という強さを兼ね備えた人が、本当のエリートであると著者は語っています。

そもそも世界中からエリートが集まり、ものすごい倍率を勝ち抜いた人材が入社し、世界中の競争にもまれ成果を出していく。そんなスーパーエリートたちは、折れにくいメンタルがあるからこそ、その責任をまっとうできるのです(実際、P&Gの役職に付きますと、世界中からヘッドハンティングの声がかかるそうです。それも「いつかその時が来たら思い出してくださいね」という気遣いされるほどの待遇だとか)。

しかし本書は、肩肘張らず誰にでも習得可能なノウハウとして、レジリエンスを紹介しています。

レジリエンスの身につけ方をわかりやすく解説

「うまくいっている人を観察する」「目をつむって呼吸に集中する」など、具体的なノウハウも書かれています。読者目線でわかりやすく、その身につけ方を解説しています。

そして、本文で何度も強調されていることが、「レジリエンスはポジティブシンキングではない」ということです。ポジティブシンキングと言われると、物怖じしてしまう人もいるのではないでしょうか。私もどちらかというと、ネガティブシンキングなほうなので、このくだりには救われる気がしました。

復元力と表現されていますが、レジリエンスは折れにくくすることも大事なのですが、凹んだこともしっかり受け止めて、どうやったら復元するのか、というところまで紹介されているのです。

私たちの身のまわりには、変えられないもののほうが多いはずです。そんななかでは、精神的に凹まないことはありえません。しかし、その確率を減らし、かつ復元するスピードをあげることができれば、そのぶん前進することに費やせるはずです。

著者の多くの指導経験に裏打ちされた文章は、きっと誰にもすんなりと入ってくるのではないでしょうか。

著者は元P&G、その責任に鍛えられた

著者である久世浩司氏は元P&Gだそうです。P&Gは人材工場ともよばれているそうで、たしかに、あのベストセラービジネス書の著者も元P&Gでしたね。

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか? | 森岡 毅

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか? | 森岡 毅 | 本 | Amazon.co.jp
Amazonで詳しく見る

USJの森岡氏もそうとうタフネスです。本文中でも、アイデアが思いつかなくても、現場で軋轢(あつれき)が生まれようとも、折れない心と精神で、アイデアを現場に説き新事業を成功させてきました。

成功するリーダーは、自分が折れないというレジリエンスが、その戦略の意図や狙いをチームに説くパワーにあふれているのです。それこそが成功の確率を高めます。

『「レジリエンス」の鍛え方』の著者は、結果的にパワーネゴシエイターとも言えるかもしれませんが、本書に書かれている具体的なレジリエンスの身につけかたで、読了後にはあなたもきっとタフネスになっているはずです。

世界のエリートがIQ・学歴よりも重視! 「レジリエンス」の鍛え方 | 久世 浩司

世界のエリートがIQ・学歴よりも重視! 「レジリエンス」の鍛え方 | 久世 浩司 | 本 | Amazon.co.jp
Amazonで詳しく見る

児童心理 2016年 01 月号 [雑誌]

児童心理 2016年 01 月号 [雑誌] | 本 | Amazon.co.jp
Amazonで詳しく見る

「ぽわんぽわんしててゴメンナサイ。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑