*

AIや人工知能とはを考えるおすすめ教養本やビジネス書31冊

公開日: : 最終更新日:2018/08/06 書籍(電子書籍) , , , , , , ,


LINE facebook twitter g+
B! pocket Evernote 楽天


【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

人工知能:本
AIや人工知能という言葉を様々な場所で聞くようになりましたね。教養として人工知能とは何かを考える本でおすすめをまとめました。

こんにちは、テックやガジェットカグア!です。

本記事では、おすすめの人工知能本をご紹介します。私の業界にもAIがどんどん入ってきていますので自分ごととして調べました。2018年3月16日時点でのAmazonレビュー投稿数と評価を軸にまとめています。

>>人気の「Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: 人工知能 の中で最も人気のある商品です」最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

>>人気の「人工知能: 本」新着順の最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

おすすめ一覧をすぐ見る

関連記事
>>グーグルホームおすすめ便利な使い方5操作とカスタマイズ設定
>>PHP入門おすすめ本11冊2018年版 初心者 基本 辞書 ドリル
>>今どきのJavaScriptが勉強できる本!おすすめ書籍の感想
>>文章力を上げるオススメの書籍15冊

人工知能とは

IT関連の仕事をしていますとAIや人工知能といったニュースを聞かない日はありません。実際わたしも人工知能にお世話になっています。
人工知能と格闘してる

人工知能という言葉について一旦整理しますと、以下のようになるかと思います。人工知能といってもいろいろあるのですね。

機械学習やディープラーニングの違い

人工知能

昨今の人工知能、AIブームでは、後述のディープラーニング、ビッグデータ、IoTなどセンサーなどの技術向上が実現し、より精度を増したアウトプットを指すことが多いようです。

機械学習

学習能力をコンピュータで実現する技術の総称です。データマイニングなど分類や様々なアルゴリズムによって解析されます。

ディープラーニング

機械学習の手法の1つ。パイソンというプログラミング言語では多くのフレームワーク(手法)が存在します。2006年頃の発明とされているようです。

ビッグデータ

学習環境で必要とされる多くのデータをそのままの状態で収集・解析するなどの技術。かつてはサンプリングと言って一部から推測する統計的手法がありました。

シンギュラリティ

技術的特異点。2045年問題とも呼ばれ、その頃にはAIによる知性総量が人類を上回るとする考え方です。

人工知能>機械学習>ディープラーニング、といったイメージなのかなと思います。

私に身近なインテリジェンス

私が仕事にしていますウェブサイトの分析などではすでに、Googleが開発したAIがインテリジェンスとして組み込まれています。以下のようにアプリで簡単にわかります。
GoogleのAI

Googleの圧倒的なビッグデータを使い人工知能が、ウェブサイトの分析や運営のアドバイスをしてくれます(2018年3月16日時点では英語のみ対応)。人工知能が私たちの仕事に影響を与えている事例ですね。

実際、私の周りの仕事もずいぶんと変わりました。これからもどんどんと入ってくると見込んで、自分なりの働き方や生存戦略を考えているといったところです。

さて今回は私のそんな実体験や話題性などから、おすすめの人工知能の本を探しまとめましたのでご紹介します。本を書いたこともある経験からもおすすめポイントをまとめます。

人工知能おすすめ本

話題のおすすめ本

人工知能の核心 (NHK出版新書 511) | 羽生 善治, NHKスペシャル取材班, 羽生善治

人工知能の核心 (NHK出版新書 511) | 羽生 善治, NHKスペシャル取材班, 羽生善治
Amazonで詳しく見る

  • 羽生名人への取材をNHKが編集した安定感
  • わかりやすい文体と構成で読みやすい
  • 放映された映像からさらに情報を追加

あの羽生名人が人工知能について語った書籍。NHKの編集構成ということもあり、より読みやすい内容になっています。Amazonレビュー投稿数も30件を越え口コミ評価も4.2(2018年3月16日時点)という人気本です。

AIが人間を殺す日 車、医療、兵器に組み込まれる人工知能 (集英社新書) | 小林 雅一

AIが人間を殺す日 車、医療、兵器に組み込まれる人工知能 (集英社新書) | 小林 雅一
Amazonで詳しく見る

  • 著者は情報セキュリティの第一人者
  • 自動運転、医療、兵器の分野で検証
  • 人工知能は万能ではない

ジャーナリストでもある著者が、セキュリティの側面から各分野についての人工知能活用の死角を検証しています。本文は煽りタイトルと異なり冷静です。

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書) | 松尾 豊

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書) | 松尾 豊
Amazonで詳しく見る

  • ディープラーニングの解説書の草分け
  • 200件を超える人気Amazonレビュー投稿数
  • ディープラーニングなどをわかりやすく解説

発売当時そのわかりやすさでAIの入門書として広く読まれた人気本です。著者は人工知能におけるトップクラスの研究者です。

ビジネスパーソンのための 決定版 人工知能 超入門 | 東洋経済新報社

ビジネスパーソンのための 決定版 人工知能 超入門 | 東洋経済新報社
Amazonで詳しく見る

  • 網羅的でわかりやすく読みやすい構成
  • 羽生名人との対談などとっつきやすい
  • AIによる弊害などテーマも広い

雑誌社の書籍らしい読みやすくとっつきやすい、人工知能の入門書として人気の本書です。ビジネスよりの視点で編集されています。

教養として基本や入門書

まるわかり! 人工知能 最前線 2018 (日経BPムック) | ITpro, 日経コンピュータ, 松山 貴之

まるわかり! 人工知能 最前線 2018 (日経BPムック) | ITpro, 日経コンピュータ, 松山 貴之
Amazonで詳しく見る

  • 日経らしいビジネスよりの編集
  • 2017年9月の刊行ながら豊富な事例
  • ガイドラインの策定など周辺事情も網羅

日経らしいビジネス視点で、技術動向やとくに日本の人工知能についても取り上げています。

図解入門 最新人工知能がよ~くわかる本 (How-nual図解入門Visual Guide Book) | 神崎 洋治

図解入門 最新人工知能がよ~くわかる本 (How-nual図解入門Visual Guide Book) | 神崎 洋治
Amazonで詳しく見る

  • 入門書としてわかりやすく書かれた内容
  • 事例と用語をしっかり網羅
  • 初心者におすすめ

IBM、Google、Amazon、FacebookといったIT企業の事例や、ニューラルネットワークなど用語解説もしっかりされています。

マンガでわかる人工知能 (池田書店のマンガでわかるシリーズ) | 三宅陽一郎, 備前やすのり

マンガでわかる人工知能 (池田書店のマンガでわかるシリーズ) | 三宅陽一郎, 備前やすのり
Amazonで詳しく見る

  • 人工知能に何をさせたら良いのかがわかる
  • 情報量も多く、図版や漫画がとっつきやすい
  • 人工知能の専門家がしっかり監修

他に多くの人工知能本を著述されている専門家がしっかりと監修した入門書です。初心者にもわかりやすく用語などを解説されています。

人工知能の「最適解」と人間の選択 (NHK出版新書 534) | NHKスペシャル取材班

人工知能の「最適解」と人間の選択 (NHK出版新書 534) | NHKスペシャル取材班
Amazonで詳しく見る

  • NHKスペシャル「人工知能天使か悪魔か」第二弾
  • トレーダーや政治家へも言及
  • NHKらしい幅広い取材と網羅性

前述のNHKスペシャル本の第2弾です。新たな取材先や提言などが盛り込まれ、Amazonで「こちらも買っています」に頻出。

トコトンやさしい人工知能の本 (今日からモノ知りシリーズ) | 辻井 潤一, 産業技術総合研究所 人工知能研究センター

トコトンやさしい人工知能の本 (今日からモノ知りシリーズ) | 辻井 潤一, 産業技術総合研究所 人工知能研究センター
Amazonで詳しく見る

  • 産業技術総合研究所人工知能研究センター編集
  • ディープラーニングに関する内容多め
  • 難しい数式などはない入門書

要素技術や応用技術までやさしく解説した入門書です。とくにディープラーニングについての内容が多めです。

人工知能と未来

人間の未来 AIの未来 | 山中 伸弥, 羽生 善治

人間の未来 AIの未来 | 山中 伸弥, 羽生 善治
Amazonで詳しく見る

  • 日本のトップジーニアス同士が対談する稀有な人工知能本
  • 羽生名人の山中先生への質問が的確と評判
  • 人工知能を通して人とは何かを考察

人工知能を軸に、ひらめきや勘などの正体、100年後の未来などを対談しています。

決定版AI 人工知能 | 樋口 晋也, 城塚 音也

決定版AI 人工知能 | 樋口 晋也, 城塚 音也
Amazonで詳しく見る

  • AIの法的側面やブームの終焉など客観視
  • AIを実用化しようとしている人におすすめ
  • AI技術が具体的社名とともに明示

ビジネスパーソンにおすすめの内容で構成されています。著者はNTTデータ技術開発本部の課長と部長で、なるほどの内容です。

人工知能を超える人間の強みとは | 奈良 潤

人工知能を超える人間の強みとは | 奈良 潤
Amazonで詳しく見る

  • 著者は意思決定理論のスペシャリスト
  • AI対直感という対立軸で構成
  • 人間の側の視点でどう生き抜くか

人工知能万能論と相対峙する内容ですが、人間のもつ可能性を再認識できるとも。

ディープラーニングなど技術的側面

誤解だらけの人工知能 ディープラーニングの限界と可能性 (光文社新書) | 田中潤, 松本健太郎

誤解だらけの人工知能 ディープラーニングの限界と可能性 (光文社新書) | 田中潤, 松本健太郎
Amazonで詳しく見る

  • 著者は人工知能の開発者とデータサイエンティスト
  • ディープラーニングを明確に解説
  • 人工知能は社会をどう変えていくか

スマートスピーカー開発の著者がディープラーニングを始めとする第3次人工知能ブームの可能性を語っています。

棋士とAIはどう戦ってきたか~人間vs.人工知能の激闘の歴史 (新書y) | 松本 博文

棋士とAIはどう戦ってきたか~人間vs.人工知能の激闘の歴史 (新書y) | 松本 博文
Amazonで詳しく見る

  • 将棋と人工知能の戦いにフォーカス
  • AIと棋士が団体戦を行った電王戦
  • 将棋に詳しくない人にもわかりやすい

人工知能と正面からぶつかってきた囲碁や将棋界のルポタージュです。棋士と開発者の考え方など参考になります。

人工知能開発

ITエンジニアのための機械学習理論入門 | 中井 悦司

ITエンジニアのための機械学習理論入門 | 中井 悦司
Amazonで詳しく見る

  • Python2系のサンプルコードダウンロード
  • ベイズ推定など解説と式でわかりやすく構成
  • 機械学習ライブラリは使わず、数式メイン

Pythonなどの基礎知識は必須ですが、ITエンジニアが数式などの理論を体系的に学ぶのに便利との声。

人工知能プログラミングのための数学がわかる本 | 石川 聡彦

人工知能プログラミングのための数学がわかる本 | 石川 聡彦
Amazonで詳しく見る

  • 人工知能関連本に出てくる数式の基本を解説
  • Pythonや微分を活用した深層学習
  • ディープラーニングで手書き数字認識

著者はITエンジニアで、人工知能アルゴリズムや体系的にディープラーニングを学びたいかた向け。

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装 | 斎藤 康毅

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装 | 斎藤 康毅
Amazonで詳しく見る

  • Python3で外部のライブラリを使わず構成やコード
  • 深層学習やニューラルネットワークの基礎
  • 前提知識としてPythonと偏微分・行列の積など

ディープラーニングを手を動かしながら学ぶ書籍です。参考文献のリストも詳しいです。なお、オイラリー公式サイトで正誤表が公開済みです。

人工知能と働き方

人工知能が変える仕事の未来 | 野村 直之

人工知能が変える仕事の未来 | 野村 直之
Amazonで詳しく見る

  • 人工知能の産業応用について考えた
  • 著者は自然言語処理の研究開発従事者
  • 人工知能全般を概観

産業全般について人工知能の影響をまとめています。産業だけでなく教育、法制度などにも言及しています。

人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書) | 井上 智洋, 井上智洋

人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書) | 井上 智洋, 井上智洋
Amazonで詳しく見る

  • 著者はマクロ経済学者
  • 最大で人口の9割が失業する可能性と考察
  • ベーシックインカムなど経済学から未来を考える

人工知能が2030年に成熟を向かえ、そのとき未来はマクロ経済はどうあるのかを考察した内容です。

週刊ダイヤモンド 2018年 2/10 号 [雑誌] (企業も個人も生死を分ける AI格差) |

週刊ダイヤモンド 2018年 2/10 号 [雑誌] (企業も個人も生死を分ける AI格差) |
Amazonで詳しく見る

  • AIによるリストラが進みやすい企業
  • AIや自動化の事例を網羅
  • AI時代のハローワークやベーシックインカム等

データに基づきながらも独自の視点で、人工知能が普及する未来について考察された本。雑誌編集らしい網羅的な内容で気軽に読めます。

人工知能と教育

AI vs. 教科書が読めない子どもたち | 新井 紀子

AI vs. 教科書が読めない子どもたち | 新井 紀子
Amazonで詳しく見る

  • 著者は国立情報学研究所教授
  • AIが獲得できる能力と出来ない能力の比較
  • AIが現状理解できていない「読解力」の重要性

著者は「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトディレクタを務めるなど教育と人工知能に明るいです。中クラスの大学ですと人工知能はもう入れてしまうとのこと。ふーむ。

弟子・藤井聡太の学び方 | 杉本 昌隆

弟子・藤井聡太の学び方 | 杉本 昌隆
Amazonで詳しく見る

  • 一般的な藤井聡太さん本とは異なるアプローチ
  • 間違えないコンピューター将棋とどう向き合うか
  • 子を持つ親におすすめ

人工知能の本ではないのですが、藤井さんに大きな影響を与えた人工知能。彼がどう向き合って血肉としてきたのか。考え方や接し方のヒントがあります。

IT企業が考えるAI戦略

グーグルに学ぶディープラーニング | 日経ビッグデータ

グーグルに学ぶディープラーニング | 日経ビッグデータ
Amazonで詳しく見る

  • 日経ビッグデータの著述編集
  • ディープラーニング事例をわかりやすく解説
  • グーグルの取り組みを網羅的に紹介

Googleがディープラーニングにどう取り組み、ビジネスに組み入れているのかをレポート。日経らしく読みやすいです。

アマゾンが描く2022年の世界 すべての業界を震撼させる「ベゾスの大戦略」 (PHPビジネス新書) | 田中 道昭

アマゾンが描く2022年の世界 すべての業界を震撼させる「ベゾスの大戦略」 (PHPビジネス新書) | 田中 道昭
Amazonで詳しく見る

  • ほとんどはAmazonの取り組み全般についての紹介
  • ビッグデータとAIはマスカスタマイゼーションで解説
  • これまでのAmazonのニュースを網羅的に知りたい人向け

アマゾンエコーなどスマートスピーカーにも取り組むアマゾンですが、人工知能に関しての取り組みは一部のようです。

チャットボット AIとロボットの進化が変革する未来 | 金城 辰一郎

チャットボット AIとロボットの進化が変革する未来 | 金城 辰一郎
Amazonで詳しく見る

  • AIと親和性の高いチャットボットに特化して解説
  • APIや開発について書かれた本ではなくビジネス書
  • 世界の代表的なチャットボットの現状を紹介

オキナワアイオーを起業した金城辰一郎氏の著述。世界企業のチャットボット事情を網羅している点が、口コミでも高い評価です。

シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件 (幻冬舎新書) | 齋藤 和紀

シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件 (幻冬舎新書) | 齋藤 和紀
Amazonで詳しく見る

  • じつは指数関数的成長(エクスポネンシャル)の内容
  • 加速度的な進歩により起こっている変化を気づかせてくれる
  • 人工知能が人間の知性を超えるとどうなるのかを推察

人工知能の直接的な本ではなくそれにより加速する社会変化についてさまざまな考察をした本。

哲学・倫理などロボットやAIの心

人工知能のための哲学塾 | 三宅 陽一郎

人工知能のための哲学塾 | 三宅 陽一郎
Amazonで詳しく見る

  • 人気Facebookコミュニティでの講演を書籍化
  • 著者はゲームAI開発者の三宅陽一郎氏
  • 読むとき近代哲学の基礎知識があると尚良し

知能とは何かという極限的なテーマをもとにして哲学的な議論がなされます。

脳・心・人工知能 数理で脳を解き明かす (ブルーバックス) | 甘利 俊一

脳・心・人工知能 数理で脳を解き明かす (ブルーバックス) | 甘利 俊一
Amazonで詳しく見る

  • 脳の仕組みに関する内容
  • 第6章が人工知能研究の歴史や現状について
  • 著者は神経科学者

ニューロ神経など脳のメカニズムからAIに言及する内容です。

ロボットとは何か――人の心を映す鏡 (講談社現代新書) | 石黒 浩

ロボットとは何か――人の心を映す鏡 (講談社現代新書) | 石黒 浩
Amazonで詳しく見る

  • 著者はロボット工学の第1人者
  • 著者が研究の過程で感じてきたこと
  • ロボット3原則、情報社会論も

ロボット研究で有名な石黒氏の著述です。これまで開発してきたロボットの紹介をしつつ、まとめられています。

文系人間のための「AI」論(小学館新書 た 22-1) | 高橋透

文系人間のための「AI」論(小学館新書 た 22-1) | 高橋透
Amazonで詳しく見る

  • AIがピンとこない文系ビジネスマンに最適
  • 著者は早稲田大学文化構想学部で人気講師
  • AIのある未来を哲学的立場から考察

文系というよりは哲学的な視点からのアプローチで書かれています。

人工知能の資料

AI白書 2017 | 独立行政法人情報処理推進機構 AI白書編集委員会

AI白書 2017 | 独立行政法人情報処理推進機構 AI白書編集委員会 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで詳しく見る

団体がまとめた資料。技術やトレンド、事例などAIの現状が把握できます。

関連情報リンク

アルゴリズムの台頭が人工知能ブームに火をつけましたよね。
>>ディープラーニングって何?人工知能ブームに火をつけたアルゴリズムをどう捉えるべきか (1/3):MarkeZine(マーケジン)

推定年収700万円以上で340件以上もの求人が見つかりました。
>>人工知能 \7,000,000の求人 – 東京都 | Indeed (インディード)

人工知能でトップを走るエヌビディアのオウンドメディア。
>>人工知能、機械学習、ディープラーニングの違いとは | NVIDIA

Facebookでも人工知能は重要戦略となっています。
>>「2つのAIが“独自言語”で会話」の真相–FacebookのAI研究開発者が明かす – CNET Japan

アーティフィシャルインテリジェンスなんですね。
>>人工知能って英語でなんて言うの? – DMM英会話なんてuKnow?

学習をした結果なのでしょうね。
>>人工知能ロボット「ソフィア」が「家族や子供を持ちたい」と発言 | ROBOTEER

いつも言われていることですけど、株価など市場はもうすでにAIが握ってるのではないですかね。
>>人間より賢くなった人工知能が引き起こす事態を予測 – ログミー

歴史的にはwikiがよくまとめられています。
>>人工知能の歴史 – Wikipedia

そもそも何がわからないのかがわからないというジャンルかも。
>>【5分でわかる】人工知能(AI)とは?概要や種類をわかりやすく解説 | 侍エンジニア塾ブログ | プログラミング入門者向け学習情報サイト

スマートスピーカーが今のところそれなりに会話が成立している感じですかね。
>>ディープラーニングで人工知能が会話をするしくみ、人間と自然な会話を成り立たせるために機械は結構必死だった

多くのクリエイターが集まるnoteでもAIについてのコラムやエッセイなどが投稿されています。
>>「#AI」の新着タグ記事一覧|note

ゲームプラットフォームのSteamではありません。
>>STEAMとは何か 仕事を奪われる(?)AI時代を生き抜く教養 | キャリア | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

まとめ

人工知能は多くの現場で人間を超える知的アウトプットをしてくれる技術として期待が集まっています。人材不足などに悩む業界には希望を与えることでしょう。

いっぽうで、それを作っているのは人間なのですが、その未知な振る舞いからは恐怖を覚える人もいるようです。しかし、AIに任せること、AIから学ぶことなど、多くの場合は役割分担をして、コントロールしていく私達の新しい働き方が求められていると帰結できます。

これからも人工知能には注目してきたいですね。

「人工知能」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑