*

ソーシャルDRMを知ってますか?電子書籍の大勉強会に行って来ました

公開日: : 最終更新日:2017/12/01 レポート記事


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


JEPAさんのセミナー

ソーシャルDRMすばらしい。

追記:2017年12月1日 朝日新聞のWEB新書もソーシャルDRMを採用しましたね。
>>WEB新書ヘルプ はじめての方へ – WEB新書 – Astand

日本電子出版協会のセミナーにいった

2014年12月5日、飯田橋まで日本電子出版協会のセミナーに行って来ました。ただ、セミナーというよりは超大人数での勉強会というくらい真面目な内容。

会場は飯田橋の駅の近く。閑静な街と巨大ビルが同居する不思議な街です。法政大学。
飯田橋1

巨大な2つのビル。
飯田橋2

会場です。
飯田橋3

セミナーは地下二階。最初空目してしまい、地上二階に行き恥ずかしいことにw。
飯田橋4

会場はとても広くて、圧倒されました。こんな都会の真ん中で、これだけ広い会場って凄い。
JEPAのセミナーに行って来ました

しかも、平日の日中でこんなにぎっしりです。途中休憩の際にはさらに増えてて、机のない椅子席までぎっしり。出版業界巨大です。
JEPAの会場はすごい人

DRMフリーって知ってますか?

JEPAさんのセミナー

今回とても興味深かったのは、るるぶさんの電子書籍ストアであるたびのたねのお話。

みなさんは、DRMフリーって知っていますか?

Kindleや楽天Koboなどの電子書籍を使っている人も増えていると思いますが、その電子書籍はたいていの場合、著作権保護が効いていて、ストアが提供するアプリでないと開けないようになってるんですよね。ようは、ストアロックがかかっているという。これはNo1のキンドルもそうで、世界的な傾向です。

でも、それって不便ですよね。ストアアプリをそもそもダウンロードしなくちゃいけませんから。ですので、最近はブラウザアプリでもOKという流れも出てきましたが、それでもストアのアカウントを持ってないといけないわけで。

また、ストアが撤退してしまうとその本も読めなくなります。これは規約に書いてあるので仕方ありません。つまり私たちが電子書籍ストアで買っているものは書籍ではなく、書籍を読めるライセンスなのです。これはKindleなど多くのストアがそうです。

ただこれは、海賊版や違法コピーが出まわらない、ストアが継続しているかぎりは登録端末であれば何回でもダウンロードができる(パソコンの買い替えなどのときに便利ですね)、などメリットもあり難しい問題です。

データそのものを買えるソーシャルDRM

そこで、近年注目されていますのが、ソーシャルDRMとよばれる配信方式です。ようはダウンロードしたら、あとはどんなアプリでも読める、データそのものを売るよ、でもあなたの個人データが内包されてるから気をつけてね、という方式です。

ソーシャルDRMの電子書籍は、購入後、データをダウンロードするとき、そのデータ内部に買った人の個人情報を書き込みます。そうしますと流出すれば出元が追跡できますし、おいそれと配布するといったことの抑止が期待されます。このような比較的ゆるやかなDRM(デジタル著作権管理)、それがソーシャルDRMです。

私の記憶が正しければ、このソーシャルDRMが世界的に注目されたのはハリーポッターの電子版だと記憶しています。ただ、ダウンロードごとに、個人情報を内包したデータを生成しないといけませんから、効果は認められつつも負荷の高さの懸念から、ハリポッター以降あまり広がらなかったように思います。しかし、近年の技術革新やノウハウ蓄積によって、広がってきたのが今年、といった感じです。

ソーシャルDRMを採用した電子書籍ストア・たびのたね

たびのたねは、大手では初めてソーシャルDRMを採用した電子書籍ストアです。るるぶさんほどの規模で、ソーシャルDRMを導入されたのはどれほどの投資が必要なのだろう、と当初から興味をもっていました。それが今日のセミナー参加のきっかけでした。

話を聞いてみると、ソーシャルDRMにするコンセプトもすごく素敵でした。デジタルにするからには、とにかくユーザーに便利を提供しようと、買った本をさらに自分で編集(まとめ)出来てしまうというデジタルならではの機能も実装。その場でデモをされましたが、3冊の電子書籍が1冊にまとまり、目次まで即座にマージされるというものでした。自分だけのガイドブックの出来上がりです、これはすごいですね。

セミナー後技術の人に質問をしたところ、サーバーの負荷もそれほどかからないとのことでした。個人情報を書き込む処理を細分化して、負荷を下げているのだそうです。なるほどー。さりげない箇所にメアドなどの個人情報が書かれているそうですので、無料本などもあるみたいですので、ぜひみなさんも買って、見てみてください。

ちなみに、たびのたねのファイル形式はEPUBです。残念ながらKindle端末では読めません。というか、なんでKindleが世界的な電子書籍フォーマットであるEPUB読めないんだー、という感じですよ。

楽天Koboは読めますよ。何気にKoboはガジェットとしては、結構優秀なんですよね。発売方法が物議を醸しただけで、端末自体は当初から仕様などは、ガジェット好きにも評判は高かったです。

「EPUBビューワーはChromeアドオンにあるよ。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑