*

「デザインする人」長谷川恭久さんのセミナーを聴いてきました

公開日: : 最終更新日:2013/06/06 レポート記事


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る


ゲーミフィケーション!


スクリプトだけでなくデザインやUIといった方面にも興味があり、OpenCUさんに参加してました。今回、「Webの未来はオンラインゲームにある」という非常に興味深いイベントに参加できましたので、レポートします。


ゲームとWebの未来・・・とは!


「Webの未来はオンラインゲームにある」概要


OpenCUさん主催のセミナーです。OpenCUとは「ロフトワークさんが運営するクリエイティブに関する学習ネットワークです。どなたでもご参加頂けます」団体さんです。定期的にセミナーを開催され、いつも刺激を頂いてます。ありがとうございます。


OpenCU.com


ロフトワークさんの、最近のアクセス解析関連のイベントレポート。清水さんも講演されてます。


WEB制作をはじめあらゆる制作、デザインのニーズに応えるロフトワーク
広報活動は計測できる?広報が考えるべきアクセス解析の指標 [前編]KGI、KPI | 株式会社ロフトワーク
ここが違った!Webで成果を出すアクセス解析セミナー 〜 新解析手法と先端企業のケーススタディ | 株式会社ロフトワーク


今回聴講したセミナーはこちら。


Webの未来はオンラインゲームにある – OpenCU.com

今、注目が集まっているサービスのゲーム化ですが、実はこうした一連の機能の導入やアプローチはオンラインゲーマーにとって珍しいことではありません。目新しく見える Gamification もゲームの世界では随分前から普通にあること。むしろ、その先に何があるのかを覗くことが出来るという意味で、今オンラインゲームをすることは意味があるはずです。このミニセミナーでは、オンラインゲームの今を紹介しつつ、参加者の皆さんと今後考えられる可能性をディスカッションしていきます。


ということですが、実は私、もともとプログラミングはゲーム作りがきっかけでした。ですから、受講前から何ともワクワク。


長谷川恭久さんについて


長谷川恭久(はせがわやすひさ)さんは、アメリカの大学にてビジュアルコミュニケーションを専攻後、デザインについてとても造詣の深い方です。


その長谷川さんがオンラインゲームとWebの未来について、という非常に(私にとって)新鮮な興味深いテーマで講演される、ということで、即効申し込み受講してきました。


アクセス解析に興味のある方々には、こちらのエントリーを見たことがあるのではないでしょうか。


UIデザインガイドラインのまとめ : could


さらに詳しくお知りになりたい方は、以下のリンクをご参照下さい。


ブログ:could
Twitter:Yasuhisa Hasegawa (yhassy)
『YASUHISA.COM』 の人気エントリー – はてなブックマーク
Amazon:スタイルシート スタイルブック
Amazon:Web Designer 2.0 進歩し続けるWebデザイナーの考え方


フォトレポート


セミナー会場。当日は大雨でしたが、満席という好評ぶりです。


ゲーミフィケーション。スライドがとってもキレイです!引き込まれるプレゼン。


後半は、ロフトワーク滝澤さんとのパネルディスカッション。ツイートなどからも質問を取り上げつつ、ファシリテーションも冷静でスムーズ。勉強になります。


スタッフ紹介 チーフディレクター 滝澤 耕平  | 株式会社ロフトワーク


長谷川恭久さんのセミナー気づきメモ


・MMOGというオンラインゲームのジャンルがある。
・ゲーム全体>サーバー>ギルド、という階層構造でコミュニティがある。
・ゲーミフィケーション!
・MMOGでは、ユーザーと開発者が対話をしてフィードバックしている。
・ウチワや上級者ばかりになる壁を、技術でカバーした事例も。
(上級者がレベルダウンする機能を実装。)
・上級者は自分で何とかする。
・欧米では月額課金から始まり、アジアのほうでアイテム売買などが広まり、欧米もそれになっていった。
・ファイナルファンタジー11のコミュニティは凄い。
・活発なコミュニティにはカリスマがいる。
・GITHUBでAPI公開、JSON公開もユーザーの声から、アドオン、Podcast・・・、ユーザーが自律的に盛り上げ、メーカーもそれらの声と対話し、フィードバックをしている。
・メーカーの開発履歴を見ると、狙いや背景がわかる。
・コンボ、ボーナス、所有感。
・上級者のために作る必要はない。初心者にどう使ってもうらか。一方でその議論がユーザーとの対話から生まれることも。
・コンソールゲームとPCゲームの盛り上がりは交互に来ていて、今はPCが盛り上がってるかな、と。
・ブログやニュースでも投稿にポイントを付け、盛り上げる仕組みが見られる。
・難しいか簡単かだけではない。イベントやコンテンツの更新も必要だが。


その後、懇親会にもちょっと顔を出させて頂き、おおいに刺激をもらいました。ありがとうございました。


皆さんも、ぜひ機会があればぜひ!

スタイルシート スタイルブック
有坂 陽子 長谷川 恭久
翔泳社
売り上げランキング: 159529

 

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑