*

カスタムレポートを使って都道府県別セッションを調べる

公開日: : 最終更新日:2015/02/24 運用テクニック


LINE facebook twitter g+
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

Google Analytics では、通常のメニュー操作では都道府県別のアクセスはわかりません。

ユーザー>地図上のデータ>Japan

とたどりますと、いきなりShinjukuなどと都市名一覧に!

Google Analytics のリンクも「国/地域」となり、ひとくくりにされちゃってます

メニューをよくよく見ますと、

詳細レベル:都市|国/地域|亜大陸|大陸

となっており、リンクでは地域がすっとばされてるんですよね。!!( ;゚Д゚)

そこで、カスタムレポートです。

カスタムレポート>カスタム レポートを新規作成

横軸には、指標>セッション、コンバージョン・・・などと設定し、縦軸」(ディメンション)には、ディメンションから、ユーザー>地域をドラッグします。

Google Analytics のカスタムレポートのディメンションには、ちゃんと「地域」が独立してあります。

これで、都道府県別のセッション数やコンバージョン数などが直感的にわかるようになります(他にもオススメの方法ありましたらご指摘お願いします)。

Tokyo、Osaka、Kanagawaなど、Google Analytics でもカスタムレポートを使えば、簡単に都道府県別コンバージョンを見ることができますね!

キーワードごとにコンバージョン率を見ている方も多いと思いますが、セッション数とコンバージョン率って、標準ですとタブで分かれてしまっているので、単にまとめるだけでもカスタムレポートは使いでがあるかと。


Googleアナリティクス基礎講座 (得する<コレだけ! >技): 吉田 喜彦: 本

「都道府県名、むずい。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑