*

駒形PAは東京スカイツリーの夜景が綺麗でおすすめ画像31枚

公開日: : 最終更新日:2017/11/17 家族連れレジャー , , , ,


LINE facebook twitter g+
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

駒形PA
首都高速6号向島線の上り車線から入れる駒形PA。小さいですが、とても綺麗なPAで、そして東京スカイツリーの夜景が絶景です。

こんにちは、ドライブ大好きカグア!です。東京スカイツリーの夜景を見るなら、おすすめのPAです。

本記事では、駒形PAの施設や様子をレポートします。綺麗で、入りやすくて合流しやすいPAで、おすすめです。ちなみに、徒歩では入れません。

>>人気の「首都高: 本」関連書籍 最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

関連記事
>>ドライブレコーダーおすすめ3機種と人気17機種を比較2017
>>車載インバーターおすすめ15選と選び方 12V 24V 1000w
>>スマホ車載ホルダーおすすめランキング9機種2017年版
>>シガーソケットUSB充電おすすめ最新29選
>>FMトランスミッターおすすめ5機種はランキングでも人気
>>ポータブル電源おすすめ15機種と便利グッズ5選2017

駒形パーキングエリアとは

綺麗で入りやすい首都高PA

駒形PAは、首都高速道路・6号向島線の上り車線側にあるパーキングエリアです。駒形入り口・料金所の横にあります。
>>駒形PA|その他パーキング|首都高速道路サービス
駒形パーキング

ガソリンスタンドや、EV電気自動車の充電ステーションはありませんが、とても綺麗でファンも多いPAです。歴史としては、駒形入り口の料金所だったところが改修されて、パーキングエリアが併設されました。
料金所が改修されて作られた駒形PA

他にも改修されたPAのビフォーアフターは、首都高公式サイトで見られます。代々木PAとか変わりすぎw!
>>パーキングエリアの景観改善|首都高の取り組み

やはり調べたところ平成20年にフルリニューアルでした。いわゆる環境配慮型の、イマドキなタイプへ進化しました。なので、とても綺麗。
>>駒形パーキングエリアの駐車台数が増えてリニューアルオープン|企業情報|首都高速道路株式会社

駒形PAは6号向島線上り車線のPA

駒形PAは首都高速道路の料金所のわきに作られたパーキングエリアです。首都高6号向島線上り車線から入れます。
駒形PA

高さ制限が2.8mとありますので、ここだけ注意したいところです。大型車は駐車もできないのでとくに注意。
駒形PA

行き方と合流の仕方

駒形PAは「P」看板が見つけやすい入り方

入り方は、首都高6号向島線の上り車線から、駒形PAの標識を目安に、比較的かんたんに入れます。
駒形PA

あの有名なアサヒビールのビルが見えてから、ほどなく直進すると「P」の看板が見えます。ほんと入りやすいです。
>>アサヒビールのビル過ぎに「P」の標識(Googleストリートビュー)
パーキングの標識も見やすい

看板も大きいタイプの緑色のPA入り口の標識が出ますので、まず気づかずに通過してしまうことはないと思います。スムーズに侵入できます。
駒形PAの入り方

合流は見通しがよく高速の車に注意すれば問題なし

合流は、見通しがよく直線のため比較的合流しやすいです。本線はスピードを出す車も多いですが、そこだけ注意すれば非常にスムーズに入れます。
駒形PA

おそらく、もともと料金所がある場所ですので、それなりに合流しやすく設計されているのかなと思いました。それと、入り口があるため、直進してくる車のカーナビでも「左からの合流があります」と案内してくれるはずですので、注意がむきやすいのでしょう。

駒形PAの夜景とスピード感がおすすめ

実は広い駐車場~奥にもあるスペース

駒形PAはトイレなど休憩スペースの手前と奥に駐車スペースがあります。表情が怖くてすみません・・・。
駒形PA

こちらが駒形PAはいってすぐの駐車スペース。拡張により、6台だったところが10台になりました。ほぼ倍ですね、すばらしい。
駒形PA

すぐ横に高速道路の料金所があります。
駒形PA

じつはトイレの奥のほうにも数台停められるスペースがあります。ただ、大型車両は停められません。
DSC00536

車椅子用の駐車スペースは雨が避けられる屋根の下にありますので、助かりますね。
駒形PA

残念ながら、EV(電気自動車)の充電ステーションは無いです。

自販機やトイレなど施設の様子

駒形PAは新しくて綺麗な施設

いろいろな首都高のパーキングエリアを見ていますが、駒形PAはたぶん比較的新しいのだと思います。小さいながら、とても綺麗で最新っぽい設備なんですよね。
駒形PA

たとえば、こちらはウッドデッキ。木のぬくもりに、なんとなくほっとして、癒やされます。
駒形PA

代々木PAなどイマドキの綺麗なPAにはたいていある環境配慮設備。駒形PAもソーラー発電がありました。
駒形PA

自販機は電子マネーやタスポも使える

自販機は良心的価格です。また、電子マネーが使える自販機が多く便利です。
駒形PA

駒形PAでは、最新式のTASPO対応のタバコ自販機もあります。
駒形PA

喫煙所はトイレ奥にある

喫煙スペースはトイレの奥にあります。ちゃんと屋根もありますので、雨の日でもリフレッシュしやすいです。
駒形PA

トイレは多目的以外も充実

多目的トイレももちろん完備しています。
駒形PA

しかも、こちらは男性用トイレなのですが、この充実便座が2つもあります。この規模で、ここまで充実しているところはあまり見たことないです。
駒形PA

ETCプリンターは1台

ETCの明細プリンターは外に1台あるだけです。駒形PAは明確な休憩スペースがないため、ちょっとさみしくも。
駒形PA

東京スカイツリーの夜景を満喫

駒形PAの魅力はなんと言っても、東京スカイツリーの夜景を間近で見られることです。見て下さい!この絶景。
駒形PA

本線方面はこんな感じで、まるでF1レース場のメインストレッチのようです。
駒形PA

東京の隅田川沿いの台東区の夜景が見られます。
駒形PA

さて、そんな素敵な駒形PAですが、ちょっとユニークなスポットを見つけました。

高所のPAに突如現れた階段~徒歩はダメ!

高速道路のパーキングエリアではあまり見慣れない非常用階段。料金所スタッフのかたが使うのでしょうか。それでもかなり高所なので怖そう。
駒形PA

明らかに「異世界への入り口感」が半端無い、入ってはいけない階段です。
駒形PA

高架下から見るとこんな感じ。徒歩で一見入れそうですが、絶対に入ってはいけません。
>>Googleストリートビューで見る高架下
駒形PAの階段

そして、この高さ!上りも下りも怖すぎます。
駒形PA

というわけで、以上、駒形PAのレポートでした。ぜひ一度は立ち寄られてみて下さい。

首都圏 高速道路 案内図 (ドライブ 地図 | マップル) | 昭文社 地図 編集部

Amazon | 首都圏 高速道路 案内図 (ドライブ 地図 | マップル) | 昭文社 地図 編集部 通販
Amazonで詳しく見る

関連情報リンク

やっぱり、緊急の階段にみなさん興味がわきますよね。
>>「PAの旅:首都高6号線上り 駒形PA」ひでエリのブログ | エリナナメル日記 – みんカラ

やっぱり隅田川沿いの首都高は綺麗で走り甲斐がありますよね。
>>深夜の首都高PAをひと筆書きトライアル – デイリーポータルZ:@nifty

屋根はアルミ製だそうです。アルミろう付けハニカムパネル(アルミ合金製)とか、なんかかっこよさそう。
>>住軽日軽エンジニアリング│実績紹介│駒形パーキングエリア施設大庇│

車がビュンビュン走る横にあるPAなんですよね。まるでF1のバックストレッチのよう。
>>夜の首都高PA巡り(2)・・・小ネタ集? ( 写真 ) – 夜景専科blog – Yahoo!ブログ

駒形PAで撮影された素敵なモーターファンの皆さんのインスタ。
>>#駒形pa Instagram写真と動画

まとめ

駒形PAは、入りやすくて合流しやすくて綺麗なパーキングエリアです。小さいためトイレくらいにしか使わない、という声もありますが、ぜひ東京スカイツリーの夜景を見に行って欲しい素敵なPAだと思いました。

6号向島線上り車線から入れますので、首都高中央環状線の堀切JCTから目指せますので、まだというかたはぜひ。

おすすめですよ。

「駒形PA。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
フリーのマーケター。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。アクセス解析を中心としたコンサルティングや設定、メディア運営に従事。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人として出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑