*

冬休み最終日曜の画像23枚!としまえんの混雑と駐車場と600円割引


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

としまえんの混雑
小学生のこどもと、冬休みの最後の日曜日に、車でとしまえんに行ってきました。都内の遊園地としては、ロケーションは最高でした。

こんにちは、ドライブ大好きカグア!(@kagua_biz)です。外環からとしまえんに行ってきました。

本記事では、としまえんの混雑の様子や割引のお得情報をまとめしたので、共有します。なお情報は2019年1月6日/冬休み最後の日曜日/晴れのち曇り/最高気温8度 の時点でのものです。お出かけのご参考になれば幸いです。

>>人気の「弁当箱」アマゾン最新ランキングはこちら。
Amazonで詳しく見る

関連記事
>>キャンベルタウン野鳥の森に行ったので画像48枚をブログに書いた
>>よみうりランドのグッジョバUFOでどれくらい濡れるのか体験画像27枚
>>娘とフォレストアドベンチャー秩父で遊んで来た画像31枚

昭和で新しい!楽しい「としまえん」

Googleマップの口コミにも2000件以上もの評価が投稿されているとしまえん。日本最古のメリーゴーラーンドがあるなど、由緒ある遊園地で、小さなお子様のいるご家庭や若者、地元の中高生に人気です。
としまえんの混雑

比較的最近の口コミもありますので、本当にGoogleマップ、便利。
>>豊島園(としまえん) – Google マップ

プリキュアショーなどイベントも定期的に開催されています。
プリキュアショー

フリーパスでスケートも滑れます。子供や慣れない人には、2枚刃のスケート靴もあります。もちろんフリーパスの料金で大丈夫です。
としまえんのスケート

レストランもたくさんあって、お昼時でもスムーズにランチがとれました。
としまえんのレストラン

日本最古のメリーゴーラーンドがあり、日本の機械遺産にも認定されています。それでもとても保存状態も良く綺麗で、おしゃれで、小学生の娘も喜んでいました。
としまえんのメリーゴーランド

ゴーカートなども昔の基準だからか、けっこうスピードが出るなど、昭和基準で作られたアトラクションが多く、ちょっと刺激的なところも楽しいです。※けっこうスピードが出て、しかもぶつけてくる人もいて注意。むち打ちになるかと思いました。
としまえんのゴーカート

あとちなみに、ミステリーゾーンという暗がりをライドする乗り物は、ガチで怖くて真っ暗闇なので、小さいお子様はトラウマになること間違いなしなので注意して下さい。
>>Mystery Zone Dark Ride Japan – Toshimaen としまえん ミステリーゾーン(お化け屋敷) – YouTube ※ネタバレあり

というわけで、2019年冬休み最後の日曜日、晴れのち曇り、最高気温8度の寒い日に、小学生の子供と家族でとしまえんに行ってきました。その混雑や割引などの情報をどうぞ。

街中ながら入りやすい駐車場

トイザらスが見えたら左折!右折はNG

都内、光が丘方面から来て、中之橋南の信号を過ぎますと、トイザらスの看板が見えたところが、としまえんの駐車場です。
としまえんの駐車場

埼玉方面から練馬へむかう車線からは、右折できません。どこかで迂回して駐車場に入りましょう。
としまえんの駐車場

としまえんの混雑をレポート!

混雑の様子は、2019年1月6日・晴れ・冬休み最後の日曜・最高気温8度の日の状況です。

駐車場の混雑~お昼前に着いたよ

午前11時20分頃に到着。駐車場は1階は満車でしたが、2階以上はふつうに駐車できました。
としまえんの駐車場の混雑

夕方になるとイルミネーション目当てか、2階はそれなりには埋まってました。この日も、イメージ的にはお昼すぎから増えてきた印象です。
としまえんの駐車場の混雑

入場券売り場の混雑はすぐ進む

朝、11時半に着いてこんな感じの行列です。混雑とはいっても受付も2レーンあるので、すぐに入場券を買えました。
としまえんの入場券売り場の混雑

なお、としまえんは再入場できませんので、注意して下さい。持ち込みは可能ですが、中のレストランも比較的スムーズです。
としまえんは再入場できない

アトラクションの混雑はほとんど無し

地元の中高生も増えてきた午後。15時15分くらいのジェットコースターなど人気アトラクションの混雑の様子です。

ほどほどに怖い、誰でも楽しめる人気ジェットコースターのサイクロンは、こんな感じ。毎回28人乗れますので、これくらいなら2順待てば乗れる感じです。
としまえんの混雑~アトラクション

ツイストするジェットコースターは少し怖いからか、こんな感じの混雑です。ほどほどに行列。
としまえんの混雑~アトラクション

人気アトラクション以外は、ほぼスルーで乗れる状態でした。
としまえんの混雑~アトラクション

トイレの混雑ほか注意点

寒い日でしたので、ウォーマーがないトイレは混雑なくすぐに入れました。女性用も空いていました。いっぽう、全てのトイレに多目的トイレがあるわけではありませんでした。
としまえんのトイレの混雑

トイレの外観も、便座も、ちょっと昭和な感じのトイレが多いです・・・。見つけるのも意外とわかりづらかったりしますので注意。※数はたくさんあります。
としまえんのトイレの混雑

まあ、レトロという点では、こんなレトロおしゃれな乾燥機もあって、びっくり。なんか面白い。
としまえんのトイレの混雑

トイレは、メリーゴーラーンドわきのフードコートっぽい建物のトイレが綺麗なようで、女性用が混雑していました。
としまえんのトイレの混雑

なおロッカーも良心的。数もたくさんあり、一部お金も戻るのは嬉しい。
としまえんのロッカー

喫煙所は数箇所ありますが、ちょっと見つけにくいかなという印象です。
としまえんの喫煙所

割引き~LINEで600円も!クーポンも

期間限定かもしれませんが、当日、チケット売り場にLINE友達登録の張り紙が。さっそく、その場ですぐに登録。すると日付限定の割引が、すぐに使えました。ラッキー!
としまえんの割引

お得なクーポンも今後送られてくるのですかね、楽しみ。
としまえんのLINE友達追加

・ ・ ・ ・ ・

というわけで、とくに家族連れでとしまえんを楽しむときに気になる、駐車場・トイレ・割引・混雑などの情報をまとめてみました。

時期や天候、イベントによって変動はありますので、あくまで参考程度でお読み頂ければと思います。

お疲れ様です。

日本懐かし遊園地大全 (タツミムック) | 佐々木 隆

日本懐かし遊園地大全 (タツミムック) | 佐々木 隆 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで詳しく見る

関連情報リンク~1936年頃の航空写真他

流れるプールは、世界初だそうです。
>>としまえん – Wikipedia

練馬城の城跡だった様子。このお堀の景観も見てみたかったですね。これはこれで素敵。
>>練馬城 跡地(1936年ごろ)
練馬城

近くにある石神井公園も素敵な見どころスポットです。
>>石神井公園|公園へ行こう!

埼玉からですと、西武園ゆうえんちもアトラクション系お出かけの候補になりますよね。
>>西武園ゆうえんち トップページ

としまえんの隣にある銭湯も大人にはくつろぎの場所。
>>バーデと天然温泉 豊島園 庭の湯 | 庭の湯

なにぶん昭和な乗り物が多いので、今の基準ですと考えられない乗り物も。
>>【としまえんで死亡事故が起こったので】GWの遊園地で起こりかけた事故 – わいわい!テレビ

都心からすぐに行ける、レイヤーさんの撮影スポットとしてもおすすめ。
>>コスプレフェスティバル |水と緑の遊園地 としまえん
>>jcf ジャパンコスプレフェスティバル公式HP

大雪のあとでも、としまえんの釣りなら、トラウトが釣れてます。
>>都心で釣りなら”としまえんフィッシングエリア”へ!駅チカ&財布にも優しい – 釣りプラス|内外出版社

ホンモロコもいる??
>>誰でも簡単に魚が釣れる「としまえん式」が本当に釣れるのか試してみる! – YouTube

まとめ

お孫さんが来たら、とりあえず連れて行って上げると喜ぶ、そんな都心の遊園地ですね。それくらい としまえんは、盛りだくさんで、混雑の少ない快適な遊園地でした。

じつは始めてとしまえんに行ったのですが、こんな素敵な場所だったとは思いませんでした。サクラもいっぱいあったので、春も行ってみたいと思いました。

お子様連れにも、若者にも、お孫さんとも、家族みんなで楽しめるバランスの良い遊園地だと思います。都心のおすすめ遊園地としてぜひ。

「としまえん」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑