*

ついカッとなって本気出した、直帰率は7%改善し平均PVは21%アップしたが

公開日: : 最終更新日:2014/12/25 サイト運営


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


anger-18615

直帰率、下げましたがCVには影響なし。

まずは改善結果の数字をどうぞ

先日直帰率が1%しか下がらなかったという、屈辱的な仮説検証に、ついカッとなって本気で、ホームページの直帰率を下げにいったw。

ついカッとなって本気出した

結果は、直帰率7%改善、平均PVは21%増、平均滞在時間は3.8倍というチューニング結果に。

直帰率改善のためにやったこと

前回、関連記事を冒頭と記事末に入れただけでしたので、

・新たに関連記事を作成
・さらにそれと、プラス2本、合計3本を関連記事に追加。合計4本の関連記事数にした。

とりあえず、新たに記事を作成したことが、カッとなったところです。工数無視して記事書いちゃいましたw。

検証結果:複数選択しがあることで、はじめて選ぼうとする。

とはいえ評価には値せず

工数を無視して記事投下しても、それはその人のたんに熱量の問題になってしまい、ノウハウとは言いがたいものです。

また、その記事や関連記事が、残念ながらCVに関与することはありませんでした。これが一番大きい。CVに寄与せず工数をかけただけ。

今回の直帰率改善は、長期ではわかりませんが、短期で見れば自己満足の何モノでもありません。

Googleアナリティクスや数字を見ていますと、つい改善したくなりがちですが、本質は何か、つねに問いかけを忘れてはいけないと思います。

「改善が目的になってしまった。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑