*

タグマネージャのGoogleアナリティクスで設定可能なフィールド一覧

公開日: : 最終更新日:2018/05/15 Googleアナリティクス資料


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天



アマゾン春のタイムセール祭り 4/23 23:59まで
セールを詳しく見る

家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

cat-688857_1280

2015年4月未発表のビーコンまであった。

関連記事
>><完全版>Googleアナリティクスで自分や関係者のアクセス除外
>><完全版>Googleアナリティクス・トラッキングコードの設置
>>イベントトラッキングの設定、ユニバーサル・タグマネージャ対応2015
>>カスタムディメンションの設定~UA・GTM対応<2015年完全版>
>>GoogleアナリティクスAPI、トラッキングコード開発まとめ最新43選

オーバーライド可能なフィールドとは

GTMのユニバーサル

Googleタグマネージャーでユニバーサルアナリティクスのタグを作ります。新バージョンですと、「その他の設定>設定するフィールド」から、オーバーライド(上書き)ができます。

バーチャルページビュー(仮想ページビュー)なども、ここでフィールドをpageとし、値に任意のURLを書き込めばOKです。

上図のようにそのフィールドなのですが、一見するとメニューっぽく見えないのですが、クリックしますと設定可能な項目が表示されるんですね。これを知っておけば、タグマネージャーで後からどんな項目をオーバーライドできるのかわかるので、いろいろ使えるかと。

リンカーなど設定可能なフィールド

以下が、「その他の設定」から設定可能なフィールドです。cookiePathやallowLinkerなどお馴染みのものがありますね。

詳しくは公式ヘルプに書いてあります。

>>analytics.js のフィールドに関するリファレンス – Google アナリティクス — Google Developers

ただ、まあ見るとなんとなく、どんなことをやっているのかがわかるかと思います。

allowAnchor utm_sourceなどのキャペーンパラメーターを無視するしない
allowLinker クロスドメインのリンカーの呼び出し
alwaysSendReferrer つねに呼び出すリファラ
anonymizeIp 匿名IP
campaignContent キャンペーンのコンテンツ
campaignId キャンペーンのID
campaignKeyword キャンペーンのキーワード
campaignMedium キャンペーンのメディア
campaignName キャンペーンの名前
campaignSource キャンペーンの参照元
clientId クライアントID
cookieDomain クッキードメイン
cookieExpires クッキーの有効期限
cookieName クッキー名
cookiePath クッキーのパス
encoding エンコードに関する文字セット
expId ウェブテストのID
expVar ウェブテストのパターン
flashVersion FLASHのバージョン
forceSSL 強制的にhttpsビーコンにする
hitCallback コールバック送信検知
hostname ホスト名
javaEnabled Java使用の有無
language 言語
legacyCookieDomain ga.jsやurchin.jsでのクッキー名
linkid クリックされたDOMのID
location クッキー保存をするドメインを指定
page ページ
referrer リファラ
sampleRate トラッキング対象の割合
screenColors 画面の色深度
screenName アプリのscreenviewのスクリーン名
screenResolution 解像度
sessionControl セッションの開始と終了
siteSpeedSampleRate トラッキング ビーコンが送信される頻度
title タイトル
useBeacon ビーコンの有無
userId ユーザーID
viewportSize ビューポートサイズ

ビーコンも使えるようになってた

すでに2014年9月には、Javascript API に navigator.sendBeacon() の設定が組み込まれていたようですね。タグマネージャーのフィールドにも、useBeaconがありました。ただし公式ヘルプには記載がない、という状況になっています。

>>Google Universal Analyticsで公式発表は無いものの「navigator.sendBeacon()」に対応

どんなふうに使うんじゃい、と思いましたが、callbackが不要になるなど活用できそうです。ただ、Chrome 37~、Firefox 31~、IEとSafariが非サポートとのこと。Safari未対応というのは、ぐぬぬといった感じ。ちなみに、Googleアナリティクスでは、以下のようにイベントに仕かけ計測するっぽいです。

ga(‘send’, ‘event’, ‘click’, ‘outbound’, ‘amazon’, {useBeacon: true});

GoogleアナリティクスなどGoogleのサービスは、こういう非公式ながらも、進化を感じさせてくれるところが魅力ですよね。


ブレイクスルーJavaScript フロントエンドエンジニアとして越えるべき5つの壁―オブジェクト指向からシングルページアプリケーションまで: 株式会社アイ・エム・ジェイ: Kindle

「GTMにUAをBコンしちゃう。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑