【費用対効果】Googleアナリティクスで更新日ごとの記事のPVを調べる


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


カスタム変数

どの日の記事が効果があったのか、すぐに分かります。

WordPressでは、記事の日にちの関数が用意されています。それを、Googleアナリティクスのカスタム変数(ページスコープ)に入れておけば、日にちごとの記事の効果が簡単に「見える化」出来ます。

TOP図では、11月1日の記事が最もPVがありますが、一方で9月にエントリーした記事も、効果が持続していることがわかります。

ブログ記事の一般的なサイクル

ブログの記事はとくにSEOの観点から見ますと、次のように大別されます。

・継続してアクセスがあるもの(被リンクを獲得するほどの良記事)
・減衰していくもの(タイムリーなネタなど)
・後から思い出したように検索されるもの(何かで話題になり脚光を浴びる)

それぞれ、特徴に分けて更に分析しますと、効果的な集客に上記の手法が使えるかと思います。

カスタム変数の使い方

Googleアナリティクスでは、以下のようにカスタム変数を設定します。トラッキングコード内に埋め込みます。

_gaq.push([‘_setCustomVar’,インデックス,変数,バリュー,スコープ]);

それぞれ、どんな値を入れるのかといったことは、検索してみると多数事例が出てきますので、調べてみて下さい。

ちなみに、上図の手法では、カスタムレポートにするのがオススメです。そうしますと、セカンダリディメンションで選べる項目が増えるのでオススメ。

カスタム変数、便利ですよ!
 

「全部で5つまで!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
40代で2児の父。ブロガー兼ユーチューバー。ネット業界24年目。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑