*

流入キーワードから導線改善できるたった3つの手順

公開日: : Google Analytics 使い方


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る


 不自然な導線を見つける Google Analytics


 Google Analytics では、経路分析は出来ませんが、
 せっかくのユーザーを逃してしまっているような動きは、簡単に見つけられます。

 

1.トラフィックメニュー>キーワード


 まず、Google Analytics のレポート画面で、
 トラフィック>キーワード、とクリックします。

 

2.セカンダリーディメンション


 セカンダリーディメンションで「閲覧開始ページ」を選択。


 セカンダリーディメンション

 

3.滞在時間で並べ替え


 「平均サイト滞在時間」と書かれた項目名を、2回クリックします。
 そうしますと、滞在時間の少ない順に並べ替えられます。


 不自然な導線 Google Analytics


 表示件数を500件にし、上から順に
 「有望なキーワードだが滞在時間の短い閲覧開始ページ」をチェックします。


 たったこれだけです。

 

なぜこれだけでわかるのか


 キーワードはユーザーのウォンツが最もわかりやすい流入です。
 「iPod 送料無料」「Web制作 事例 制約会社 見積もり」等。


 そして、ターゲットキーワードで訪問してくれていたならば、
 それは、最もコンバージョンしやすいはずです。
 そして、コンバージョンしたならば問い合わせ入力など、
 総じてサイト滞在時間も、長くなるはずなのです。


 ですから、そこをチェックすると効果が上がりやすいわけです。
 見始めたページが、期待を受け止めているとは限らない!


 また、有望なキーワードも、意外なキーワードの組み合わせがあり
 「ここからの流入もあったか!」と気づかされることも。
 そういったページも、コンバージョンへの誘導が手薄になりがちですので、
 気をつけましょう。


 とくにスモールキーワード、ページボリュームでSEO対策をしているサイトほど、
 流入経路が多様化する傾向がありますので注意です。

 

4.ページのチェック例


 セミナー申し込みをゴールとしたサイトの改善例を考えてみます。

 ・ターゲットキーワードでの流入発見「Google Analytics セミナー 12月」
 ・閲覧開始ページ /seminar.html
 ・平均サイト滞在時間 00:00:00 ※つまり直帰のみ


 そこで、seminar.htmlを見たところ、12月はセミナー開催が1回しか
 ありませんでした。また、セミナー実績なども書いていませんでした。


 仮説
 「セミナーの日程を増やせば申し込みが増えるかもしれない」
 <<単に日程が合わないだけかも。一般的に選択肢は多い方がGOOD。


 「過去の実績など読ませるコンテンツを増やせば良いかも」
 <<信用出来るセミナーか判断しようとすれば滞在時間が増えるはず。
    例えば、過去のセミナー実績や受講者の声など、信頼コンテンツを置く。


 滞在時間増だけが、申し込み増につながるとはわかりませんが、
 有望キーワードなのにも関わらず、滞在時間の短いページには、
 課題が見つけやすいので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑