*

Googleアナリティクスでイベントトラッキングを使ったクリック計測


LINE facebook twitter g+
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】在庫一掃セール開催中!
メンズ・レディースを見る


イベントトラッキングを使うとPV数に影響させずに、いろいろ測れます。


例えば、バナー作成で、どのバナーが一番クリックされているのかが、調べられます。「ページ解析」の操作ではリンク先が同じ場合、同じクリック率になってしまいます。


イベントトラッキングを、ダウンロードさせる<A>タグに仕込みます。

onClick=”_gaq.push(['_trackEvent', 'BannerClick', 'top01',location.href,1,true]);”


このとき最後にtrueを付けるのがポイントです。これを入れませんと、直帰率などに影響してしまいます。


location.href や 1 などは別の値でもOKです。location.href ですと、クリックされたページのURLが入ります。サイドバーなど全ページに表示されているバナーの場合には、オススメです。


さて、イベントがトラッキング出来れば、コンバージョンにも設定可能です(とは言え「上位のイベント」メニューではeコマースのみチェック可能なので、目標との関連性を調べるには、別途アドバンスセグメント等を使う必要はあります)。


バナークリエイティブの指標として解析担当者だけでなく、デザイナーさん達ともシェアすると良いでしょう。


なお、ユニクロさんが、バナークリックをカウントしている事例としては有名です。ラベル名の付け方など参考になります。


【アクセス解析事例】ユニクロさんのバナー計測がイベントトラッキングに変わってました | カグア!
 

「イベントトラッキングさせるタグを辞書登録しておくとタグ挿入に便利。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
フリーのマーケター。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。アクセス解析を中心としたコンサルティングや設定、メディア運営に従事。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑