*

アドワーズ攻略のためのGoogle Analytics必須テクニック

公開日: : 最終更新日:2009/06/22 Google Analytics 使い方


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る


 Google Analytics ではアドワーズ広告からのアクセスの詳細を知ることが出来ます。


 例えばその誘導は、トラフィック>全ての参照元、でgoogle/cpcで表示されます。
 ※それに対し、純粋なGoogle検索からの誘導は、google/organicです。
アドワーズ広告からのアクセス(Google Analytics、全ての参照元)


 そして、google/cpcをクリックし、ドリルダウンしますと、検索キーワードがわかります(adwordsで入札したキーワード郡が表示されます)。


 さらに、コンバージョンタブをクリックしますと、キーワードごとのコンバージョンがわかります。コンバージョン率の悪いキーワードは入札価格や表示時間など、見直しを検討しても良いかもしれません。
アドワーズでキーワードごとのコンバージョンを調べる


 さらに、トラフィック>Adwords>Adwords掲載順位、で広告文の掲載順位がわかり、それらのクリック数もわかります。
 掲載順位が低くともクリック数のあるキラーフレーズは、アドワーズ入札価格を抑え、費用対効果を吟味してみるのも一考。
アドワーズでの表示順位をGoogle Analyticsで確認出来ます


 上記では、サイド1が一番クリックされていますが、意外と3番目でもクリックされるのがわかります。キャッチフレーズやコピーライティングの質を高めれば、また違うのかもしれません。


 【関連情報】以下の記事も合わせてどうぞ
 Google Analyticsで「なかのひと」みたいなアクセス解析をする
 Excelで時間帯別セッション数を集計しブログの更新時間を検討する
 カスタムレポートを使って都道府県別セッションを調べる
 Yahoo!アクセス解析の経路分析をGoogle Analytics でも試みる

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑