*

離脱を20%改善!ページのノベライズは簡単で効果があるよ

公開日: : 最終更新日:2015/02/21 サイト運営の戦術


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

book-419589_640

回遊性の向上がCVに効くということでしたらオススメ。

離脱を20%改善したきっかけ

先日ある記事がバズりましたので、せっかくの流入を活かせないかなあと。Googleアナリティクスの行動フローで見ますと、もったいない箇所を発見。
改善1

せっかく2ページ見てもらってるのに、ちょっともったいない気が。

ノベライズとは小説のように読ませること

そこで、ここで離脱した人は読みたい記事が無かったからだと仮説をたて、さっそくアンサー記事を追加投稿しました。

こんな感じに追記して、リンクを入れてみました。なんか読みたくなりますでしょ。

改善3

これがノベライズです。

私が勝手につけた名前ですが、ようは小説を読み進めるように、ユーザーが読みたくなるようなリンクを見せる、という演出です。とくに、スマホですと、するする~っとスクロールさせて、その先に、また読みたくなるようなボタンがあれば、押してくれそうじゃないですか。そういうリンクをマメに入れましょうね、ということです。

結果は離脱を20%を減らせました

結果は、離脱があっさり20%改善しました。楽ちんすぎる。

離脱を20%改善

今回は記事がなかったので、がんばって新しい投稿を入れましたが、過去記事で読みたくなりそうなものがあればそのリンクでも効果あると思います。

Googleアナリティクスで見て、PVの多いページ順に一手間かけるといいと思います。

コツは目に入るところに挿入する

1つだけコツがあります。せっかく入れたリンクも、あまり目につかないようですともったいない、ということです。

あらかじめ、Googleアナリティクスのイベントトラッキングを使ってスクロール量を把握しておくのです。
改善2

そこで一番読まれている箇所にリンクを入れます。上図から、ページTOPから40%のところがもっとも多くの人に読まれているとわかります。ですので、そこにリンクを入れちゃいます。

よく記事末に関連記事が紹介されているページもありますが、せっかく入れるリンクななので、できるだけ多くの人に目につくところに配置したほうが効果あると思います。

Googleアナリティクスのイベントトラッキングによるスクロール量検知はほんと便利ですね。

ちなみに、今回はGTMを使ってさくっとは入れてました。GTMも標準的な使い方をするぶんには楽でイイですね。

実践 Googleタグマネージャ入門 (デジタルプラスブックス): 畑岡 大作: Kindleストア

リンクを追加するだけの簡単一手間。よろしければぜひお試しください。

「自動じゃなくて人がやる、というのも味噌。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑