*

爆速Yahoo!が採用した記事内リンクとは


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天



アマゾン春のタイムセール祭り 4/23 23:59まで
セールを詳しく見る

家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

よくわかりません

興味深いですが、メリットはよくわかりません。

まとめサイトに見られる記事内リンク

記事内リンクとは、いわゆる2chまとめサイトによく見られるリンクで、アフィリエイトのリンクを踏ませる目的でよく貼られています。

多数あるコメントの下に、www.amazon.co.jp〜とURLのみ書かれたリンクが掲載されるのです。明らかにアフィとわかるのですが、URLだけのため、何かコメントと関係するのではないかという期待から、クリックし、アフィリエイトCookieがセットされる、という仕組みです。

Amazonではリンクと関係ない商品であっても、24時間以内にその人が購入すれば、サイト側に報酬が支払われることになっています。

その記事内リンクに近い表記が、Yahoo!ニュースの、とくに芸能記事で確認できました。

Yahoo!ニュースで見つけた記事内リンク

「進撃の巨人」リヴァイ兵長の記事は、進撃コスプレがお買い物のリンク。
リヴァイの記事

諸星和己さんの記事には酒井法子さんの記事リンク。
諸星和己

川口春奈さんの記事には長澤まさみさんの記事リンク。川口さんの写真が間違えたのかと思ってしまうほど。
川口春奈

実験なのかグロースハックなのか不明

全ての記事にあるわけではありません。芸能ネタがほとんどです。

これまでも本文とリードの間のリンクに、「他の大きな画像はこちら」や、本文はこちら、といった誘導はありました。今でもあります。ただ、記事元リンクです。

しかし、上記リンク先は、その記事のOEM元の「若干」関連のありそうな記事への誘導です。まして、川口春奈さんのリンクでは、長澤まさみさんと画像を間違えたのでは?と誤認させるほどの破壊力です。

一般的に、リードと本文の間にAdSenseを入れるとCTRが高まるというのは、よく知られています。

Yahoo!ならばそのことを知らないはずがありません。何かしら誘導力増強の目的で実施したはずです。しかし、それが広告でもなく、アフィリエイトでもなく、ましてユーザーに直接メリットがあるような高い関連度の記事でもありません。

正直私は違和感を覚えましたが、何か狙いなど分かる方いらっしゃったらメンション頂けると幸いです。

しばらく様子を見てみたいと思います。
 

「きっと何かの実験かと。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑