*

板橋にある蒙古タンメン中本の本店に行ってきた、癖になる味とは

公開日: : 最終更新日:2017/07/26 グルメ


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天



増税前の大放出!9/23 23:59まで
セールを詳しく見る

スープ

こんにちは。ラーメン大好きのカグア!です。月に4~5回はラーメンを食べる程度ですが、大好きです。

本日は、辛口ラーメンの有名店、蒙古タンメン中本に行ってきましたのでブログに書きます。

蒙古タンメン中本は、食べログで200件以上のレビューが投稿され、2015年5月27日現在3.5以上の評価をつけられるほどの名店です。今日は、そのラーメン店に妻と2人で行ってきました。

>>蒙古タンメン中本 上板橋本店 (もうこたんめんなかもと) – 上板橋/ラーメン [食べログ]

なお、私は二郎は食べたことがありません。ですので、こういうヘビー級のラーメンはちょっと重たく感じてしまいますので、そのあたり食べ慣れている方は差し引いて、以下のレビューをお読みください。

中本の本店は上板橋のすぐ側

東武東上線の上板橋駅改札を出てすぐです。駅のホームから見えますので、迷うことはありません。
お店のそと

店内には有名人のサインがいっぱいです。さすが超有名店。また、スタッフはみなさん元気がよく、掛け声がそろってます。
サインいっぱい

行列はそれなりに早く流れます

平日にカミさんと行ったのですが、行列ができていました。ただ、配膳されるスピードが早いので、行列は結構早く消化します。
お客さんたくさん

人気の蒙古タンメンを注文

私は人気の蒙古タンメンを頼みました。辛さ5です。マーボーが乗っかってます。これが野菜タンメンに辛さを追加してる感じですね。
蒙古タンメン

野菜タンメンはカミさんが注文。こちらが辛さ3です。ただそれでも刺激になれていない彼女はちょっと重そうでした。女性は辛さゼロを頼むといいかもしれませんが、ただそれだと行く意味があまりないかもしれませんw。
野菜タンメン

店内を見渡すと北極ラーメンという、超激辛のラーメンを頼む人も少なくありませんでした。辛味がほんとたまらなく癖になるのでしょうね。たしかに、旨味のある辛さでなれると、はまりそうです。

辛味がうますぎ!麺と野菜とのバランスが絶妙

麺が太麺。極太というわけではないですが、しっかりとしたもちもち感があじわえる太さです。つけ麺でも太めのものがありますが、そんな感じ。これが、噛めば噛むほど甘みが出て、辛味が中和されるんですよね。これが人気の秘密か!と思いました。たんなる辛さだけじゃない、というか。
麺

で、スープが味噌味で、これが野菜炒めの旨味を凝縮していて、またうまいんですわ。ほんと辛さと味噌って合いますよね。
スープ

蒙古タンメンにはマーボーがかけられますが、これを混ぜるとさらに辛くなりそうだったので私はそのまま食しました。辛ウマでした。
麻婆

辛さの中に旨味があって美味しかったです。とはいえ、あまりこういうヘビー級を食べたことがないので、食後にふう~!と思い切り息をはいたことは明かします。お子様などと行く場合は、辛さゼロと大人用とを頼み調整するのが良いかと思います。

辛口ラーメンの新機軸が登場

さて、みなさんはカレーラーメンは食べたことがありますか?

こちらは、蒙古タンメン中本のメニューではありませんが、辛いラーメンつながりで、夏にぴったりカレーラーメンです。最近、各所でレビューを見るようになりましたよね。

カレーラーメン
カレーラーメン 辛口 (4食セット): 食品・飲料・お酒 通販

カレーうどんじゃないの?合うの?というツッコミたくなる気持ちはともかく、麺との絡みが絶妙なんですよね。スープカレータイプだったり、絡めるタイプだったりと、にわかにキテル感じです。おすすめですよ。

というわけで、辛口好きの人にはおすすめな蒙古タンメン中本でした。ぜひ行ってみてください!

「夏はやっぱり辛いラーメンですね!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑