*

コンバージョンは細かく設定しよう

公開日: : 最終更新日:2009/06/22 コンバージョン、UI


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る


 コンバージョン設定は1つだけでいいと思っていませんか?


 アクセス数の少ないサイトですと、そもそもコンバージョンが
 立たないことがよくあります。


 そういうときには、コンバージョンの要因となるページ閲覧やイベントを
 細かく分析し、それらをコンバージョンに設定しましょう。


 Google Analytics では、コンバージョンにさえ設定してあれば、それらを
 多面的に分析が出来ます。これを活用しない手はありません。


 例えば、サンキューページのURLをCV設定している場合ならば、
 入力フォームページのURLにコンバージョン設定、入力フォームへのクリックにイベント設定、
 などをしてみて下さい。
 例えば以下のような設定です。


 コンバージョン設定例
 ・サンキューページのURL
 ・問い合わせフォームのURL
 イベント設定例
 ・各ページにある問い合わせページへのリンク


 問い合わせ完了画面に行くためには、当然ですが、問い合わせフォームの
 画面を経由しなければ行けません
から、そのページに行かせること自体を
 コンバージョンとして設定します。


 すると、CVが立たないサイトでも、それなりの数になって分析が出来るのではないでしょうか。


 データをエクスポートし、力業でExcelでピボットテーブルしてみました。
 新規セッションとリピーターで問い合わせページ(CV1)に行っているセッションを見てみました。
 (ユーザー定義で、IPアドレスやホスト名を取得しているので、ほぼ1セッションと
 して解釈出来るかと思います。)

Google Analytics のコンバージョンは細かく設定して分析しよう


 上図では、PVを増やすことが必ずしも、問い合わせページへの誘導に
 貢献するわけではない?などと仮説が立てられるかと思います。


 また、イベントやコンバージョンとともに、eコマーストランザクションを設定して
 仮の売上げとして集計しても有益な情報が取れることでしょう。


 Google Analytics のウリは、コンバージョンの分析方法が多彩なことです。
 ぜひ、活用してみて下さい。

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑