*

コアレポーティングAPI、期間の相対指定が可能に

公開日: : API


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天



アマゾン春のタイムセール祭り 4/23 23:59まで
セールを詳しく見る

家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

レポーティングAPIがアップデート

APIで相対指定が可能になりました。

アップデート概要

・ディメンションと指標のリファレンスが刷新
・サンプリング、期間の相対指定が可能に
・AdSenseなどに、新ディメンション、新指標が追加

新ディメンションなどを試して見たい方は、お馴染みクエリーエクスプローラーをどうぞ。最大で7ディメンション、10指標を試せます。

>>Google Analytics Tools – Query Explorer

リファレンスが刷新

>>Dimensions & Metrics Reference – Google アナリティクス — Google Developers

Core Reporting APIのリファレンスで、Webやアプリでの表記が併記されるように。

組み合わせで許可されているものだけに絞り込むチェックなども。

APIでサンプリングが調整可能に

サンプリングAPI

たしかに、API経由でどれくらいの精度のものが取得できていたのか知りたいですよね。

動画では具体的に取得した数値のサンプルも紹介。

APIでの期間の相対指定が可能に

トップ画像のような指定が追加。

Today
Yesterday
XDaysAgo

7日前から今日までといった指定が可能になりました。APIを使ったレポートでも、UIがシンプルに出来そうですね。

新しいデータ

あたらしいディメンション

AdSenseまわりが増えてそうです。AdWordsのマッチタイプもAPIだと無かったんですね。

詳しくは以下の動画でどうぞ。

 

「合わせてクエリーエクスプローラーもパワーアップ。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑